車中泊に軽バンライフをおすすめする4つの理由

「軽バンライフ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?近年、アウトドア好きのみならず、旅が好きな人や、シンプルに暮らしたい人の間で聞かれるようになった言葉です。

今回は、軽バンライフとはどんなものかや、車中泊に軽バンライフがおすすめな理由などをまとめてみました。

 

軽バンライフとは


「軽バンライフ」とは、「バンライフ」を「軽バン」という種類の車を使って行うことをいいます。

そもそもバンライフ(Van Life)とは、生活に必要なものだけを車に積み込んで、放浪しながら車中泊をし、生活をすること。バンライフとは、一攫千金、ラグジュアリーなライフスタイルを夢みる「アメリカンドリーム」へのカウンターカルチャーとしてアメリカで生まれた文化です。

シンプルでミニマル、自由な暮らしへの憧れは、今やアメリカを中心にヨーロッパやアジアへも広がっています。そして日本でも、SNSや動画配信サイトで自由気ままな生活を発信し、人気を集めるインフルエンサーが増えており、若者たちの憧れを集めています。

 

軽バンって?


軽バンとは、エンジンの配置と駆動方式に特徴があります。エンジンを運転席の下部に置く「キャブオーバー型」や、リアシートの下に置く「ミッドシップ型」としている車種が多いほか、後輪を駆動させる「フロントエンジン・リアドライブ(FR)」や「ミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)」、4輪すべてを駆動させる「4WD」という駆動方式を採用してます。後輪に踏ん張らせることで、多くの荷物を後部の荷室に積みながらもスムーズに走ることができるのです。

ビジュアルに関しては、軽自動車とほとんど変わらないものもあります。あくまで違いは、エンジンの配置と駆動方式にあります。

かつて軽バンは、税制面での優遇もあり、多くの自動車メーカーが生産し、人気を集めていました。しかし、1989年に消費税が導入されることで、状況は一変。割安感が薄まってしまい、人気も下降気味になってしまいました。

そんな背景もあり、今では、製造されている車種が減少傾向に。

有名どころだと「スズキ・エブリイ」「ダイハツ・ハイゼットカーゴ」「ホンダ・アクティバン」や、加えてスズキやダイハツからのOEM供給車両として、「トヨタ・ピクシスバン」「三菱・タウンボックス」「スバル・サンバーバン」「マツダ・スクラム」「日産・NVクリッパー」という名称のものがあります。

 

軽バンライフにおすすめの3つの車種

次に、日本で製造された人気の軽バン「スズキ・エブリイ」「ダイハツ・ハイゼットカーゴ」「ホンダ・アクティバン」について、一つひとつみていきましょう。

軽バンライフにおすすめの車種(1)スズキ・エブリイ

軽バンライフにおすすめの車種の1つ目は、スズキ・エブリイ。1964年から1982年まで製造されていたスズキ・キャリイバンという車種の後継モデルで、キャリイバン時代から55年以上も愛され続けている車種です。

何度かモデルチェンジを続け、最新モデルでは、衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備が特徴となっています。

またスズキ・エブリイは、日本国内のみならず、海外でも愛されています。台湾やインド、韓国で、別の名前をつけて生産・販売されています。

スズキ・エブリイの新車価格は、およそ90万円から190万円。中古車であれば、1万円台から330万円程度が相場だといえそうです。

軽バンライフにおすすめの車種(2)ダイハツ・ハイゼットカーゴ

軽バンライフにおすすめの車種の2つ目は、ダイハツ・ハイゼットカーゴ。スズキ・エブリイと同じく、長く愛されてきた車種です。

ダイハツ・ハイゼットカーゴの初代モデルは、1961年に発表されました。最新モデルでは、乗り心地が向上しているほか、衝突安全ボディが採用されていることにも注目を。

ダイハツ・ハイゼットカーゴの新車価格は、およそ90万円から150万円。中古車であれば、8万円から270万円程度が相場だといわれています。

軽バンライフにおすすめの車種(3)ホンダ・アクティバン

軽バンライフにおすすめの車種の3つ目は、ホンダ・アクティバン。初代モデルが登場したのは、1979年。スズキ・エブリイ、ダイハツ・ハイゼットカーゴよりは短いものの、こちらも20年の歴史があります。

ホンダ・アクティバンは2018年に終了モデルですが、中古車であれば150万円程度までが相場だとされています。

 

車中泊に軽バンライフをおすすめする理由

ここまで、軽バンについてご紹介してきました。次に、軽バンライフが車中泊におすすめな理由を挙げていきます。

車中泊に軽バンライフをおすすめする理由(1)コスパ最高、とにかく安い


車中泊に軽バンライフをおすすめする理由のひとつめは、各種費用がとにかく安くすむことです。

何よりうれしいのは、普通車に比べて軽バンのほうが税金が安いこと。維持費が安く済むので、お手軽に車中泊が楽しめます。特に、キャンピングカーでの車中泊に憧れている人にとっては、キャンピングカーよりもお安く楽しめて、乗用車のような用途でも使える、夢のような車だといえそうです。

また維持費だけでなく、高速料金やフェリー代金が安く済むのも魅力的。日本国内を放浪しながら軽バンライフの車中泊を満喫したい方にとって、見逃せないポイントだといえるでしょう。

いきなり軽バンを購入して軽バンライフをスタートするのは不安という方は、軽バンのレンタルから始めてみてはいかがでしょうか。それであれば、コストはより抑えられますよね。

まずはレンタルから軽バンライフをお試ししてみて、自分との相性を確かめてから、憧れの軽バンライフをスタートさせてみてもいいはずです。

車中泊に軽バンライフをおすすめする理由(2)小回りがきく


車中泊に軽バンライフをおすすめする理由のふたつめは、小回りがきくこと。

軽バンは、キャンピングカーに比べて車体が小さめ。もちろん、その分、乗れる人数が少なかったり、載せられる荷物の量が少なかったりといったデメリットはありますが、人によってはこの「小ささ」が大きなメリットになるはずです。

まず、運転中。放浪していると、さまざまな道を利用せざるを得ません。曲がりくねった山道もあれば、住宅が密集した狭い道もあるでしょう。そんなとき軽バンなら、小さい分、気楽に運転できます。また、「キャンピングカーを運転する自信がない」という方でも、軽バンなら普段と同じ感覚で乗り回せるはず。

また駐車しやすいのもポイント。小ぶりであるため、どんな駐車スペースにも余裕で停められます。大きな車とは異なり、空いていた駐車場の高さ制限にひっかかって、次の駐車場を探し回った……。なんてこともありません。

車中泊に軽バンライフをおすすめする理由(3)ゆっくり過ごせる


車中泊に軽バンライフをおすすめする理由の3つ目は、ゆっくり過ごせること。

キャンピングカーより小ぶりだというと、「そんな小さな車で長時間過ごせるの?」「狭い車内で眠れるのかな?」と心配になる方も多いでしょう。

でも軽バンなら、少人数の旅ならまったく問題ありません。居住性や寝心地は十分で、車中泊も、車内での食事も問題なし。身体の大きさや体勢によっては少々の窮屈さを感じるかもしれませんが、それよりも、ぶらりと出かけられることのメリットのほうが大きく感じるのではないでしょうか。

車中泊に軽バンライフをおすすめする理由(4)秘密基地感が楽しい


車中泊に軽バンライフをおすすめする理由の4つ目は、軽バンならではの秘密基地感!

キャンピングカーも秘密基地のように感じるでしょうが、「外から見れば普通のコンパクトな車なのに、中は私たちだけのスペース」というところに、ワクワク感が増します。

特に、車中泊仕様にDIYをしてカスタマイズした軽バンの秘密基地感は、想像以上のはずです!

 

軽バンライフの車中泊で用意しておくべきアイテム


軽バンライフの車中泊を始める前にチェックしておきたいのが、より快適に過ごすためのグッズ。

こだわるべきポイントは、より車内空間を有効に、広く使うこと。天井にワイヤーネットを設置してハンガーやライトを吊るしたり、イレクターパイプを置いて床下収納を作ったりするのがおすすめです。

また、よりゆったり過ごすためには、マットや間仕切りカーテン、サンシェード、毛布、ホッカイロなども必要。特にサンシェードは、眠っているときや食事をしているときのプライバシーを保つために、準備しておくことをおすすめします。もちろん、寒さ・暑さ対策や、防犯対策にも効果的です。

 

軽バンライフを楽しもう!

今回は、車中泊に軽バンライフがおすすめな理由や、軽バンライフにぴったりな車種などをお伝えしました。

最近注目を集めている、自由さが魅力の軽バンライフ。今後のライフスタイルやアウトドアライフを考えるうえで、ぜひ参考にしていただければうれしいです!

 

All photo by shutterstock