子どもの安全を第一に!キャンピングカーのチャイルドシート10選

キャンピングカーで、お子さんと一緒に旅行するのって楽しいですよね!

最高の家族旅行に必要なのは、移動中に親も子もお互いにストレスが少ない環境だと思います。

小さいお子さんがいれば、尚そう感じるでしょう。

今回はキャンピングカーに付けるチャイルドシートについてご説明したいと思います。

チャイルドシートとは?

チャイルドシートの使用義務がある年齢はいくつまでなのかをご存じですか?

「うちの子は大きくてしっかりしているから」と勝手に自分の判断で使用をやめてしまうと、違反切符を切られる可能性があります。

正しい知識を知り、大切なお子さんの命を守りましょう。

チャイルドシートの着用義務は何歳から何歳まで?

チャイルドシートの使用義務は、6歳未満(5歳まで)の幼児を対象にしています。

チャイルドシートの着用は2000年(平成12年)4月1日から道路交通法の改正によって義務化されました。

道路交通法:第七十一条の三の三項

「自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置(中略))を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。(後略)」

※幼児用補助装置はチャイルドシート、幼児は6歳未満を意味します。

シーダブ犬
シーダブ犬
大人用のシートベルトを子供に使うと、ベルトが首にかかってしまい、とても危険なので絶対にしないように!

チャイルドシートの種類

実は、チャイルドシートは使う年齢によってさらに細かく定義が分けられています。

乳児用(ベビーシート)0〜12ヶ月首が据わっていない乳児、目安(体重:10kg未満 / 身長:70cm以下)
幼児用(チャイルドシート)1〜4歳程度首が据わっている幼児、目安(体重:9〜18kg / 身長:100cm以下)
学童用(ジュニアシート)4〜10歳程度目安(体重:15〜36kg / 身長:135cm以下)
シーダブ犬
シーダブ犬
チャイルドシートを選ぶ際のポイントは、年齢ではなく体格を重視すること!

キャンピングカーに装備できる?

結論から言いますと、「取り付けできるものもあるし、付かないものもあります」。

キャンピングカーに付くタイプ
  • 2点式シートベルトで固定するタイプ
  • 3点式シートベルトで固定するタイプ
キャンピングカーに付かないタイプ
  • 専用の固定装置(ISOFIX式)で固定するタイプ

※最近ではISOFIXに対応したキャンピングカーも増えてきています。

シーダブ犬
シーダブ犬
失敗しないように事前に調べておけよ!

キャンピングカーにオススメのチャイルドシート10選!!

それでは、気になるチャイルドシートのご紹介です。

【Amazon.co.jp限定】 Child Guard(チャイルドガード) シートベルト固定

サイズW450×D530×H615(mm)
重量4.3 kg
メーカー推奨年齢0〜48ヶ月
固定方式シートベルト

国土交通省 安全性能評価試験「チャイルドシートアセスメント」乳児モード最高評価 “優” を獲得。

致死率が高くより危険とされる側面衝突の際に、お子様へ伝わる衝撃を緩和するサイドガードを採用。

本体重量4.3kgの軽量モデル&コンパクト設計で狭い車内でも取付け・取扱いが簡単!

コンビ シートベルト固定 チャイルドシート ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LG  0か月~

サイズ後向き時:W475×D685×H525(mm)、前向き時:W475×D525×H630(mm)
重量6.3 kg
メーカー推奨年齢0〜48ヶ月
固定方式シートベルト

頭部と座部に、卵を落としても割れないほどの超・衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載しているので、小さなお子様の身体を守ってくれます。

ウォッシャブルシートでいつでも清潔!メッシュシートなので通気性が良いです。

なお、コンパクト設計なので装着が簡単です。

TMJ ジュニアシート NENNE(ネンネ)

サイズW47×D51×H64cm
重量4.1 Kg
メーカー推奨年齢12〜132ヶ月
固定方式シートベルト

成長に合わせて3通り(チャイルドシート、ジュニアシート、ブースターシート)に使用できるロングユースタイプ。

お子様の体型に合わせてヘッドを高さ調節できたり、背もたれを約20度リクライニング調節して快適な座面を確保します。

ヨーロッパ企画であるECE-R44に適合しているので安心です。

日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECプラス

サイズW34×H54~59×D30cm
重量2.9 Kg
メーカー推奨年齢12〜48ヶ月
固定方式シートベルト

本体が非常に軽いので、脱着が簡単で折り畳みもできるので、使用しないときはトランクにしまえますし、普段使いにもOKなのが便利です。

カバーは取り外してお洗濯できるのでいつも清潔にお使いいただけます。

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック GG  (1才頃~11才頃対象)

サイズW440×D450×H670mm
重量5.3 Kg
メーカー推奨年齢12〜132ヶ月
固定方式シートベルト

もしもの衝撃から守るために本体頭部に超・衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載していますので、やわらかい赤ちゃんの頭を守ります。

コンパクト設計だから家族みんなでゆったり座れて、軽量なので取り付けも簡単!

汚れやすいシートも洗濯機で丸洗いできるのが嬉しいですね。

Joie(ジョイー) チャイルドシート 04 

サイズW43×D50×H62cm(リクライニング起こした時) / W43×D70×H49cm(ベビーモード時)
重量6.25 kg
メーカー推奨年齢0〜48ヶ月
固定方式シートベルト

joiieは「ママリ口コミ大賞のベビー・チャイルドシート部門」で入賞している、安全性が高く人気のあるイギリスのメーカーです。

軽量だから簡単に装着、移動ができて、コンパクトだから社内も広々!軽自動車やコンパクトカーにおすすめです!

GRACO (グレコ) ジュニアシート(チャイルド&ジュニア) エアポップ 

サイズ【背もたれ付き】幅44.2 × 奥行41.3 × 高さ67.2~75 (cm)【座部のみ】幅43.3 × 奥行36.8 × 高さ22 (cm)
重量5.2 Kg
メーカー推奨年齢12〜132ヶ月
固定方式シートベルト

本体のいたるところにエアホールを配置し、汗っかきなお子さまの快適をサポート!

お子様の成長に合わせて3段階にモードを変更し、1歳頃から11歳頃まで使用できる、ロングユース仕様です。

ヨーロッパ企画であるECE-R44/04に適合しているので安心です。

Joie(ジョイー) ISOFIX固定 チャイルドシート Arc360°(アーク360°)  0か月~

サイズ後ろ向き:W46×D65~68×H53~64cm /前向き:W46×D51~55×H63~78cm
重量11.9 kg
メーカー推奨年齢0〜48ヶ月
固定方式ISO-FIX対応

joiieは「ママリ口コミ大賞のベビー・チャイルドシート部門」で入賞している、安全性が高く人気のあるイギリスのメーカーです。

ISOFIX(アイソフィックス)対応なので取り付けがシンプルで間違った取り付けをする心配がありません。

シートが360°回転するので動きにくい車内の中でもラクにお子様を乗せてのベルト装着が可能です。

Child Guard(チャイルドガード) タカタ04 アイフィックス ISOFIX チャイルドシート (0~4 歳向け)

サイズW415×D620×H655
重量11.2 kg
メーカー推奨年齢0〜48ヶ月
固定方式ISO-FIX対応

クルマへ取り付けのしやすさにこだわったセパレートISOFIXチャイルドシートです。

保管する時はセパーレートした状態での保管ができるので、かさばらずコンパクトに重ねて収納が可能。

国土交通省の安全性能評価試験「チャイルドシートアセスメント最高評価獲得」、「グッドデザイン賞受賞」、「ペアレンティングアワード受賞」などの、高い安全性能と安心機能が外部機関からも高く評価されています。

日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECFix

サイズ幅40×奥42×高さ64~69cm、【収納時】幅40×奥行45×高さ39cm
重量7.3 kg
メーカー推奨年齢12〜84ヶ月
固定方式ISO-FIX対応、3点式シートベルト

ISOFIXでも3点式シートベルトでも取付け出来るデュアル方式を採用。

使わない時は座面をクルッとたたむだけで、すっきりコンパクトになります。車のトランクの中でもかさばりません。

ヨーロッパ企画であるECE-R44/04に適合しているので安心です。

まとめ

キャンピングカーも普通車と同じように6歳未満のお子さんが車に乗る際には、必ずチャイルドシートが必要です。

ベッドがあるからといって、お子さんをベッドに寝かせたまま走行するのは、とても危険ですし、道路交通法にも違反します。

キャンピングーは普通車とシートの形状やシートベルトが異なっている場合があるので、事前確認は必ずしましょう!

キャンピングカーの走行中に、ベッドで寝るのは違法?

2019.10.22

キャンピングカーでもシートベルトは必須!シートベルトをして安全を確保しよう!

2019.10.24

 

campingcar webではレンタルキャンピングカーのマップを作っています!

是非マップからキャンピングカーをレンタルしましょう!