セキソーボディ「TOM200/トム200」

セキソーボディのトム200

本日紹介するキャンピングカーは、

セキソーボディ社の「TOM 200(トム200)」というキャンピングカーで、軽量化した低重心の車両になります。

どんな構造か?すごく気になりますよね!

だいぶ余談ですけど、トムという名前は創業者のツトムさんがトムさんって呼ばれてたところから来ているんだそうです。自分の名前を込めたキャンピングカー!早速見ていきましょう。

セキソーボディ「TOM200/トム200」

基本情報

全長4980mm
車幅1920mm
車高2650mm
室内高不明
車両重量2120kg
排気量2000cc
乗車定員6名
就寝定員大人2名
 ベース車トヨタ ハイエース ロング・標準ボディ
車両本体価格6,120,000円より

セキソーボディさんと言えば、「コスパのいいキャブコン」のイメージが強いです。
1974年に創設された老舗で、キャンピングカービルダーさん内での評判がいいのも印象的です。
(キャンピングカーTVのTackle調べによる笑)

素材もリサイクル可能なリサイクルが可能なアルミを使用。
ボディの強度も上げて低重心で軽量化を成功したキャンピングカービルダーです。
手間暇かけて作られています。

 

「TOM200/トム200」の外装や内装

それでは、「TOM 200」の外観や内装を見ていきましょう。

トム200の外装

セキソーボディのトム200外観

セキソーボディのトム200

一番気になるのがやっぱりバンク部分。
通常のキャブコンですと、
おでこのように出っ張りがありますが、こちらはハイエースの元々の形を崩さぬようなデザインになっています。

と言っても、もちろんデザインだけでなくて

風の抵抗を考えたデザインになっています!
燃費も良くなりますしね!

 

トム200の内装

セキソーボディのトム200

トム200室内

室内はオーソドックスなキャブコンです。
必要なものをシンプルにという印象を受けます。

もちろん、エントランスはこのように網戸も閉められますよー!

 

◆キッチンスペース

セキソーボディのトム200

キッチンスペース

エントランス入って右側(車両の左側後部)にあるのがキッチンスペース。
冷蔵庫の上の部分のスペースにカセットコンロを置いて調理をします。

キッチンスペースの前に窓があるので調理の煙を外に逃がすことができます。

また、シンクのシャワーヘッドは伸びるので外で手を洗ったりすることもできます!

セキソーボディのトム200

シンクの深さに注目

普段は蓋をしておけば調理スペースとして使うこともできます。
シンクはこのようにかなり深さがあるので、

お野菜を洗ったりもできます!

冷蔵庫からの導線もバッチリです!

 

◆ダイネット

セキソーボディのトム200

セキソーボディのトム200のダイネット

運転席後部のダイネット。
向かい合うシートの真ん中にテーブルをつけて対面式になります。

画像右側の窓の下についているバーにテーブルの片方を引っ掛けて使います。
テーブルは一方だけ足がついており、もう一方はバーの所にかけるようになっています。

 

◆ベッド展開

セキソーボディのトム200

セキソーボディのトム200のセカンドシートも簡単に

食事にも使えるソファ部分がベッドになります。
基本的には食事に使って、就寝の人数が多い時の補助ベッドとして考えておくといいと思います。

◆バンクベッド

セキソーボディのトム200

セキソーボディのトム200のバンクベッド

前から見ると、ここまで伸びるのか!とびっくりします。
通常は手前部分をスライド収納しておいて、就寝時に出す作りになっています。

サイズがなんと、1900×1300!

大人2人が十分寝られるサイズになっています。
バンク部分が狭そうな印象を持った方もいるかもしれませんが、手前側を頭にすれば通常のキャブコンと同等の500mmが確保されています。

 

◆バンクベッド

セキソーボディのトム200

セキソーボディのトム200の常設2段ベッド

こちらが車両後部の常設2段ベッド。
僕の背中部分にマルチスペースがありまして、ベッドの足元(画像でいう左側部分)が少し狭くなっています。

トム200というよりはライトキャブコンはこのレイアウトが多いですが、足元なので全然気になりませんよ!

 

◆マルチスペース

セキソーボディのトム200

セキソーボディのトム200マルチスペース

十分なサイズのマルチスペース。
オプションでトイレをつけることもできます。
また、扉にも工夫が。

 

セキソーボディのトム200

セキソーボディのトム200のマルチスペース

マルチスペースは扉を開くと車両後部の常設2段ベッドにアクセスできなくなってしまいます。
そこで扉を折りたたみ式にし、床にロックをかけられるようにしました。
これで冷蔵庫もベッドもアクセスが楽になってます。

キャンピングカーも使いながら進化していくのですね。

 

 

セキソーボディさんの公式HPはこちらから
http://sekisohbody.com/index.html

まとめ

セキソーボディさんは、他のキャンピングカー屋さんからも評判が高いんですよね。
あの車をあの値段で出すのは凄いって。

キャブコン的にはライト(少し小さめ)の部類に入りますが、その分運転もしやすいです。
あとは何と言っても軽量化と低重心。
強度も確保されていますので、結構しっかり走ると思います。

 

セキソーボディさんの詳細はこちら

〒344−0002 埼玉県春日部市樋篭741−4
電話番号:048−760−3377
定休日:水曜日
 
HPはこちら
http://sekisohbody.com/index.html