スノーピークのグランピング施設まとめ!ひと味違う贅沢な体験をしてみよう

ここ数年、グランピングが流行しています。グランピングとは、グラマラス+キャンピングを組み合わせた造語で、豪華なキャンプを意味します。一般的には、手ぶらで体験できる、ちょっとラグジュアリーなキャンプのこと。

今回は、他とはひと味違った豪華なグランピングを体験したい方に向けて、人気アウトドアブランド・スノーピークのグランピング施設をご紹介します。

 

スノーピークのグランピング施設の特徴


スノーピーク(snow peak)は、新潟生まれのアウトドアブランド。焚き火台やペグに代表されるスノーピークのキャンプグッズは、そのスタイリッシュさとクオリティで、絶大な人気を誇っています。

スノーピークは近年、アウトドアグッズの販売にとどまらず、グランピング施設も手がけています。その特徴は、有名建築家である隈研吾さんとともにプロデュースした「住箱」というモバイルハウスや、特別仕様のスノーピーク製テント。

モバイルハウスは、木でつくられた、ミニマルながらスタイリッシュな外観。公式サイトによると、「人間らしさを取り戻すというスノーピークの思想そのものでもある」とされています。

スタイリッシュなのは、外観だけではありません。住箱の中には、ベッドやエアコン、チェアなどが取り揃えられ、おしゃれかつ快適にグランピングを楽しめるようになっています。

スノーピークが提供するグランピング施設は大きく分けて2種類。豪華な食事を楽しめるグランピング施設と、食事はつけずに住箱でのステイを楽しめるキャンプフィールドです。今回は、グランピング施設を3つご紹介します。

 

スノーピークグランピング施設(1)【神奈川】スノーピークグランピング京急観音崎

 

この投稿をInstagramで見る

 

観音崎京急ホテル Resort&Spa Kannonzaki(@kannonzakikeikyuhotel)がシェアした投稿


スノーピークグランピング京急観音崎は、三浦半島の最東端にあるグランピング施設です。海のすぐそばなので、東京湾の絶景と、新鮮な海の幸を楽しむことができます。

「スノーピークグランピング京急観音崎」に訪れるなら、一番おすすめの時期は夏!夏季限定でシーサイドプールが利用できます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

観音崎京急ホテル Resort&Spa Kannonzaki(@kannonzakikeikyuhotel)がシェアした投稿

また宿泊者は、併設の温浴施設「SPASSO」を無料で利用可能。海を見ながら露天風呂に浸かれば、日頃の疲れをすっかり忘れられそうです。室料は、1泊2名あたり、平日(日〜木)は50,000円~、金曜・土曜・祝前日は59,000円〜、ハイシーズンは80,000円〜となっています。

【詳細情報】
名称:スノーピークグランピング京急観音崎
 
住所:神奈川県横須賀市走水2
 
URL:https://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

 

スノーピークグランピング施設(2)【新潟】スノーピークグランピングスワンレイク五十嵐邸ガーデン

スワンレイク五十嵐邸ガーデンは、和のテイストがユニークなグランピング施設です。敷地内に「田園フィールド」や「スワンレイクファーム」、「キャンピングカーフィールド」などがあり、広大な敷地を歩いているだけでもリフレッシュできます。

宿泊場所は住箱、テント、旅館から好みのものを選ぶことができ、ペット可の施設も。たとえばペット連れで住箱に宿泊するプランは、温泉付き、「リーズナブルBBQ」付きで1名あたり15,000円となっています。

photo by スノーピークグランピングスワンレイク五十嵐邸ガーデン

こちらのグランピング施設の特徴は、ディナータイム以外、世界最高金賞を受賞した新潟のスワンレイクビールが全種類飲み放題であること!ビール好きには見逃せないグランピング施設だといえそうです。

【詳細情報】
名称:スノーピークグランピングスワンレイク五十嵐邸ガーデン
 
住所:新潟県阿賀野市金屋340-5
 
URL:https://www.swanlake.co.jp/aganoresort/

 

スノーピークグランピング施設(3)【長野】フィールドスイート白馬

 

この投稿をInstagramで見る

 

Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA(@field_suite_hakuba)がシェアした投稿


フィールドスイート白馬(FIELD SUITE HAKUBA)は、日本で唯一の山岳フィールドラグジュアリーリゾートホテルです。目の前に広がるのは、北アルプスの絶景。北アルプスというと、冬のイメージが強いかもしれませんが、それは誤解!新緑の春や、紅葉が美しい秋の絶景も見逃せません。

フィールドスイート白馬の特徴は、日本ではまだまだ珍しい、オールインクルーシブスタイルのグランピング施設であること。ここで言うオールインクルーシブスタイルとは、宿泊代金に、長野駅の往復送迎、食事、ドリンク、体験プログラムなどの利用料金がすべて含まれていることを言います。つまり、滞在中に一度もお財布を出すことなく、のんびりした時間を楽しめるということですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA(@field_suite_hakuba)がシェアした投稿

また実はフィールドスイート白馬は、10歳未満は利用不可となっています。大人だけの空間だからこそ、静かにのんびりできそうです。

滞在するのは、標高1200mの白馬・八方尾根の中腹。スノーピークがプロデュースした特製テントでの宿泊(テントスイート)は77,000円程度から、住箱での宿泊は93,000円程度から。地元・信州の食材を贅沢に使った朝・昼・夜の食事や、白馬のブルワリーでつくられたクラフトビールやワイン、地酒などといったドリンクが含まれています。

【詳細情報】
名称:フィールドスイート白馬
 
住所:長野県北安曇郡白馬村北城4487-4
 
URL:https://fieldsuite-hakuba.com/

 

スノーピークのグランピング施設でグランピングにチャレンジ!

photo by Unsplush

今回は、スノーピークグランピング施設をご紹介しました。どれもおしゃれで、あらゆる機能の揃ったグランピング施設なので、初心者の方も優雅に楽しめるはず。

グランピングデビューしたい方、そしていつか本格的なキャンプにチャレンジしたい方も、まずはスノーピークのグランピング施設に出かけてみてはいかがでしょうか?