テントはクリーニングに出した方がいい?キャンプ後のテント保管方法

近年、手ぶらでのキャンプや、グランピングが大流行しています。それでも、アウトドア好きの中には、「やっぱりキャンプといえばテント泊!」マイテントが宝物!」という方も多いのではないでしょうか。組み立てや持ち運びに手間がかかるものの、マイテントに泊まると、「キャンプに来た!」という実感が湧きますよね。

そんなキャンプ上級者の方も、テントのお手入れについては、あまりご存じない方もいるのではないでしょうか。大事なテントですから、きちんとお手入れをして、長く使いたいものですよね。

今回は、テントの保管方法やクリーニングについてまとめてみました。

 

自宅でテントを保管するなら


テントやシュラフの保管場所、どうしていますか?やってはいけないのが、「汚れを落とさないまま、袋に入れて放置」「屋外の物置で雨にさらされた状態で放置」。きちんと汚れを落として乾燥させた状態で、室内保管がベストです。

まず気をつけたいのが、湿気。食べこぼしたり、雨で濡れたりしたテントをそのまま収納してしまうと、湿気でカビてしまうことがあります。キャンプが終わったら丁寧に水洗いし、陰干しして乾燥させたうえで収納しましょう。乾燥剤と一緒にしまっておけば安心です。袋に入れておくのではなく、ハンガーなどに吊るしてふんわり感を保てるようにするのがベスト。

 

テントクリーニングをお願いするなら


テントを清潔に保ちたい人のために、クリーニング専門の会社に依頼することもできます。クリーニング専門の会社なら、汚れ落としからカビ防止加工、撥水加工、UV加工から乾燥までをすべてお任せできます。大きなテントからソロキャンプ用のテントまで、お気に入りのテントを任せられるサービスは、キャンパーの間で人気を集めています。

テントクリーニングの流れは、ざっくりと「郵送・持ち込み」「テントの洗濯」「加工」「乾燥」「受け取り」の5ステップ。それぞれについて解説します。

(1)テントの郵送・持ち込み

テントをテントクリーニングのお店に郵送するか、直接店舗に持ちこみます。キャンプの後、汚れたままでOK。一般的な洋服のクリーニングと同様ですね。

(2)洗濯

クリーニング店の職人さんがテントを検品し、専用の洗剤などを使って丁寧に汚れを落とします。

(3)加工

オプションメニューとして、さまざまな加工をしてくれるお店もあります。具体的には。カビ防止のための加工や撥水加工、UV加工など。プロならではの薬剤を使い、カビの発生を防止したり、水をはじいたり、紫外線から肌を守ってくれるための加工をしてくれます。

技術は日々進化していますが、お店によっては取り扱いのないところもあるので注意。追加したいオプションメニューがある場合は、あらかじめお店のWebサイトをチェックしたり、電話などで問い合わせをしたりしておくと安心です。

(4)乾燥

最後の仕上げとして、テントを乾燥させます。お店によって乾燥方法はさまざま異なり、乾燥機を利用しているお店もあれば、自然乾燥してくれる会社も。お急ぎの場合は乾燥機を利用してもらう、そうでない場合は丁寧に自然乾燥してもらうといいでしょう。

(5)受け取り

待ちに待った受け取りです。預けたテントがきれいになっていることを確認して、完了!次のキャンプに備えて、きちんと保管しておきましょう。

 

いくらかかる?テントクリーニングの料金


テントクリーニングにかかる料金は、お店やテントのサイズ、素材などによって異なります。また先述した通り、抗菌加工、撥水加工、UV加工などのオプションメニューの有無によっても変わってきます。

詳しく知りたい場合は、ご自分のテントのサイズや希望の仕上がりを伝え、見積もりをとってみるのがいいでしょう。このとき、クリーニングにかかる日数もあわせて確認しておきましょう。

ここでは、テントクリーニング会社として信頼を集める2社のWebサイトをチェックしてみました。

まず「テントクリーニング.com」。Webサイトの「料金」より料金表を確認できます。サイズや素材によって料金が異なっています。

【テント】

2畳(3.2㎡)4,400円
4畳(6.4㎡)6,600円
6畳(9.6㎡)8,800円
8畳(12.8㎡)11,000円
10畳(16.0㎡)13,200円

【コットンテント】

2畳(3.2㎡)6,600円
4畳(6.4㎡)9,900円
6畳(9.6㎡)13,200円
8畳(12.8㎡)16,500円
10畳(16.0㎡)19,800円

【エアーテント】

2畳(3.2㎡)6,600円
4畳(6.4㎡)9,900円
6畳(9.6㎡)13,200円
8畳(12.8㎡)16,500円
10畳(16.0㎡)19,800円

その他、フライシートやタープ、グランドシート、インナーマットなどのクリーニングも可能です。

次に、「洗匠屋」。こちらもWebサイトから料金表が確認できます。テントの項目を見てみると、「ウィングタープ・ヘキサタープ」が4,950円~8,250円 (税込)とのこと。テントに限らず、ウェアや寝袋なども依頼できます。

ご紹介したテントクリーニング会社
テントクリーニング .com:https://tent929.com/index?2
 
洗匠屋:https://www.sentaku-ya.jp/

 

テントのクリーニングでキャンプをますます楽しく!


今回は、テントの保管やクリーニングについてご紹介しました。大切なグッズですから、プロに任せてきれいにしてもらうのも一つの手。キャンプライフをますます素敵なものにするために、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

All photo by shutterstock