TEEPEE OUTDOOR DESIGN/ティピーアウトドアデザイン「HJ200WS」

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」

本日紹介するキャンピングカーは、ティピーアウトドアデザイン(TEEPEE OUTDOOR DESIGN)社の「HJ200WS」になります!

ティピーアウトドアデザイン(TEEPEE OUTDOOR DESIGN):HJ200WS

キャンピングカーの内装の概念を覆すようなインテリアで、また家具の質も高いティピーアウトドアデザインさん。
開発を担当している方がサーフィンなどのアウトドア好きということで、そのテイストがばっちりでています。

北米系インテリア、マリン系インテリアという言葉がぴったりのキャンピングカーとなっています。

HJ200WSの基本情報

全長4840mm
車幅1880mm
車高2100mm
室内高不明
車両重量不明
排気量2700cc
乗車定員7名
就寝定員3名
ベース車トヨタ ハイエース ワイドスーパーGL
車両本体価格3,980,000円より

このクオリティでこの値段!?と嬉しくなるような価格設定だと思います。
無駄な値上げはしないという会社の思いが伝わってきます。

僕自身、何度もこのキャンピングカーを取材させていただいておりますが、
家具の質も本当にいいですし、シートがほつれた時などもしっかり対応してくれます。

乗車定員も7名をキープしているので、
仲間内でサーフィン行くのに使っても良いですよね。
車としての性能もそのままになっています!

HJ200WSの外装・内装

それでは、ティピーアウトドアデザイン(TEEPEE OUTDOOR DESIGN)社の「HJ200WS」を見ていきましょう!

HJ200WSの外装

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」

こちらが外観になります。
外観からスタイリッシュな印象を与えてくれます。

スペック表を見ると、
「TRAVOIS外装カスタム」という装備がつけられています。

ティピーアウトドアデザインさんはハイエースのカスタムにも強い会社さんでして、
エクステリアパーツも豊富に販売しております。
スペック表に詳細が載っているわけではないのですが、
このTORAVOIS外装カスタムはエクステリアパーツのセットなんだと思います。

画像から見る限り、エアロパーツやホイールが変わっていますね。
また、オプションでLEDのヘッドライトも装着されていますので、
最近流行りのハイエースの外観もしっかりキープしています。

HJ200WSの内装

◆ダイネット

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のダイネット

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のダイネット

こちらがセカンドシート。
FASP(ファスプ)というイタリアのメーカーのシートを採用しておりまして、
前向き・後ろ向きどちらにも座ることができるようになっています。

シートサイズは1200mmということで走行中はこちらに3人座ることができます。
もちろんリクライニングして、フルフラットのベッドに展開する事もできます。

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のダイネット

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のダイネットこちらがダイネット。

こちらがサードシート。
こちらも同じくFASPシートが採用されています。サイズは900mmという事で
走行中は2人座ることができます。

セカンドシートを後方に向けて、サードシートとテーブルを挟んで対面式に座ることができます。
もちろんリクライニングさせてベッド展開が可能です。

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のダイネット

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のダイネット

限られた車内空間を有効に使うことがキモになるキャンピングカー。
エントランス側にはドリンクホルダーが付いていて、
ダイネットのテーブルスペースを有効に使うことができるようになっています。

テーブルの上に色々なものを置くのは大変ですからね。

◆キッチンスペース

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のキッチンスペース

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のキッチンスペース

こちらは車両後部から見た画像です。
展示車はベッド展開モードになっているのでマットレスが敷いてありますが、
当然外すことができます。

右側に折りたたみ式のテーブルがありまして、そこをキッチンスペースとして利用可能です。
また一番右上のマットレス(縦長のものです)の下にはシンクが隠れています。
走行中や休憩中はマットレスを外して、就寝時にこのようにベッド展開する事になります。

もちろん車両後部のマットレスを敷かない場合は大容量の収納スペースとしても利用可能です。

 

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のキッチン

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のキッチン

そしてこちらが車両後部の右側。上部の画像の反対側です。
キャンピングカー協会のジャルバ君がいい笑顔!笑

こちら側も折りたたみ式のテーブルとなっています。
上のマットレスは外して、下段のマットレスだけ敷いておけば、

座りながらサイドテーブルとしても利用できそうですね。

◆ベッドスペース

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のベッド

TEEPEE OUTDOOR DESIGN(ティピーアウトドアデザイン)社の「HJ200WS」のベッド

車両後部から見ると広さがお分かりいただけると思います。

下段のマットレスは、座席シートとつなげてベッドにしていきます。
ダイネットテーブルを外して片付けて、
セカンドシートとサードシートはリクライニングすると、こちらの下段ベッドと同じ高さになります。
よく考えられてますよねぇ。

こちらの下段ベッドは実際にはかなり縦長になりまして、
車の前方から大人2人、後方から大人1人というように就寝もできそうです。
(表記上は1800mm×500mmが大人1人分の就寝スペースと法律上ではカウントするので、下段に大人2人と表記されているようです)

そして、上段には横向きに大人1人が就寝できるスペースとなっております。

まとめ

若い世代の車離れが叫ばれていますが、
このようにおしゃれな部屋のようなキャンピングカーはとっても魅力的だと思います。

キャンピングカーの使い方は、何も車中泊だけじゃありません。
乗車定員の多さも、若い世代にとってはコスパと感じるでしょうし、
外観がかっこいいのも大切なポイントだと思います!

ロングセラーバンコン!【トイファクトリー ・ランドティピー】

2019.06.16

〒355-0035 埼玉県東松山市古凍13-1
TEL:0493-27-1020
定休日:なし(年末年始、お盆、GW、その他臨時休業あり)
営業時間:営業時間:9:00~18:00

HPはこちら
http://travois.co.jp/index.html