東京キャンピングカーショー2019が楽しすぎた!!

東京キャンピングカーショー2019

みなさんこんにちは、YouTube【キャンピングカーTV】のタックルです✧(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑✧

早いもので、学生たちは夏休みに突入したようですね。
そんな中、

7月20日(土)、21日(日)の2日間で東京キャンピングカーショー2019が開催されましたヾ(´∇`)ノ
もちろん僕も会場に行ってきましたので、その様子をお届けしようと思います!

・料金:大人(高校生以上)/1,000円  小人(小・中学生)/600円
※ペットケア費:1頭 500円/2頭以上 1000円
・会場:東京ビッグサイト 青海展示棟Aホール(東京都江東区青海1-2-33)

 

今年から会場が変更

東京キャンピングカーショー2019は毎年、東京ビックサイト本館で行われて来ました。

しかし、今年は青海展示場での開催に。
本館から歩くと20分以上かかってしまうので、いつもの感覚でビックサイトに向かってしまった方は結構歩いたと思います。

新しく出来た会場なので施設自体はかなり綺麗なのはよかったですね。
御手洗も非常に綺麗でした。

 

東京キャンピングカーショーは日本で1番ハードなキャンピングカーショー!?

キャンピングカーショーは1年を1シーズンとして全国各地で開催されるわけですが、
キャンピングカー屋さんは自分たちで会場まで車を持っていき設営をしています。
ですので、会社の場所から遠い会場で行われるキャンピングカーショーはハードになります。

では、なぜ東京が一番ハードなのか。
実はその日程にポイントがあります!

東京キャンピングカーショーだけは、当日搬入なのです。
他の会場は前日に搬入ができるので時間的にも余裕がありますが、東京だけは当日搬入なんですって。
近くにキャンピングカーを止めておける駐車場も少ないので、
朝は4時起きなんだそうです。

そのために東京だけは土曜日の開場時間が1時間遅い11時となっているわけです。

 

令和という新時代のスタートに目玉商品を持ってきた2社

キャンピングカー業界の1年の始まりを告げるのが、2月の1週目に行われるジャパンキャンピングカーショー。
各社ともこのキャンピングカーショーに新型車を持ってきます。

1年間、全国をその車と共に回るわけですが
今回ダイレクトカーズとバンテックの2社が目玉となるキャンピングカーを展示しました。

 

◆ダイレクトカーズは企業としての発展を遂げる1歩を踏み出した

東京キャンピングカーショー公式HPより

東京キャンピングカーショー公式HPよりhttps://jrva-event.com

ダイレクトカーズと言えばハイエースベースのバンコンをメインにしているビルダーです。
三重県にある本社には70台ものキャンピングカーが展示されているそう。

今回そのダイレクトカーズが、初めてキャブコンを製造しました。

家庭用エアコン、電子レンジなどが標準装備となっている高級路線のキャブコンとなっています。

 

◆バンテックは欧州車に負けないモーターホームを製作

バンテックが海外のモーターホームに負けないほどの名車を製作してきました。

バンテックと言えばジルという大人気キャブコンを世に送り出したビルダーとして知ってる方も多いはず。
今回、そのキャンピングカーをひと目見ようと長蛇の列ができていました。

ベース社がフィアットのデュカトという欧州のモーターホームで通常使われる車を使用。
全長が6.7mと、日本最大級のキャンピングカーが出展されました。

しかし室内は、シャッターで仕切られほぼ完全にシャットアウト。
見学への長蛇の列ができていました。
ありがたいことに、開場前に撮影させていただけたので、後日動画をアップするのでお楽しみに!

 

1度は消滅したキャンピングカーショーが復活??

毎年ハロウィンの時期になるとお台場でキャンピングカーショーが開催されます。

都内では唯一の屋外開催のイベントです。

2020年に東京オリンピックが開催されることを踏まえて、駐車場が使えなくなってしまったと噂が流れていました。

キャンピングカー屋さんたちも今年はやらないってーなんて話をしていたくらいですから、業界内でもアナウンスがあったんだと思います。

でも最近になってキャンピングカーショーの公式ホームページにお台場キャンピングカーショーの情報がアップされました。

2転3転の後、無事に開催が決定したんだそうです。

今年もお台場でハロウィンのイベントが楽しめそう!

 

今後もキャンピングカーショーを追いかけていきますので宜しくお願いします!

 

動画でのご視聴はこちらから