ナッツRV「ボーダーバンクス タイプT」

みなさんこんにちは、Tackleです♪( ´▽`)!

本日紹介するキャンピングカーはこちら!

ナッツRVの「BORDERBANKSType-T2」

ボーダーバンクスタイプTの基本情報

全長 6,255mm
車幅 2,230mm
車高 3,020mm
室内高 不明
車両重量 不明
排気量 4,009cc
乗車定員  6名
就寝定員  6名
 ベース車 トヨタ コースター ビッグバン<LX> ハイルーフ 標準ボディ
車両本体価格 メーカーHPをご覧ください

この車を作っているのがNuts RVさん。北九州に本社がある会社さん。
キャンピングカーファンなら誰もが知ってる、日本一のキャンピングカー屋さんです。
2001年には中国に工場を設立。2013年にはフィリピンに工場を設立と、
キャンピングカー業界でトップを走り続けています。

ボーダーバンクスタイプTの外装内装

ボーダーバンクスの外装

BORDERBANKS(ボーダーバンクス)は全長が6.5mと、
バスコンでは珍しいサイズかもしれません。バスコンは7mサイズのものも多かったりするので。
また少し前に、24年ぶりとなるフルボディチェンジを行い、日本最高級のキャンピングカーの一つとしての確固たる地位を確立しました!

車体自体は大きいですが、最小回転半径が5.5mと小回りがききます!
小型のバスって、結構街中の狭い道走ってますもんね。
運転してみたいものです。

ボーダーバンクスの内装

運転席

運転席部分は高さを感じますが、バンパーが出ていないので運転はしやすいと思います。

ダイニング

「調光」を使って視覚的なリラクゼーション設備も取り入れ、家具の色調は前のモデルから受け継いでいるようです。
やっぱり、ダイネット部分はナッツさんテイストが出てますね。

大勢でもゆったりできるスペースがあります。
キャブコンと横幅はそんなに変わらないのに、ものすごい開放感と高級感。
バスコンならではの高さと長さ故ですね。
こちらのダイネットはベッド展開もできるので、ゲストが来ても大丈夫!

ギャレー

コンロは2口。シンクはスレンレス製となっています。
このように締めておけば作業台としても使えます。
生活感を隠せるのも嬉しいポイント。
ちなみにシンクの下には90Lの冷蔵庫があります。ダイネットに座りながら届くいちに配置されているんだとか。

マルチスペース

リアにはベッドルームにつながる階段と、
その手前にはマルチスペース。
階段の照明が美しい。

マルチスペースはこのようにシャワーだってつけれちゃいます!
輸入車にはよく見る作りですが、日本のキャンピングカーだって負けてませんね!

就寝スペース

6.5mのボディサイズでは日本初となるツインベッド使用仕様に。
こちら真ん中のスペース部分にマットを敷けば特大サイズのベッドとして使うこともできます。
そのサイズなんと、1400mm×2020mm。

まとめ

日本最高級のキャンピングカーですので、購入にはかなりの勇気がいるかもしれません。
そりゃキャブコンやバンコンよりは数が少ないバスコンですが、
これだけの設備があるので、覚悟さえ決めちゃえばいい買い物になるのでは。

キャンピングカーの内装や設備を徹底解析!意外と簡単に使える!

2019.07.23

NUTS RV/ナッツRV「CREA 5.3X Evolution/クレア5.3xエボリューション」

2019.10.26
本日の用語の解説・キャンピングカーのツインベッド
当然ですが、ツインベッドを作るにはかなりの横幅が必要になります。
ダブルベッドよりも人数が増えるとツインベッドって本当に助かります。
出張先のホテルがダブルベットだったら大変ですもんね。