キャンピングカーで外部電源を取り込んで電化製品を使おう!

どうも、皆さんこんにちは!

キャンピングカーの車内にはコンセントがついているから、家庭で使っている電化製品をそのまま使えると思っている方が多いと思います。

実は、電化製品の種類や使う時間にもよりますが、コンセントは外部電源を繋がないと使えません。

シーダブ犬
シーダブ犬
ん??外部電源??

今回、ご紹介するのは「外部電源」。

また、外部電源を取らなくても使えるシガーソケットやUSB差込口も合わせて紹介していきます。

キャンピングカーで外部電源を取り込んで電化製品を使おう!

キャンピングカーの電気について

まずはじめに、キャンピングカーの電気についてお話ししたいと思います。

  • サブバッテリー
  • インバーター
  • 外部電源

サブバッテリー

キャンピングカーにはサブバッテリーがついています。

車内の冷蔵庫・照明・ルーフファン・水道ファンなどは、サブバッテリーから電源を供給しています。

サブバッテリーとメインバッテリーは別々の回路となっているので、サブバッテリーが空になってもエンジンはかかります。

ちなみに、サブバッテリーは走行したり、ソーラーパネルを使用して充電できます。

インバーター

サブバッテリーの電気は直流12ボルトなので、そのままでは家庭用AC100ボルトの電気が使えません

キャンピングカーで家庭用の電化製品を使いたい場合、サブバッテリーに蓄えられた12ボルトの電力をインバーターという装置で変圧してAC100ボルトに変換してから、電化製品に供給しています。

サブバッテリーやインバーターの容量にもよりますが、消費電力の大きい電化製品をインバーターを動かして使用するはあまりオススメできません。

短時間の使用なら問題ありませんが、長時間使ってしまうとサブバッテリーがすぐに空になってしまいます。

外部電源

消費電力の大きい電化製品を使用するときは外部電源を使用しましょう。

外部電源はサブバッテリーを使わないで、外部から電気をとって来くので電化製品を使うことができます。

AC電源のあるオートキャンプ場やRVパークなどの、外部電源があるの場所から電源をとることができます。

シーダブ犬
シーダブ犬
もっと、外部電源について教えろよ!

外部電源って何??

キャンピングカーを使ったことが無ければなかなか馴染み無い単語かなと思います。

外部電源とは施設の電力をキャンピングカーに取り入れる事を言います。

つまり、施設に取り付けられているコンセントからキャンピングカーにAC100ボルトの電源を引っ張ってくるのです。

外部電源を使用するとどうなる??

外部電力を取り入れることによって、キャンピングカーに付いている各所のコンセントから家電製品が使用できるようになります!

それによって、例えばドライヤーが使えるようになったり、ポットが使えたり、カメラの充電などができるようになります。

プロジェクターを持ち込んで、キャンピングカーの車体に映し出しても面白いかもしれませんね!

普段、ご家庭で使っている電化製品を使うことができるのです。

そので、色んな遊び方をして頂けたらいいなぁと思います。

シーダブ犬
シーダブ犬
エアコンつけてくれ!

外部電源の使い方

では、外部電源の使い方を紹介していきます。

※クレソンボヤージュの場合です。

外部電源の取り方

外部電源のコードがキャンピングカーのエントランス左側の下の棚に入っております。

この外部電源のコードを取り出して、車体の右側に移動してもらいます。

すると、外部電源のコンセントの金属キャップが車体に着いているのが確認できますね。

このキャップをクルクルと外していきます。

外したら今度は外部電源コードの穴が二つ空いている方を差し込みます。

溝の位置をよく確認しながら差込ましょう。

キャンピングカーと外部電源コードを連結・固定するための金属を時計回りで回します。

調度、私が指で持っている部分です。

あとは施設のコンセント差込口を探してコンセントを差し込みましょう。

これで外部の電源を取り入れることができます。

シーダブ犬
シーダブ犬
それだけ?簡単じゃん!!

コンセントはどこ??

外部電源を取り入れると、キャンピングカー車内でコンセント差込口が使えるようになります。

そこで、どこにコンセント差込口付いているかと言いますと、

 

助手席の後ろや、キッチンスペース下にあります。

シーダブ犬
シーダブ犬
そんなことにあったの?!

インバーターの使い方

せっかくなので、インバーターについてもご説明しようと思います。

一般車と同じように運転席部分のシガーソケットやカーナビのUSB差込口からエンジンをかけながらスマホの充電は可能になります。

ですが、キャンピングカーはサブバッテリーを積んでいますので、エンジンをかけなくても消費電力の小さいものなら使えます。

使い方

エンジンを切っても電装系のメインスイッチをつけるだけで動きます。

場所は助手席後ろ側の下の方にあります。

上2つがシガーソケットで、下はUSB差込口になります。

メインスイッチを入れて、USB差込口が青く光って入れば使用可能です!

注意点

一応、注意点を言っておきます。

外部電源を使用していない時はシガーソケットやUSB差込口は使えるけど、やっぱりキャンピングカーのコンセントは使えません。

そしてコンセント使用時、1400Wまでとなります。

それ以上のW数の物を使ってしまうと故障の原因となりますので注意してください。

まとめ

以上でキャンピングカーの電気の使い方の説明を終わります。

正しく使用して、安全にキャンピングカーの旅を楽しみましょう。

【キャンピングカーの電気】キャンピングカーの電源と電気の使い方をまとめてみた!

2019.10.18

防災時にキャンピングカーがあるとオススメな6つの理由。準備しておくもの。

2019.04.12

 

なお、campingcar webではレンタルキャンピングカーのマップを作っています!

是非マップからキャンピングカーをレンタルしましょう!