【30年愛され続けるキャンピングカー 】”オークサイド ” KATOMOTORさん

日本一のキャンピングカーブログを目指します!
現在のランキング3位\\\\٩( ‘ω’ )و ////
ここ最近ずっと銅メダル!笑

 

下記のリンクのクリック数で決まるので、クリックいただけると嬉しいです!
只今の順位も確認できます!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

みなさんこんにちは、Tackleです♪( ´▽`)!
本日紹介するキャンピングカーはこちら、

 

 

KATO MOTOR(カトーモーター )さんの

【オークサイドという車になります( ´ ▽ ` )!



 

この車を作っているのがカトーモーターさん。
本社は新潟県三条市。創業は1956年に先代がバイク屋さんを始めたところからスタートしていらっしゃいます。

さすがわものづくりの街、新潟三条!って感じの会社さんで、
かなりインテリアにこだわりのある会社さんです!!!

 

 

インテリアの美しさを際立たせるホワイトのボディ。

基本情報

全長  5,380mm
車幅  1,950mm
車高  2,285mm
室内高  不明
車両重量  不明
排気量  2700cc
乗車定員  8名
就寝定員  3名
 ベース車  トヨタ ハイエース
車両本体価格  ¥5,954,040(税込)

 

外から見たら二度見してしまう車内のインテリア。

室内のインテリアの質が本当に高いので、
外から見たら二度見してしまいますね。

 

 

 



 

オプションで反転対座加工も。

こちら、運転席・助手席になります。
オプションにはなりますが、反転対座加工ができますので、車内空間を無駄なく使えます。

 

まるで飛行機のファーストクラスのようなシート。

こちらが運転席の後ろにあるセカンドシート。
キャプテンシートと呼ばれる贅沢なシートは、高級な木を使うことによって、さらに快適度が増しています。
天気のいい日に、窓を開けてリクライニングさせてお昼寝なんて最高ですね。
足を伸ばせるフットレストまで付いていて、自宅のソファーよりも高級品になりそうです。
こちら真ん中にテーブルをつけることもできますので、ダイニングとしても使用可能です。

 

車両後部から。

室内の照明も明るさを保ちながら暖かさがあり、落ち着く作りになっていますね。
では、車両後部も見て行きましょう!

 

縦長のキッチン。

車両後部はキッチンスペース。すっきり便利なストレートキッチンとなっています。
ステンレスシンクとガスコンロがついていますが、ガスコンロは家庭用のカセットコンロのガス缶で対応可能です。
キャンプで使うツーバーナー的な感覚だと思ってください。

 

跳ね上げ式のベッドは室内の空間を広く使えます。

 

キッチンの反対側がベッド展開できます。
実はこれ、2段ベッドになっています。跳ね上げ式と呼ばれる2段ベッドで、普段はこのようにスッキリ収納できちゃいます!
運転中は、こちらのソファに4人も座れちゃいます。
下段ベッドはキッチンとの間のスペースにマットを敷けば大人2人がゆったり横になれるダブルベッド。
サイズはなんと1200mm×1800mmです!

 

 

カトーモーターさんのHPはこちらから
http://www.katomotor.co.jp

Tackle’s Point

インテリアに使われているナラの木は高級品なので、一生使い続けることができます。
セカンドシートのキャプテンシートもフットレストも付いているので抜群の快適性です。
値段もこの質の車にしたら、コスパがいいので、ご夫婦お二人をメインで考えている方にぴったりな車です!

 

本日のキャンピングカー用語の解説
・反転対座加工

運転席・助手席を倒して、車両後部側に座るようにした加工。
室内のスペースを有効活用できるので、バンコンにおいてちらほら見かける。
個人的に、ベッドの上で食事をするのが嫌なので、このつくりが好きです。

口コミ

サルー
サルー
良いインテリアが多くて高級感がありますね。
座席が回るから部屋として使えるスペースは大きよね。
CAMPたかにぃ
CAMPたかにぃ
シーダブ犬
シーダブ犬
ワン!!
職人さんが作ったキャンピングカーですね。
一台一台ハンドメイドの違いがあって良いですね。
ボタモッチ
ボタモッチ



 



The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!