キャンピングカーはペット連れには最高のツール!オススメのキャンピングカー紹介!

キャンピングカーを購入する理由として

「ペットと一緒にキャンピングカーの旅に出たいから!」

という人は少なくありません。

愛犬家こそ、キャンピングカーは必要な旅のツールなんです。

本日はなぜそんなにキャンピングカーがあるとペットにとって素晴らしいのか

色んな角度から見ていきましょう。

ペットと旅するならキャンピングカー?

あら、私を置いて行くのね?

旅に出るのに自分の大好きなペットをどこかに預けて一緒に旅ができないのって残念ですよね。

満を持して連れて行こうとすると結構お金もかかりますから、

なかなか気軽に「一緒に行こう」とはなりません。

何よりペットも家族と離れて寂しがっていないだろうか?

が、しかし実はすごく良い解決策があるんです。

それがキャンピングカーを使うということなんですね!

シーダブ犬
シーダブ犬
ペットと旅行するならキャンピングカーだよね!

ペットと一緒にキャンピングカーを使うメリット

ではキャンピングカーをペットと一緒に使うことによるメリットがどんなものになるのか

見ていきましょう。

自由にさせてあげれる

キャブコンくらいのキャンピングカーになると、

ほとんどホテルに泊まるような感覚なので、ペットがいても全然平気。

クレートに入れないと、運転席に侵入する不安もあるかとは思いますが、

後方にリードを付けて運転席には侵入しないようにだけしておけば大丈夫なんですね。

あとは自由にさせることができます。

シーダブ犬
シーダブ犬
クレートなんて空間に閉じ込めるのは可哀想だしね!

ホテルをとらなくて済む

ペット同伴だとホテルを見つけるのは結構大変です。

なかなか見つからずに、行動も制限されるでしょう。

また、ペットOKのホテルを見つけたとしても周囲からジロジロ見られることもあるようで、

やはり愛犬と一緒に旅に出るのは少しハードルも高いように思えます。

シーダブ犬
シーダブ犬
ペット同伴はマイノリティだから、
肩身も狭いよね。
まぁ、俺くらいになるとそんなの気にしないんだけどね。

が、しかしそんな時にキャンピングカー。

キャンピングカーならペットNGのキャンプ場やRVパークに宿泊しない限りはのびのびと過ごすことができます。

大自然に解き放たれた愛犬のはしゃぎようを見てご主人も満足するもんです。

犬以外のペットでも大丈夫

実は犬以外でも大丈夫なんですね。

例えば

  • ウサギ
  • インコ
  • ハムスター

など、自分のペットを連れて行くことができます。

ただし、キャンピングカーの扱いには十分注意。

キャンピングカーレンタルの場合であれば、飼い猫が壁を引っ掻いて、破損させたりしないよう

十分注意が必要になります。

ペットの体調に合わせて行動ができる

初めての旅行にペットも緊張。

最悪体調を崩してしまうこともあります。

そんな時、ホテルを予約してたりするとキャンセルもしないといけないし

移動中であれば、サービスエリアに停めて公共の場で休ませてあげることになると思います。

キャンピングカーであればホテルのキャンセルもしなくて済むし

キャンピングカーの中で休ませて、容態を見てあげることができます。

濃厚な思い出ができる

何より1番大きいのはこの理由じゃないでしょうか。

キャンピングカーの旅は四六時中家族全員で一緒にいる時間になるので

色んな経験を共にすることになります。

その中で家族の深い絆が産まれることでしょう。

ペットも一緒に過ごすことで愛も深まるはずです。

ペットとキャンピングカーに乗る時の注意点

「じゃあキャンピングカーでペットと一緒に旅に出るぞ!!」

と思ったところで注意点!

気をつけるべき点があります。

まずは車に慣れさせる

いきなり長期の旅に出かけてしまうのは少しリスクも高い。

慣れない環境に体調を崩したり、車酔いのしやすい体質だったり

色々ペットと車両の相性を知るためにも

何度か車に乗せてドライブをしましょう。

早くキャンピングカーに慣れるコツとしては

ペットが大好きな物をキャンピングカーに置いてあげると効果的!

運転席にペットが来ないようにする

運転中にもしもブレーキやアクセルペダルの上に飛んできたら

大きな事故にも繋がります。

必ず運転席まで届かないような工夫をしておきましょう。

先ほども話したように後方にリードで繋いでおくのが良いでしょう。

乱暴な運転をしない!

スピードを出しすぎたり急カーブしたり急ブレーキをふんだりなど、

乱暴な運転をするとペットが車酔いすることがあります。

実は人間よりもペットの方が車酔いもしやすかったりする。

山道でもペットの様子はこまめに観察。

できる限りゆっくり運転してあげましょう。

車内でお留守番は危険

どこかお店に入る時、ペットをお留守番させるのは実はすごく危険。

キャンピングカーは断熱性能が高いとは言え、

天気の良い夏場なんかは30分もすれば中は灼熱地獄。

ワンちゃんは熱中症にもなりやすいので、車内でお留守番は絶対にNGです。

出かける際には一緒に連れて行くか、外に出してリードに繋いでおくか、

車内エアコンをつけて出かけましょう。

食後の運転も危険

ペットの餌の時間にたくさん食べて

その後すぐに運転すると車酔いすることがあります。

少し時間をおいてから運転するようにしましょう。

こまめに休憩する

何時間もずーっと運転するのはペットも車両の中で閉じ込められてユラユラ揺られてストレスになります。

人間も同じですよね。

やはりこまめに休憩が必要になります。

ドッグランのあるサービスエリアをうまく活用してペットを外に出してあげて

走り回らせたりするのも大切。

誰か1人一緒にいてあげる

初めての旅だとペットの体調も変化しやすい。

誰か1人ペットの近くにいて、安心させてあげましょう。

いつもと違う様子をみせたり、苦しそうにしていたらすぐに運転手に知らせてあげたり

治療できるようにしておけるようにした方が良いでしょう。

ペットのためのキャンピングカーがある!?

実はペットが乗ることを前提として作られているキャンピングカーもございます。

そんな面白いキャンピングカーをご紹介致します。

コンポーザー ウィズ ドッグ

全長 4,695mm
車幅 1,695mm
車高 2,460mm
室内高 不明
車両重量 不明
排気量 1,998cc
乗車定員  5名
就寝定員  2名
 ベース車 NV350キャラバン

こちらはアネックス社が制作したキャンピグカー「コンポーザ ウィズ ドッグ」。

ベース車はNV350キャラバンなので比較的コンパクトでどこでも走りやすい車両です。

非常に豪華な内装ですね。

大きなテーブルに対面式ソファで、サイドにテーブルがあるのも便利。

また、実はこのシートはビニールレザーになっておりますので、

ペットがあがっても大丈夫なように工夫されているんですね。

ペットに嬉しいポイント

車両後部が防水スペースになっおり、一部がシャワーパン形状なので

お散歩後にワンちゃんを洗うことができます。

また、外で遊んで汚れてしまった道具も置いておける。

気になるお値段は??

お値段は¥5,600,000〜。

DOG LOVER(ドッグラバー)

基本スペック

全長 4,295mm
車幅 1,695mm
車高 1,870mm
室内高 不明
車両重量 不明
排気量 1,500cc
乗車定員  5名
就寝定員  4名
 ベース車 ホンダ FREED

ホワイトハウス社が作成しました。

こちらはホンダのフリードがベース車となっております。

車両はポップアップ式になっているので中は広々使うことができます。

ドッグラバーの内装

運転席が後部にひっくり返るようになっているので

無駄なくスペースを有効活用。

フリードの車内でもかなり広々と使えるようになっております。

そしてこちらが車両後部ですが、ワンチャンが乗ってますね。

小型犬程度なら、ストレスフリーで車内を楽しむことができます。

そしてこのポップアップの高さだ。

網戸のある窓もしっかり採光も考えらえている。

最大限に広く使うことができますね。

ペットに嬉しいポイント

ペットをリードに繋いでおく装備がされていたり、

ワンちゃんのグッズが外からでも取り出せるような収納スペースも用意されています。

ペットのためにいろんな物を持っていくことが想定されていますね。

また、飛び出し防止ネットも設置されているので安心してリアの扉を開け閉めできます。

細かい気遣いは作者のペットへの愛を感じますね。

気になるお値段は??

お値段は¥3,890,160〜になります。

ホワイトハウス×Honda Access「FREED+DOG LOVER」(ドッグラバー)

2019.09.30

ドッグエース

全長 4,695mm
車幅 1,695mm
車高 1,980mm
室内高 不明
車両重量 不明
排気量 2,000cc
乗車定員  5名
就寝定員  2名
 ベース車 ハイエース

こちらはダイレクトカーズ社が制作したキャンピングカー 「ドッグエース」。

トヨタハイエースがベース車となっておりますので、安定した走行性能が期待できます。

ドッグエースの内装

こちらはリビングスペース。

対面式のシートはソフトなクッションなので、ワンちゃんに優しい。

就寝時はこの様な形に変形。

大人2名が就寝することができます。

ペットに嬉しいポイント

愛犬をフックでリードに繋いでおいて

一緒に外で簡単なアウトドアができるようになっています。

また、シャワーもありますので足を洗うこともできるので便利ですね!

気になるお値段は!?

お値段は¥3,590,000円〜になります。

他にも、ディーゼルだと413万円。ディーゼル四駆だと441万円の料金になります。

愛犬くん

全長3,390mm
車幅1,470mm
車高1,970mm
室内高不明
車両重量不明
排気量ガソリン:658cc
乗車定員4名
就寝定員2名 ペット2~3頭
 ベース車スズキ:エブリィバン ニッサン:NV100クリッパーバン ハイルーフ

こちらはオートワン社制作のキャンピングカー「愛犬くん」。

名前からして愛犬大好きな人が選びそうな車。

見た目は普通の軽自動車ではあるけれど、中身は完全にキャンピングカーになっております。

愛犬くんの内装

こちらは居住スペースになりますが、

座敷の上でくつろぐスタイルとなっております。

 

ペットに嬉しいポイント

小さな車両ではありますが、収納スペースにも物がたくさん置けるのでワンちゃんと遊ぶための道具や餌も置ける。

また、水道も設備されていて、外でシャワーにもなるので、

愛犬の足を洗ってから車内に入れることができますね。

気になるお値段は!?

お値段は¥2,450,000円〜になります。

オートワン 「愛犬くん」

2019.11.03

コルドランディ

全長4995mm
車幅1980mm
車高2960mm
室内高 不明
車両重量 不明
排気量2WD
乗車定員 6名
就寝定員 4名
 ベース車TOYOTA カムロード

バンテック社が制作したキャンピングカー「コールドランディ」。

ベース車がトヨタのカムロードのキャブコンになります。

コルドランディの内装

内装はとても豪華。

テーブルを囲みつつ、二口コンロのキッチンで料理もできる。

充実した設備は他にも、十分な収納スペースやエアコンがあったりでとても快適な空間ですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
今のところ愛犬家が好みそうなポイントはなさそうだけど。。。

コルドランディのL字ソファは愛犬と並んで座れるので、もちろんナイスな設備なのだけれど

ペットに嬉しいポイント

他にも、愛犬がくつろぐためのスペースが用意されています。

また、出入り口前には防水スペースがあるので、

足を洗ってから入ることができます。

これは大型犬を飼っているからこそ嬉しい設備ですね。

気になるお値段は!?

お値段は¥6,544,800〜になります。

VANTECH/バンテック「CORDE RUNDY/コルドランディ」

2019.10.07

まとめ

ペットと一緒に旅行するのってすごく難しいと思われがちですが、

キャンピングカーならそれが簡単に実現できることが伝わればと思います。

紹介したキャンピングカーはペットと旅するのに特化下キャンピングカーでありますが

他のキャンピングカーでも十分な設備が整っているので、是非色々見て下さい。

ペットだって家族の一因なので、共に旅を楽しみたいですもんね!

レンタルもあるよ!

これは補足事項ですが、実はペットに特化したキャンピングカーレンタル店舗もあります。

「ペット専用レンタルキャンピングカー Pet-RV」という店舗になるんですが、

湘南に位置しています。

機会があれば是非ご利用してみては!?

また、campingcar webではレンタルキャンピングカーのマップを作っています!

是非マップからキャンピングカーをレンタルしましょう!