いつかは乗ってみたい輸入車!キャンピングカーのおすすめの外車4選

いつかは乗ってみたい、外車(輸入車)。といっても、外車は一般的に高額になりがちですから、夢のまた夢。半分あきらめている……そんな方も多いかもしれません。

 

では、旅行でキャンピングカーをレンタルするときに、あえて外車のキャンピングカーを選んでみてはいかがでしょうか?普段とはひと味違った旅を楽しむことができますよ!

 

外車のキャンピングカーの特徴は?

外車のキャンピングカーといっても、ヨーロッパでつくられた欧州車と、アメリカでつくられたアメリカ車があります。それらの特徴を一言で説明すると、よりデザインがスタイリッシュな欧州車と、よりダイナミックなアメリカ車とでも表現できるでしょう。

 

外車のキャンピングカーのメリット

外車のキャンピングカーのメリットは、次の4点が挙げられます。

 

・性能が高い
・デザインが洗練されている
・フル装備で生活しやすい
・フルフラット

 

何よりまず注目したい外車のキャンピングカーのメリットは、性能が高いことでしょう。長距離運転を前提としてつくられているキャンピングカーが多いので、長距離を快適に走れるよう、高性能のものがそろっています。

 

デザインが洗練されていることも見逃せません。さすが輸入車、友人や恋人と旅をするなら、写真映えする車種が楽しいですよね。特に女性好みの車種が多いのが、外車のキャンピングカーの特徴だといえそうです。

 

また、すべてがキャンピングカーの中にそろっており、フル装備で生活しやすいこともメリット。日本国内とは違い、生活インフラが整っているコースだけを走るとは限らないので、キャンピングカーの車内で調理や食事、シャワー、お手洗い、睡眠と、すべてが完結するつくりになっています。

 

最後に、フルフラットで車内のスペースを有効に活用できること。ソファとしても食卓としても、車内でゆったりくつろげます。

 

外車のキャンピングカーのデメリット

外車のキャンピングカーのデメリットは、次の2点が挙げられます。

 

・車体が大きい
・維持費が高額になることも

 

多くの人がイメージできることでしょうが、外車はやはり車体が大きめです。2人旅仕様なら全長6メートルクラス、ファミリー向けだと7メートルクラスと、普通車の国産車と比べると相当の大きさです。もちろんその分、車内のスペースはゆったりめ。

 

維持費が高額になることがあるのも、知っておきたいデメリットです。万が一故障した場合、パーツひとつとっても海外から取り寄せとなるため、どうしても費用がかかってしまいます。日本ほど気軽に修理ができないことは、知っておいたほうがよさそうですね。

 

人気・おすすめの外車のキャンピングカー4選

それでは、ここからはCampingCarWeb編集部がおすすめする外車のキャンピングカーを4つご紹介します。

外車のキャンピングカーのおすすめ(1)フォード E450 コーチメンミラダ MH300QB

まず1台目の外車のキャンピングカーのおすすめ車種は、フォード社のコーチメンミラダMH300QBです。フォード社といえば、アメリカで人気の自動車メーカー。ベース車はフォードF53で、2004年モデルのバスコンタイプです。アメリカのキャンピングカーにはクラスA、クラスB、クラスCと3つのクラスがありますが、その中でも最も大きくラグジュアリーなクラスAに該当する、アメリカで大人気のキャンピングカーです。

 

全長は9.5メートルと、日本ではまず見かけないような大きさです。国産車に慣れている方には運転しづらいかもしれませんが、その分、内装はかなり広々。ザ・キャンピングカーなビジュアルもかっこいい!

 

リビングルームだけでなく、キッチン、シャワールーム、お手洗いとフル装備な上、なんとクイーンサイズベッドの寝室を備えています。もはやこのキャピングカーに住みたい!と思うくらいの、広々快適な空間ですね。

 

外車のキャンピングカーのおすすめ(2)エクスプレス ロードトレック 190バーサタイル

2台目の外車のキャンピングカーのおすすめ車種は、アメリカのシボレーエクスプレス社製のキャンピングカー。バンコンタイプの一台です。ビジュアルは「アメ車」感があり、子ども心に憧れたような雰囲気です。

 

全長は6.2メートルと、やはり大きいのですが、前述のコーチメンミラダMH300QBよりはずいぶんコンパクトですね。ややコンパクトながら、乗車定員は7名、就寝定員は3名なので、家族旅行や大人数での卒業旅行などにもぴったり。3名が同時に寝られるスペースがあるので、安全運転もばっちりです。

 

装備品は、電子レンジや冷蔵庫のほか、シャワーにお手洗い、温水ボイラー、発電機、走行充電システム、そしてFFヒーターにルーフエアコンと、一通りそろっています。

 

外車のキャンピングカーのおすすめ(3)ローラーチーム ゼフィーロ 235TL

3台目の外車のキャンピングカーのおすすめ車種は、イタリアのトリガノ社製のローラーチーム ゼフィーロ 235TLです。トリガノといえばこれ!といわれるほどの人気商品。スタイリッシュなビジュアルがいいですね。

 

全長はおおよそ6メートル。 先述した2つの車種よりはややコンパクトながら、ダイニングスペースが広々としており、L字ソファが備え付けられていることがポイント。運転席と助手席を回転させれば、まるで自宅にいるようにくつろげます。

 

外車のキャンピングカーのおすすめ(4)メルセデス・ベンツ バーストナー t700 エアロバン

4台目の外車のキャンピングカーのおすすめ車種は、バーストナー社T700エアロバンです。こちらはなんと、メルセデンスベンツがベース車となっています!憧れのドイツ車、メルセデンスベンツとなれば、テンションが上がる方も多いのではないでしょうか?シンプルなデザインも素敵ですよね。

 

全長は6.9メートル。乗車定員6名、就寝定員4名と、コンパクトながら広々とスペースを使える外車のキャンピングカーです。ゆったりした家族旅行におすすめの一台です。

 

まとめ


外車のキャンピングカーの特徴とともに、外車のキャンピングカーのおすすめ車種を4台ご紹介しました。一口に外車のキャンピングカーといっても、さまざまな種類があることがご理解いただけたでしょうか。

 

好みや用途にあわせて、お気に入りの外車のキャンピングカーを見つけていただければ幸いです。