スノーピークの人気テントおすすめ20選

日本のアウトドアメーカーの中でも高い人気を誇るスノーピーク。スノーピークのテントは、キャンパーから熱い信頼を受ける人気のアイテムなのです。そんなスノーピークのテントが人気の理由を解説!さらに、種類別におすすめのテントをご紹介します。

スノーピークのテントが人気の理由

快適かつ高品質

スノーピークのテントは、生地やパーツまでスペックが高く高品質。さらに、通気性の良さや耐久性も考慮し、こだわって設計されているので快適に過ごすことができます。しかし、いくら耐久性に優れていてもテントは破損や汚れがつきもの。

スノーピークはアフターサービスが充実しているので、製品上の欠陥が原因の場合は無料で修理・交換をしてくれます。また、破損の場合も、購入から何年経っていても修理が可能なので、長く使い続けることができます。

デザイン性

スノーピークのテントが人気の理由の一つは、デザイン性の良さ。シンプルで落ち着いた色合いは、おしゃれで他のブランドにはない魅力を放ちます。また、種類が豊富なので、自分のキャンプレベルに合ったテントを選ぶことができるのも、スノーピークならではの魅力です。

スノーピークのおすすめテント20選


スノーピークのテントは初級から上級まで種類が豊富に用意されています。ここからは、スノーピークの「エントリー」、「スタンダード」、「プロ」、「アイボリー」、「プロエア」の5つのラインの特徴に合わせて、おすすめテント20選をご紹介していきたいと思います。

初心者におすすめ「エントリーライン」

エントリーラインは、キャンプ初心者や春・夏・秋に数回キャンプに行く人におすすめ。シンプルな作りなので、初心者でもスムーズにセットできるのが特徴です。値段も比較的手頃で、快適に過ごせるスペックが備わっているので完璧な装備にこだわらない人にもおすすめです。

スノーピークのおすすめテント①アメニティドーム

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームS [3人用]

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームS [3人用]

68,628円(08/03 17:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

エントリーラインの中でも圧倒的人気を誇るのがアメニティドーム。スノーピークのテントは、地上高を最低レベルに抑えて設計されているので、通気性の良さと優れた耐久性が特徴。また、設営しやすいようパーツが色分けされているので、初心者キャンパーでも安心して組み立てることができます。

ソロキャンプで活用できるSサイズからファミリーキャンプで活用できるM・Lサイズがあるのも魅力です。

スノーピークのおすすめテント②エントリー2ルーム エルフィールド TP-880 4人用

天井が高く開放感のあるリビングスペースが特徴のエントリー2ルーム エルフィールド TP-880。春〜秋まで十分快適に過ごすことができる機能が備わっているので、これ一つでキャンプを楽しむことができます。

スノーピークのおすすめテント③エントリーパックTT 4人用

ヘキサ型タープがセットになったエントリー向けテント。日差しの強い日や急な雨でも、タープの下でキャンプを楽しめるのが魅力です。開放感のあるテントは快適さが備わっているので、ファミリーキャンパーにおすすめです。

スノーピークのおすすめテント④メッシュシェルター [4人用]

スノーピーク(snow peak) テント メッシュシェルター [4人用]

スノーピーク(snow peak) テント メッシュシェルター [4人用]

68,980円(08/03 17:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

強度や居心地の良さはもちろん、設営の簡単さが魅力の定番メッシュシェルター。通気性と視界の良さを考えた、全パネルフルメッシュデザインのテントです。また、オプションのトンネルを使うことで、他のテントと連結することができ寝室を分けて使うなど、多様的に活用することができます。

仲の良いファミリー同士でキャンプを楽しむことができるのも魅力です。

オールシーズン楽しめる標準モデル「スタンダードライン」

スタンダードラインは、キャンプに慣れてきた人や通年でキャンプを楽しみたい人におすすめ。また、オールシーズン快適に過ごせる温度調節機能など、機能性や快適性が向上されているのが魅力。これまで使っていたテントから他のテントに乗り換えたいという方にもおすすめです。

スノーピークのおすすめテント⑤ランドブリーズ

スノーピーク(snow peak) テント ランドブリーズ6 [6人用]

スノーピーク(snow peak) テント ランドブリーズ6 [6人用]

73,800円(08/03 18:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

ランドブリーズは、様々な機能でテント内の温度管理に対応するのが魅力。冷気を防ぐマッドスカートが装備されているので、室内の温度低下を軽減。春・秋の夜も安心して就寝することができます。撥水加工やUVカット加工も施されている高機能なテントです。

スノーピークのおすすめテント⑥ランドブリーズ 6 SCS-020

スノーピーク ランドブリーズ 6 SCS-020

スノーピーク ランドブリーズ 6 SCS-020

102,080円(08/03 18:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

大型でありながら強固なフレームワークで、耐風性を確保したファミリー向けテント。後室にメッシュパネルが備わっているので室温管理がしやすいのが魅力です。シェルターとドッキングしても後室からの出入りがスムーズになります。

スノーピークのおすすめテント⑦ランドロック [6人用] TP-671R

スノーピーク(snow peak) テント ランドロック [6人用] TP-671R

スノーピーク(snow peak) テント ランドロック [6人用] TP-671R

166,000円(08/03 18:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

ランドロックは、スノーピークの中でも人気の高い定番2ルームテント。リビングと寝室をまとめたスペースのテント2ルームシェルターです。インナーテントを外してリビングレイアウトできるので、大人数にも対応できる優れもの。空間を広く使うことができるので、大人数でも快適にキャンプを楽しむことができます。

スノーピークのおすすめテント⑧ソロテント&タープ ヘキサイーズ 1 SDI-101 ブラウン 1人用

ヘキサイーズは、一人の贅沢を過ごすソロキャンパー向けに作られた快適ソロテント。キッチン・リビングとして必要十分な前室スペースと、ソロテントに劣らない屋内空間が魅力。チェアやテーブルもゆとりを持って配置でき、大人一人が過ごすのに快適な広さに設計されています。収納サイズもコンパクトなので、コンパクトカーやバイクへの積載も楽チン。

スノーピークのおすすめテント⑨リビングシェルS TP-240

スノーピーク(snow peak) リビングシェルS TP-240

スノーピーク(snow peak) リビングシェルS TP-240

104,280円(08/03 17:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

コンパクトかつ快適なリビング空間を実現したリビングシェル。ソロやデュオキャンプに安心して寛げるサイズ感が魅力です。前後左右からスムーズに出入りすることができるので、大人二人でも快適に活用することができます。

スノーピークのおすすめテント⑩リビングシェル [4人用]

スノーピーク(snow peak) テント リビングシェル [4人用]

スノーピーク(snow peak) テント リビングシェル [4人用]

109,780円(08/03 18:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

大型ドアパネルを跳ね上げで、開放的なリビングルームを作り出すことができます。他のテントとのドッキングシステムで、テント内を楽に行き来することができ、キャンプの幅を広げることができます。

本格的にキャンプを楽しみたいヘビーユーザー向け「プロライン」

プロラインは、趣味としてキャンプを楽しみ、頻繁にキャンプに出かけるキャンパーにおすすめ。値段は張りますが、耐久性や機能性がハイスペックで長く使い続けられるのでコスパが良いのが魅力。軽量でコンパクトに収まるので場所を取らずに使用することができます。

スノーピークのおすすめテント⑪リビングシェル ロング Pro TP-660 [6人用]

定番のリビングシェルのサイズを拡張したロングバージョン。生地の強度もスペックアップされているので耐久性抜群!寝室として活用できるインナールームや、日差しから室内を守るシールドルーフも用意されているので快適にキャンプを楽しむことができます。

スノーピークのおすすめテント⑫ランドブリーズPro.

スノーピーク(snow peak) テント ランドブリーズPro.3 SD-643 4人用

スノーピーク(snow peak) テント ランドブリーズPro.3 SD-643 4人用

87,780円(08/03 19:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

ベーシックかつハイスペックな機能性を備えたドーム型のテント。耐風性に優れていて頑丈なので一年中使うことができます。また、居住性や機能性にも優れているので使い心地抜群!

スノーピークのおすすめテント⑬ミニッツドーム Pro.air 1 SSD-712 2人用

軽量でスピーディー、かつ過ごしやすい居住性にこだわったソロテント。重量は4kg未満と、自転車やバイクで持ち運びやすい軽さが特徴。雨の日でも濡れずに靴の脱ぎ履きができるほどの広い前室と、通気性の良い左右のメッシュが魅力です。

スノーピークのおすすめテント⑭ドックドームPro.6 SD-506 [6人用]

メッシュパーツを多用としたスノーピークの新定番モデル。アウトフレーム構造で、シェルターとしても機能する多機能デザインのドーム型テント。優れた耐久性と雨や寒さから守ってくれる機能性の良さも魅力です。

ロマンチックで美しい「アイボリーライン」

アイボリーラインは、優れた高機能性と他と被らない美しいデザインが特徴。他と被りたくないおしゃれ重視な上級キャンパーにおすすめです。全面アイボリーカラーなので、室内が明るくテント内を快適に楽しむことができます。夜は天窓から夜空を楽しめるのも魅力です。

スノーピークのおすすめテント⑮スピアヘッド Pro.M TP-455 アイボリー

スノーピーク(snow peak) スピアヘッド Pro.M TP-455 アイボリー

スノーピーク(snow peak) スピアヘッド Pro.M TP-455 アイボリー

99,900円(08/03 17:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

全周にフレームを配置しているので、狭さを感じることなく広い空間を確保できるニューデザインのワンポールシェルター。大人数でもストレスなく快適に過ごすことができるのが魅力。また、ドッキング機能がついているので必要に応じて拡張することが可能です。

スノーピークのおすすめテント⑯リビングシェルロング Pro. アイボリー TP-660IV

人気のリビングシェルから、自然と調和するアイボリーカラーが登場。太陽の光を取り入れて明るい空間を作り出しつつ、しっかりとUVカットもしてくれる機能性の良さも魅力です。広範囲にメッシュパネルが設けられているので、テント内は開放的で快適に過ごせます。

スノーピークのおすすめテント⑰ドックドーム Pro.6 アイボリー [6人用] SD-507IV

ドックドームは、ドームテントとしてはもちろん、ローシェルターとしてなどシーンに応じて使い分けができるのが魅力。耐水圧やUVカット加工もしっかり備わっているので、晴れの日も雨の日も抜群の機能で対応してくれる優れもの。

軽量かつ快適な個性的「プロエアライン」

プロエアラインは、個性的なフォルムと軽量さが魅力。他と被りたくない人や、持ち運びやすさを重視する人におすすめです。キャンプだけでなく、登山向けにつくられた山岳用テントも充実しています。

スノーピークのおすすめテント⑱ヴァール Pro.air 4 [4人用] SD-650

スノーピーク(snow peak) ヴァール Pro.air 4 [4人用] SD-650

スノーピーク(snow peak) ヴァール Pro.air 4 [4人用] SD-650

82,000円(08/03 19:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

居住性、耐雨・耐風性に優れた流線型デザインのテント。4人用のインナーテントが標準装備されているので、少人数のファミリーキャンプも快適に過ごすことができます。また、持ち運びやすい軽量さも魅力の一つです。

スノーピークのおすすめテント⑲ファル Pro.air 4 [4人用] SSD-704

スノーピーク(snow peak) ファル Pro.air 4 [4人用] SSD-704

スノーピーク(snow peak) ファル Pro.air 4 [4人用] SSD-704

76,780円(08/03 18:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

ファルは、軽量かつ快適性が魅力の山岳テント。耐風性に優れているので、登山に使用するのに最適なアイテムです。インナーテントは取り外しが可能なので、シェルターとして活用することができます。

スノーピークのおすすめテント⑳ラゴ Pro.air 1 SSD-730 カーキ

スノーピーク(snow peak) ラゴ Pro.air 1 SSD-730 カーキ

スノーピーク(snow peak) ラゴ Pro.air 1 SSD-730 カーキ

47,080円(08/03 17:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

1kgを切る軽量さとサイズ感が特徴のソロテント。フレーム不使用であれば800g、使用した場合でも950gと重量を選ぶことができるのが魅力。実用的な素材と居住空間でストレスフリーにキャンプを楽しむことができます。

スノーピークのテントで快適おしゃれなキャンプを楽しもう


いかがでしたか?スノーピークのテントは、1日キャンプを楽しんだ身体を快適に休めてくれる癒しの空間です。種類やデザインも様々なので、自分のキャンプスタイルに合ったテントを選ぶのがおすすめです。長く使えるテントと出会い、アウトドアを快適に楽しみましょう!

All photo by unsplash