料金が格安すぎるキャンピングカーレンタル会社には注意しよう。

どうも。ボタモッチでございます。

キャンピングカーをレンタル するときに料金が格安という理由だけで決めてしますのは危険です。

キャンピングカーレンタルをするときの注意点をまとめています。

初めてキャンピングカーをレンタル する人、これからレンタル しようと思っている人にぜひ読んでもらいたいです。

万が一のために保険内容をしっかりと確認しましょう

 

料金が格安すぎるキャンピングカーレンタル店を選ぶときは注意しよう。

お店を見つけたらHPを確認

近くにお店があったら、HPを確認しましょう。

キャンピングカーのレンタル会社は個人でやっている会社や自動車整備の会社、ガソリンスタンドの会社が運営をしている場合があります。

まずHPの印象や更新頻度を見ましょう。

サービスの質は様々なのでまずHPを確認しましょう。

必ず借りる前に車両見学に必ず行こう!!

HPで自分たちが乗りたい車を決めて、連絡し、必ず事前に見学に行きましょう。

見学するときは必ず予約をしてから行きましょう。

急に行っても貸し出しされている場合もありますので予約をして行きましょう。

見学に行きましょうとお勧めする理由は、キャンピングカーレンタル店で車の年式にかなりの差があります。

以前自分で見学せずに借りたら年式の古い車両を貸し出されて嫌な思いをしました。

キャンピングカーは内装のレベルや車種で料金が大きく違います。

少し古い車種でも内装をリニューアルしてある車だとものすごく快適なので年式だけでは判断しにくいですね。

値段だけで車種を決めてしまうと古い車だったり、メンテナンスがされていない可能性もあります。

楽しい旅行が整備不良で台無しになると悲しいので、値段だけで決めるのは気をつけましょう。

料金システムを確認しよう。

料金の計算方法も様々なので、確認しましょう。

1時間、12時間、24時間計算で加算していくところが多いと思います。

遅れた時の追加料金も確認しておきましょう。

格安だと思って借りたとしても追加料金で思っていたよりも高いとならないようにしましょう。

返却時間を確認しよう。

返却時間は必ず確認しましょう。これ、結構見落としがちなので皆さん、注意して下さい。

レンタルキャンピングカーの店舗の営業時間は8時〜17時だったり、20時だったり

店舗によってまちまちです。

なので、返却時間が営業時間を過ぎてしまうと翌日の対応になってしまうこともあります。

私も以前借りた時に返却時間が少し遅れてしまったので、お店に問い合わせると

本日の営業は終了してしまいましたので、翌朝返却をお願いします。」

と言われました。

とりあえず料金はおいといて、

「明日月曜日だから会社だし!!」

。。。。。

お願いしてもダメだったので会社抜けて返却した思い出があります。

 

料金が格安すぎるキャンピングカーレンタル店の保険は必ず確認しよう。

なぜキャンピングカーレンタルで保険が大事なのか?

キャンピングカーは高級車です。

一般のレンタカーの車種と違います。

高級車のポルシェやレクサスをレンタルしているのと同じです。

キャンピングカーの価格はキャブコンで600万〜です。

レンタル で1000万以上する車両を扱っている会社もあります。

修理出来る場所も少ないため、時間、費用もかかります。

事故を起こした時の支払いは確認しておきましょう。

事故を起こしやすい

キャンピングカーは車高、車幅ともに普段運転している車よりも大きくなります。

普通車に比べると事故率も上がってしましいます。

レンタル する場合は普段行かない場所に移動することが多いと思います。

気をつけて運転しましょう。

 

保険の金額

一日でいくら負担するのか金額を確認しましょう。

レンタル 料金が安いけど、保険の料金が高いと合計金額で割高になってしまうこともあります。

事前に確認しておきましょう。

保証内容

他物、対人の保険は無制限であることは確認しましょう。

ノンオペレーションチャージ(デポジットのようなもの)

事故を起こした時に車両を返却した時にお金をとりあえず預けます。

修理代金がノンオペレーションチャージ代金よりも少なければ返却されます。

逆に修理代が高ければ追加料金を請求されます。

保険の免責額(修理代金の支払う上限金額を確認)

修理代100万です。

「そんなに払えない!!」となります。

というわけでレンタカーの保険には必ず入りましょう。

因みに修理代金の負担は保険の免責額で違います。

レンタカー会社で差があるので確認しましょう。

例 保険の免責額10万円 修理代100万円 払う金額10万円 

営業保証日数の上限を確認しよう。

営業保証日数ってなに?

修理に出している間、車を貸せなくなるので、レンタカー会社は営業保証を請求します。日数×2万円のように書いてあります。

注意事項は上限日数です。上限日数30日だと最大30×2万円=60万になります。

実際に事故を起こしたらいくら負担するの?

保険に加入していた場合

最大の事故を想定しました。

事故で車が廃車になります。

廃車 保険の免責代金 10

営業保証(上限) 2×30日=60

10万+60万=70

70万を支払わないといけないです。

大きな事故を起こして車が廃車になっても70万で済みます。

保険に加入していない場合

保険に入っていないと廃車になると

保険なし 車両代800

営業保証(上限) 2×30日=60

800万+60万=870

まとめ

キャンピングカーレンタル店のサービスの質も様々ですので、後でトラブルにならないように見学の時に接客や対応をよくみておきましょう。

やっぱり、親切な店員さんがいるところで、気持ちよく借りたいですね。

また、事故は自分だけの責任でなく、追突や玉突き事故で巻き込まれることもあります。

まず大事なのは、安全確保です。

そのあとは手順に沿って、警察、レンタル会社に連絡しましょう。

値段だけで判断するのではなく、実際に見て相談してレンタルしましょう。

必ず保険には加入しましょうね。

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村