ナッツRV社「クレソンボヤージュ」の紹介

数々の大人気キャンピングカーを産み出しているナッツRV社

本日はそんな中でも特に大人気な車両である

「クレソンボヤージュ」を徹底的に見てみようと思います。

クレソンボヤージュの外装

 

ベース車

ベース車は「トヨタのカムロード」。

トラックベースなんですね。

サイズ

クレソンの大きさ
  • 全長:4,990㎜
  • 全幅:2,070㎜
  • 全高:2910㎜

幅は2メートル程度なので運転にストレスは感じないでしょうが、

高さが約3メートルあるので、立体駐車場は入れないでしょう。

高さ制限のある施設とトンネルは要注意です。

その他の基本スペック

クレソンのスペック。

エンジン1KD(3000cc) /1TR(2000cc)
トランスミッション4速フロア-AT
最高出力144PS/3400rpm(ディーゼルターボ)
133PS/5600rpm(ガソリン)
最大トルク30.6kg/1200~3200rpm(ディーゼルターボ)
18.6kg/4000rpm(ガソリン)
全長4990mm
全幅2070mm
全高2910mm
オルタネーター130A
エアコンフロントエアコン
ヒーターフロントのみ
フロントシートファブリック表皮3人乗り
シートリクライニングD席+P席
オーディオラジオレス+2スピーカー
集中ドアロックD席+P席+エントランスドア
ワイヤレスドアロック標準装備
フロントワイパー間欠式(タイマー付)
パワーウインドー標準装備
ABS標準装備
ワイドトレッド標準装備
最小回転半径ワイドトレッド車4.9m ワイドトレッドレス車4.7mダブルタイヤ 4.8m
燃料タンク80L
サンバイザーD席+P席
エアバッグD席+P席
サイドガラスUVカットガラス
ワイドビューミラー標準装備(助手席のみ電動格納)
イモビライザー標準装備(盗難防止装置)
Gパッケージ標準装備

出典:https://nutsrv.co.jp/lineup/cresson/type-x-evo

クレソンボヤージュには3つのタイプがある

まず最初に触れておきたいのが、

クレソンボヤージュとは言っても3つの種類があるので

覚えておきたい。

クレソンの種類
  • クレソンボヤージュ タイプW
  • クレソンボヤージュ タイプX
  • クレソンボヤージュ タイプR
シーダブ犬
シーダブ犬
へぇーアルファベットかぁ。
覚えられるかな??
ところで何が変わるの??

車内のレイアウトが変わります

じつはこの3つのタイプ

外観に関しての変化はほぼ無いのですが、車内のレイアウトは微妙に違うんですね。

タイプW

タイプX

タイプR

この3つの写真を見るとなんとなく気づくと思うのですが、

それぞれリアベッドの大きさが変わっております。

また、タイプRに関してだけ、ダイネットのソファが横向きになっていたり、

タイプXには個室が無いけど、タイプRには個室があったりで細かい部分も変わってきます。

ちょっと細かく見て行きましょう

クレソンボヤージュタイプW

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
何人で使える?
  • 乗車定員:7名
  • 就寝定員:6名

内装を見てまず思ったのがダイネットの使い方がかなり充実している

大人が6人テーブルを囲んでくつろげる設備はかなり嬉しい。

就寝定員が6名なので、当然6名がテーブルを囲むことがあるかもしれないからですね。

また、二段ベッドがあることで、マルチスペース(防水の個室)を設置したり、

ダイネットのエントランスマット、キッチンのスペースを広くすることができている。

防水スペース

キッチンスペース

エントランスマット

マルチスペースはショートサーフボード等の濡れている長モノを入れておくのに向いてるし、

トイレやシャワー室が欲しい人には必須の設備になります。

その他にも

バックベッド、水道、冷蔵庫、たくさんの棚等、嬉しい装備はたくさん。

大人数で楽しくワイワイできるようなレイアウトだと感じました。

嬉しいポイント
  • ダイネットが6人で座れる
  • 二段ベッドがある。
  • マルチスペースがあるのでトイレ装備可能。
  • アシストテーブルでキッチンも広々使える。

クレソンボヤージュタイプX

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
何人で使える?
  • 乗車定員:7名
  • 就寝定員:6名

こちらのダイネットはエントランスマットが小さめのため、最高で5人座るスペースになります。

マルチスペースも無くしているのでトイレの設備はつけられないようになっております。

その代わり、リアのダブルベッドはかなりビックサイズ。

仕切りもはカーテンなので、開けておけば開放的で気持ちが良さそう。

そしてそのベッドの下は大きな収納スペースになっているので、荷物が大きくても問題はありません。

車内全体が手に届くようなレイアウトなので、1家族で利用するのが理想的かも。

嬉しいポイント
  • 大きなダブルベッド
  • 大きな収納スペース
  • 車内の一体感

クレソンボヤージュタイプR

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
何人で使える?
  • 乗車定員:6名
  • 就寝定員:4名

ダイネットが横向きに長いL字ソファになりました。

対面には2人用?のエントランスマット。

また、タイプXのダブルベッドがセミダブルベッドになりました。

その代わり、マルチスペースが設けられていて、これならトイレの設置もできますね。

ベッド下の収納スペースも大きく、棚もたくさん。

2人でゆったり使用するのが推奨されているレイアウトになります。

嬉しいポイント
  • セミブルベッドで広々就寝
  • 大きな収納スペース
  • ソファベンチでゴロゴロ
  • マルチスペースがあるのでトイレ設置可能

どれが1番安いの??

2WD ATガソリン2.0の場合で比較していきましょう。

タイプW2WD ATガソリン2.0¥6,395,400
タイプX2WD ATガソリン2.0¥6,395,400
タイプR2WD ATガソリン2.0¥6,395,400

となります。

シーダブ犬
シーダブ犬
あ、全部一緒の料金なのね。

はい。全部一緒の料金なんです。

なのであとは

  • 四駆にするのか?
  • ガソリンは軽油にするのか?
  • タイヤをダブルにするのか?

を決めるだけ。

シングルタイヤ 車両本体税抜価格

2WD AT ガソリン 2.0¥6,395,400
2WD AT ディーゼルターボ 3.0¥6,980,000
4WD AT ディーゼルターボ 3.0¥7,235,700

Wタイヤ 車両本体税抜価格

2WD AT ディーゼルターボ 3.0¥7,380,000
シーダブ犬
シーダブ犬
1番安全で走りやすいのは四駆でWタイヤだよね?
でも、その選択肢は無いんだね!

それにしても意外に安いよね!クレソン600万円代で手に入っちゃうんだ!

 

オプションをつける

このままだとまだ、欲しい装備が付いていない可能性があります。

内装オプション

特に私であれば寒冷地でも過ごしたいので、エンジン切っても使える暖房「FFヒーター」が欲しいです。

FFヒーター¥40,200
走行用リアクーラー¥195,500
インバーター400W(正弦波)¥17,000
19インチ液晶テレビ(地上デジタル付) ※5¥45,000
BSアンテナ(全国版) ※6¥230,000
リアスピーカー¥28,700
持込ナビゲーション取付(新品のみ)¥57,500
ミラーモニター(7インチ)¥55,000
ドライブレコーダー(ダブルレコーディング機能付)¥45,000
ETC(本機取付のみ、ナビ連動不可)¥17,200
ETCセットアップ料¥3,400
ポータブルトイレ¥25,300

結構ありますね。

オプションは選びすぎるとかなりの金額になってしまいますね。

外装オプション

外装に関してはサイドオーニングをつけてキャンプで使いたいし

災害にも備えてソーラーパネルを装備しときたい。

サイドオーニング3M(手動) ※9¥126,200
200Wクラスソーラーチャージャー(2枚まで) ※10¥195,250
ナッツオリジナル強化ショック(前後)(シングルタイヤのみ)¥96,600

外装のオプションだけでも40万ほどいきますね。

最終的なお値段は??

1番安い、2WD ATガソリン2.0タイプを選んだとしても750万円くらいになりそうですね。

やっぱりキャブコンってそれくらいするんですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
オプションが思ったよりかかったね!

まとめ

クレソンボヤージュで内装タイプの悩みは金額も変わらないので、

自分のスタイルに合わせた選び方で良いでしょう。

やはりオプションの方が金額もかかるので、慎重になりそうですね。

TVくらいなら装備しなくても良いかなと思いました。

レンタルもできる!!

因みにクレソンボヤージュを取り扱うレンタルキャンピングカー屋さんはかなり多いので

お近くのレンタル店舗で1泊2日でレンタルしてみても良いかもしれません。

campingcar webではレンタルキャンピングカーのマップを作っています!

是非マップからキャンピングカーをレンタルしましょう!