キャンプなどに便利なおすすめアウトドアワゴン&キャリーカート20選

キャンプでの荷物の積み下ろしに便利な「アウトドアワゴン・キャリーカート」。一台持っておけば、重いテントや大容量の荷物も楽に運ぶことができます!
今日は、キャンプなどに便利なアウトドアワゴン&キャリーカートをご紹介します。

ワゴン・キャリーカートの種類

キャリーカートには、「ワゴンタイプ」と「コンパクトタイプ」の2種類があります。
それぞれ容量や使い方が異なるので、荷物の大きさに合ったものを選びましょう。

ワゴンタイプ

ワゴンタイプは、底が深くて大きいのが特徴で、大容量の荷物をまとめて運ぶのに最適。
カバー付きのものだと、BBQやキャンプで汚れても洗えるので衛生的にも清潔です。
耐荷重100kg前後のものがあるので、荷物の多い連泊キャンプ時などには大活躍します。

コンパクトタイプ

コンパクトタイプは、軽量で取り扱いが簡単なのが特徴。少量の荷物やクーラーボックスを運ぶのに最適です。
箱型と荷台のみのものがあり、荷台のみのタイプは自由度が高くて使い勝手が抜群。収納性に優れているのも魅力です。

また、収納性を重視して選びたい方は「折りたたみ式キャリーカート」がおすすめ。
収束型で場所をとらず、家で保管する際もスペースをとらないので便利。

ワゴン・キャリーカートの選び方

容量・耐荷重

キャリーカートは、荷物の大きさに合った容量のものを選ぶのがポイント。
日帰りキャンプやBBQなど、荷物が比較的少ない場合は耐荷重70kg前後を目安にすると良いでしょう。
ファミリーキャンプや大人数でのキャンプの場合は、耐荷重100kg前後のものがおすすめです。
大きすぎるものを選ぶと、収納や持ち運びに不便なので少し余裕があるくらいのサイズを選ぶようにしましょう。

タイヤのサイズ・数

アウトドアでは塗装されていない道が多く、石や凸凹がつきものなため、小さいタイヤだと進みづらくなってしまいます。
そのため、幅の広い大型のタイヤを選ぶと安定感があり、スムーズに走行できるので安心です。
四輪タイプのものだと、さらに安定するので不安定な道でも荷物をスイスイ運ぶことができます。タイヤの幅が細いモデルや二輪タイプのものは、小回りが利くので複雑な道などでの使用に最適です。

機能性

持ち手部分は、形状によって使いやすさが異なります。
T字型の持ち手は、手にフィットしやすくて力が入れやすいのが特徴。
リング型は片手でも両手でも掴めて楽チンなのが特徴。
ストラップ付きなら、荷台に積んだ荷物をくくりつけて安定感をアップさせることができます。
持ち手以外にも、テーブルとしての活用もできる2WAY・3WAYの使い方自在なものもあり、荷物を減らすことができる便利なものもあります。
また、子供を乗せて移動できるタイプのものもあります。ただし、安全のためにメーカーが使い方として推奨しているものを選ぶようにしましょう。

アウトドアに便利なおすすめワゴン・キャリーカート20選

それでは、ここからは一台持っておくと便利なアウトドアにおすすめのキャリーカート20選をご紹介していきたいと思います。

アウトドアにおすすめのキャリーカート①【コールマン】アウトドアワゴン

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン レッド 2000021989

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン レッド 2000021989

7,400円(09/20 20:00時点)
Amazonの情報を掲載しています
大容量の荷物を一度に運べる利便性に優れたワゴン。
耐荷重100kgなので、テントなどの重い荷物も楽に運ぶことができます。また、ストッパー付きの大型タイヤなので、不安定な道でも安心してスムーズに扱うことができます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート②【DOD】アルミキャリーワゴン

収納場所をとらない収束型の大容量キャリーワゴン。
カバーは取り外し可能なので、汚れても洗濯できて衛生面も安心。女性でも楽に運べる最大容量160Lの大きいサイズが特徴。持ち手は伸縮式なので、自分の身長に合わせて楽に使うことができます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート③【DOD】キャリーワゴン

組み立て簡単なスチールフレームのキャリーワゴン。
マットは安定性があり、テントや寝袋などの大きな荷物も安心していれることができます。また、生地やフレームなどワゴンの全パーツを交換することができるので、消耗や破損時にも安心!長く使い続けることができます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート④【ニュートラルアウトドア】オフロードキャリアワゴン

コンパクトかつ大容量の折りたたみ式キャリーワゴン。
タイヤは極太タイヤを使用していて、荒れたキャンプ地でもスムーズに移動できる走破性の高さが特徴。また、ワンタッチで組み立てと折りたたみができるので、誰でも簡単に扱うことができます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑤【キャプテンスタッグ】アウトドアワゴン

BBQやキャンプ道具を楽に運べる耐荷重80kgのワゴン。
収束型なので、車での積み下ろしや家での保管なども場所をとらずコンパクトに収まります。カバーは取り外しできるので、簡単にお手入れできていつでも清潔に保つことができます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑥【キャプテンスタッグ】ワイドキャリー

大きめのクールボックスもゆったり運べるこコンパクトタイプのワイドキャリー。
頑丈な鉄でできているので、耐久性に優れています。耐荷重は40kg、アウトドアはもちろん、ショッピングカートとしてもガシガシ使うことができます。合成ゴムでできたロープが付属しているので荷物を安定して運べます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑦【キャプテンスタッグ】アウトドアワゴン ストレッチ 伸縮4輪キャリー

使いやすさ抜群のコンパクトキャリーカート。
折りたたみ式で簡単に設営と収納ができる利便性に優れたアイテム。ポケットもついているので、小物も合わせて楽に運ぶことができます。耐荷重は80kgなのでキャンプなど荷物の多いアウトドアに活躍します。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑧【キャプテンスタッグ】NEWビッグハウンドキャリー

軽量で持ち運びやすいキャリカート。
取手部分には、ウレタン素材を使用していて手に負担がかかりにくい仕様になっているのが特徴です。また、荷台は横方向に広げることができるので、大きめのクーラーボックスなど大きい荷物も安定して乗せることができます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑨【キャプテンスタッグ】ボックス型コンテナキャリー

細かい荷物から大きい荷物まで万能に運べるボックス型のコンテナキャリー。
折りたたみで組み立てと収納が簡単にできて、収納時はすっきりコンパクトに収まるのでスペースを取りません。耐荷重は約20kgで、キャンプやスポーツなどのアウトドアでも手軽に使用することができます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑩【フィールドア】ワイルドマルチキャリー

連泊キャンプなどの大荷物も一度に運べる大型キャリーカート。
幅の広い大型のタイヤは未塗装の道や砂浜、凸凹の砂利道などでも安定して走破することができます。スチールフレームは、耐荷重150kgで耐久性に優れているので、重い荷物もタフに運ぶことができます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑪【ロゴス】クイックキャリー

ロゴス キャリーカート クイックキャリー 84720750

ロゴス キャリーカート クイックキャリー 84720750

3,980円(09/20 23:18時点)
Amazonの情報を掲載しています
コンパクトに収納できる折りたたみ式キャリーカート。
伸縮構造でできていて、使いやすさ抜群なのが特徴。ハンドルを引き上げて台座フレームの長さを調整できるので、高さのあるものを運ぶのに便利です。フレームの耐荷重は静止時で38kgなのでBBQグッズなども楽に運べます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑫【ロゴス】丸洗いスマートキャリー with クーラーバッグ(カモフラ)

大容量かつ高性能なキャリーカート。
キャリーの収容力は120Lと大容量なので、BBQセット一式まるっと収容して一度に運ぶことができます。また、単体でも使えるクーラーバッグを標準装備しているので、冷たい食材も楽に運べます!

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑬【ロゴス】丸洗い長いモノOKキャリー

117Lのたっぷり容量が一気に運べるキャリーカート。
耐荷重80kgのフレームは、重い荷物はもちろん、後部を倒して長いものを運ぶこともできます。組み立てや収納はワンタッチでできるので、女性でも簡単に扱えるのが魅力。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑭【ロゴス】ROSY ラゲージキャリー

ロゴス(LOGOS) ROSY ラゲージキャリー(Grロゴ) 84720720

ロゴス(LOGOS) ROSY ラゲージキャリー(Grロゴ) 84720720

9,000円(09/20 23:19時点)
Amazonの情報を掲載しています
キャンプやレジャーなどに最適な88L容量のキャリーカート。
収束型なので簡単に設営と収納ができるのが特徴。タイヤにはひし形のパターンが施されていて、滑りやすい地面でもしっかりと走破することができます。細めのタイヤなので小回りも利いて移動が楽々。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑮【キャンパーズコレクション】パワーキャリーカート60

丈夫な角フレームを採用したパワーキャリー。
耐荷重60kgタイプで、耐久性に優れているのでキャンプなどの重い荷物の運搬に最適です。タイヤが大型なので凸凹道や段差も軽々越えて、安定感を維持してくれます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑯【キャンパーズコレクション】アウトドアワゴン

折りたたみ式の使いやすさ抜群な万能キャリー。
荷物がゆったり入る深型設計なので、アウトドアで使用する椅子やテーブルも縦方向に入れても余裕のサイズが魅力。畳んだまま移動することができるので、使い終わった後も楽に持ち運べます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑰【クイックキャンプ】アウトドアワゴン

直径21cmの大型タイヤが特徴の大型ワゴン。
特大のタイヤなので、どんなハードな道でも安定して荷物が運べます。タイヤの中央部分にはラバーを使用しているので、荷物への衝撃を和らげ、床を傷つけにくく音も静かなため、屋内でも使用することができます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑱【テントファクトリー】オールランドワゴン

必要な機能を備つつリーズナブルな大容量キャリーワゴン。
収容量100Lの大容量なので、テントや寝袋、テーブルなど大きい荷物もまとめて運ぶことが可能です。使った後は、タイヤまでカバーできる専用のキャリーバッグで楽に収納することができます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑲【WAQ】キャリーワゴン

耐荷重150kgの丈夫なスチールフレームでできたキャリーワゴン。
操作しやすく丈夫なハンドルは、伸縮式なので大人の男性でも楽に持つことができます。ファミリーキャンプでの大荷物や、家庭のゴミまで一度で運べるので快適なアウトドアを過ごせます。

アウトドアにおすすめのキャリーカート⑳【レイチェルアウトドア】グランドキャリアワゴン

走破性に優れた折りたたみ可能な大型タイヤのキャリアワゴン。
折りたたみで簡単に組み立てと収納ができて、収納時は5分の1サイズまで小さくコンパクトに収納することができます。ワゴン内部や側面には、ペットボトルや小物を収納できるポケットが備わっているので、細かい荷物も一気に運べます。

必要な収納スペースを確認しておこう!


いかがでしたか?キャリーカートはタイヤの大きさや容量も様々。
そのため、キャリーカートをどこで使うか想定して選ぶと良いでしょう。
また、事前に収納時のサイズやスペースを確認しておくと収まりがスムーズです。

All photo by shutterstock