これが世界のモーターホーム!【WINNEBAGO(ウィネベーゴ )”FUSE WF423T(フューズWF423T)”】

FUSE WF423T

皆さんこんにちは、
youtube【キャンピングカーTV】のTackleです♪( ´▽`)

 

本日紹介するキャンピングカーは、

WINNEBAGO(ウィネベーゴ )社の「FUSE WF423T(フューズWF423T)」というキャンピングカーになります!

キャンピングカーの本場、アメリカの会社が作っていまして、
日本ではニートRVさんが代理店を勤めています。

ニートRVさんの歴史を見ると、平成3年に事業部ができたところからスタートしておりまして、主に米国製のRVを輸入している会社さんです。
本社は千葉県千葉市。敷地面積は2600坪ですって!

一方のウィネベーゴというメーカーは、
アメリカのRVのリーディングカンパニーで1960年ごろに誕生した会社さんのようです。

 

基本情報

全長 7,350mm
車幅 2,320mm
車高 3,110mm
室内高 不明
車両重量 不明
排気量 3200cc
乗車定員 7名
就寝定員 4名
ベース車 フォード・トランジット350HD
車両本体価格 ¥13,500,000円(税別)

 

キャンピングカーという言葉、実は和製英語でして(通じないこともないけど)
本場アメリカでは「Motorhome(モーターホーム)」と呼ばれます。
動く家。
キャンプという言葉のイメージが強い日本とは概念が違います。

キャンピングカー紹介

それでは、「FUSE WF423T(フューズWF423T)」の外観や内装を見ていきましょう。

外観

FUSE WF423Tの外観

FUSE WF423Tの外観

こちらが外観。
全長が7.3mと日本のキャブコンの5mよりも更に大きな車になります。
ベース社はフォードのトランジットという車で、アメリカでは比較的小さいサイズのキャンピングカー(以下、モーターホーム)になるんだそうです。

横幅も日本の法律では2.5m以内出ないと走れないのでギリギリのサイズ。
大きくてまっすぐな道をひたすら走りたくなるようなキャンピングカーですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
さすがの俺もちょっとビビるな。

◆スライドアウト

モーターホームのスライドアウト

モーターホームのスライドアウト

なんとなんと、スライドアウトと呼ばれる作りで、
停車中には室内を外側に広げることができます。
アメリカでは小型に分類されるサイズの車で室内を広くするための工夫なんだと思います。
アメリカの規模の大きさは計り知れませんWWWW

僕が調べたところによると、
世界的にエコの概念が進むにつれて、アメリカでも「車は大きければ良い」という考えに変化が起こっているそうです。
更に更に、アメリカ車としては驚きのディーゼルエンジンを採用しています。
アメリカは資源が豊富なので、長きにわたりガソリン車がアメリカ人に好まれてきました。
(ガソリンが安い他には、ガソリン車特有のスムーズな噴き上がりと、心地よいトルク感があるようです)

 

室内

◆運転席

FUSE WF423Tの運転席

FUSE WF423Tの運転席

パワーストロークと呼ばれるエンジンは、3.2㍑ 直列5気筒のターボディ-ゼルエンジンとなっており、ガソリンエンジン並みの静粛性とスムースさを実現しているんだそう。
(もちろん乗ったことないのでわかりませんがWWW)

駆動方式は2WDのFRとなっています。欧州車ではほとんどがFFなんだそうですが、
FRのメリットとしては、

架装重量が増えると車両後部が重くなり、前輪駆動のFF車はタイヤの前輪にかかる圧が減りますよね。
そのため駆動力が不安定になります。
雪道・泥道などのスリッピーな路面では、エンジンのパワーが十分に伝わらないことがあり不安定な走行になってしまう場合もあるんだそうです。

 

◆ダイネット

運転席・助手席がくるっと回転するので、食事をそのまま取ることができます。
テーブルの後ろの席は当然走行中に座ることができます。

 

◆キッチンスペース

FUSE WF423Tのキッチンスペース

FUSE WF423Tのキッチンスペース

キッチンスペースは意外とシンプルというか、日本のキャンピングカーとあまり変わりません。
逆に言えば、使い勝手が良さそうです。
必要以上に大きくても車内の空間が狭くなってしまいますからね。

FUSE WF423Tの冷蔵庫

FUSE WF423Tの冷蔵庫

逆に冷蔵庫は桁が違いますね。画面に入りきらないほどの大きさでした。
150L入る家庭用と同じタイプの冷蔵庫。もちろん冷凍庫もついています。

シーダブ犬
シーダブ犬
1段俺の飯用に使わせてくれ。

 

◆ベッドルーム

FUSE WF423Tのベッドルーム

FUSE WF423Tのベッドルーム

常設ベッドという表現では不適切。
ベッドルームという言葉が正しいですね。
スライドアウトで広くなった車内で落ち着いた空間となっています。

クイーンサイズは特殊構造となっており、長旅の疲れが出ないように高品質のものが採用されています。

 

◆シャワールーム

モーターホームのバスルーム

モーターホームのバスルーム

日本のキャンピングカーではトイレルームをマルチスペースと呼びます。
というより、マルチスペースにトイレをつけます。

やっぱりアメリカなのでシャワールームという表現にしました。笑
当然シャワールームの扉は閉められますのでご安心ください。

 

ニートRVさんの公式HPはこちらから
http://www.neatrv.com

 

Tackle’s Point

一番最初に見た時に、衝撃が走ったこの車。
ありきたりな言葉で申し訳ないですが、世界は広いなぁと本気で感じました。
車というより、家の概念。
アメリカのアウトドア文化に触れた気がしました。

 

ニートRVさんの詳細はこちら

〒264-0021 千葉県千葉市若葉区若松町2248-1
 
TEL 043-234-5000
定休日/火曜日・第二水曜日 営業時間 AM 9:30~PM 6:00
 
HPはこちら
http://www.neatrv.com
 

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!