キャンピングカーのサイドオーニングはどうして必要なのか考えてみた!

キャンピングカー購入時に迷うのが、

サイドオーニングを付けるか、付けないか。。。

いまいちオーニングがあるとどれだけ便利でどの程度頻繁に使うことになるのかイメージが湧かないですよね。

本日はそんなサイドオーニングの使い勝手だったり、デメリットも説明していこうと思います。

サイドオーニングとは?

そもそもサイドオーニングって何なの?

ってとこなんですが、キャンピングカーの車体サイドから出ているあのタープ、屋根、ヒサシの事です。

用途としては

  • 日除け
  • 雨避け
  • 夜露対策

がメインではありますが、

単純にキャンプの雰囲気づくりにも役に立つので、あると何かと嬉しい物です。

サイドオーニングの必要性

しかし、オーニングがいるのかいらないのかという議論に関して、これは結構意見が分かれます。

オーニングが必要な人からしたらとっても重宝している必要不可欠な物ですが、使わない人にとってはただの障害物。

事故の原因にもなりかねないのでとっぱらってしまった方が良いでしょう。

では、どんな人がオーニングを必要していてどんな人ならオーニングが必要ないのか?

見て行きましょう。

観光メインの場合

例えば、観光がメインで宿泊場所がいつも道の駅だったり、ホテルである事が多い方

サイドオーニングを使う機会がありません。

道の駅ではオーニングを出してチェアテーブルを広げるのはマナー違反ですので。

キャンピングカーの中でご飯を食べるか、道の駅のレストランでご飯を食べることになります。

結果的に、一度もオーニングを使わず旅行から帰ってくるのですね。

アウトドアをする場合

キャンプや釣りをする人はオーニングが大活躍。

到着してすぐにオーニングを広げ、ご飯をつくったり釣りを開始できます。

オーニングがないと、わざわざタープを立てないといけないのでそれまた一手間かかります。

「早くキャンプ飯作りたいのにー!!」

楽にアウトドアするならめちゃめちゃおすすめのアイテムなんですね。

オーニングのメリット

では、そんなオーニングのメリットを説明していこうと思います。

収納性が素晴らしい

あんなに大きな幕ではあるけれど、収納は棒状のコンパクトな物。

大きな布をくるくる巻いて収納するからあんなにコンパクトになるのですね。

キャンプでタープを張ろうと思うと、

タープ本体、ペグ、ペグハンマー、タープポール、ガイライン等でかなりの大荷物になりますから。

オーニングは車のサイドに取り付けれられているので、面倒な積み込みや積み下ろしもありません。

また、オーニングには本体を支える足も収納されていますのでポールも必要なくなります。

シーダブ犬
シーダブ犬
すっごく楽だねー!!

遮光性がある

真夏の強い日差しの時なんかはとっても便利。

キャンプで使うタープよりも分厚く、光をちゃんとシャットアウトしてくれます。

タープの中でも日差しを強く遮ると言われているコットンタープよりもしっかり光を遮断してくれています。

雨避けになる

みなさん1番イメージしやすいのがこの雨避けなのでは無いでしょうか??

単純に雨避けができるから便利なだけではありません。

オーニングは前室の役割があるんです。

実はキャンピングカーの出入りの時、出入り口で靴を履き替えていて少しまごつくことがあります。

そんな時、ヒサシが無いと濡れてしまうんです。

しかし、サイドオーニングを伸ばしておけば、車体とオーニングには隙間が無いので

濡れずに靴を脱いで車内に入れるというわけですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
地味に凄く便利なやつだね。

めちゃめちゃ簡単に設営できる

嬉しいのは設営に全く時間がかからないことですね。

特に、電動式のオーニングであればボタン1つでオーニングを張ることができます。

今回は電動式でない、手動のオーニングの設営方法も紹介します。

クランクハンドルを回してオーニングを開きます。

ある程度開いてきたら足を取り出して、

地面に落として伸ばす。

あとは最後までオーニングを伸ばすだけ。

とても簡単なんです。

キャンピングカーのサイドオーニングの使い方教えます!

2019.09.12

サイドオーニングのデメリット

そんなアウトドアマンにとって使い勝手の良いオーニングですが、

実は、いくつかデメリットがございます。

風に弱い

オーニングは風に弱く、強風時には壊れる恐れがあります。

風の強い日にオーニングを開いてしますとバキッと折れるわけではないですが、

折りたたみになる柱が少し曲がり、完全に閉まらなくなります。

大雨に弱い

雨水がオーニングの上に溜まり、その重みで壊れることがあります。

対策としてはなるべく全開にはせず、半分だけ伸ばすようにして、

雨が溜まらないようにしましょう。

また、濡れた時には旅行から帰ってきて、晴れの日に干さないといけません。

高価

手動タイプのもので10万円前後します。

決して気軽に購入できる金額ではありませんね。

事故が起きるかも。。。

オーニングは自損事故を起こす場所NO1です。

以前にキャンピングカーレンタル会社の人に聞きいたことがあります。

オーニングには気をつけて運転しましょう。

カーサイドタープという選択肢

カーサイドタープという選択肢があります。

こちらはロゴスのカーサイドタープになるんですが、

キャンピングカーだけでなく普通の乗用車にも設置することができる。

オーニングに比べるとどうしても設置するのは一手間かかるけど

これなら

  • 虫が入らない
  • プライバシーの確保もできる
  • 価格がリーズナブル

とメリットがたくさんあるのでおすすめ。

オーニングに比べるとしっかり全体を覆ってくれるし、

網戸にもできるようになっているので虫は入らず。

まとめ

以上で、サイドオーニングの必要性についての説明を終わります。

観光系の人はいらないし、アウトドアな人は欲しいところですよね。

もちろんコストを抑えるために、カーサイドタープでも全然あり!

自分の好きなスタイルに合わせて選びましょう。