【キャンピングカー「ライトエース 」整備記録2】中古ETC取り付け!車のインパネの外し方!

ども、サルーす。

前回はETCを取付ける前の、下準備をご説明いたしました。

今回はETCの電源をオーディオの配線から供給しようと考えているので、「ライトエース 」のインパネ(センターパネル)の外し方のご説明をしたいと思います。

インパネって?

正式名称はインストルメントパネルと言い、省略してインパネと呼ばれています。

運転席の正面に設置されているスピードメーターを始め、様々な計器類を指します。

ちなみに、私の認識としてはダッシュボードは助手席前の収納スペースのことを呼び、それ以外の部分をインパネと呼んでいます。

ライトエースのインパネ(センターパネル)

赤い点線の部分を外すよ〜。

今回はライトエースのインパネ外し。

ETCの取り付けの際にオーディオケーブルから電源を確保するためにインパネの中の点線部分(センターパネル)を外します。

補足
あくまでも私はオーディオケーブルから電源を取りましたが、必ずしもそこから電源供給をしないといけない訳ではありませんので、他からアクセサリー電源を取っても構いません。

インパネの外し方を紹介

事前にTOYOTAのディーラーからインパネ部の図面と外し方の説明をしてもらいました。

それに沿って順番に外していきます。

  1. エアコン関連のスイッチを外す
  2. スイッチ内のネジ2本を外す
  3. 室内循環レバーのスイッチを外す
  4. パネルを外す

1.エアコン関連のスイッチを外す

エアコンの吹出し位置・温度調整・風量調整の各スイッチ

工具は何も使いません。

ただ、力を入れて真っすぐに引張って抜きます。

シーダブ犬
シーダブ犬
おいおいいきなりパワー技かよ。

2.スイッチ内のネジ2本を外す

次に赤い丸のネジ2本を外しせば、インパネを固定しているものは無くなります。

この時。外した部品は無くなると面倒です。

しっかり保管しておきましょう。

室内循環レバーのスイッチを外す

続いてエアコン関連スイッチの上にある室内循環レバーのスイッチ真っすぐに引張って抜きます。

こっちの方が簡単に抜けると思います。

シーダブ犬
シーダブ犬
上の写真は既に外してあるね。

4.パネル外し

今回の一番の見せ場。

パネルを取り外します!

本当に毎回、内張りやパネルを外すときの緊張感ってイヤですよね。

今回は内張剥がしを用意してあるので、パネルには全体に爪がありますので隙間にグイッと差し込みながら少しずつ慎重かつ強引に引っ張って外していきます。

この時にシフトノブを「N(ニュートラル)」にしておくと、パネルを外す時に邪魔にならないです。

注意
作業中はサイドブレーキはしっかりと引いておくように!

 

本来はパネルの裏にあるデフ・A /C・ハザードの各スイッチのカプラーを全て外すとパネル全体が外れるのですが、手抜きをしてシフトノブ横にあるスイッチのカプラー(写真左)のみを外して作業を進めました。

まとめ

このエアコン部分のインパネが外れれば、次はETCの電源を取る作業となります。

一番最初は硬いので頑張ってインパネを外してみてください。

★今回のお役立ちアイテム

「パワーシード Powseed 内張り剥がし」

次回は「ライトエース 」での電源の取り方についてご説明したいと思っています。

 

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

サルー

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。