【こんなキャンピングカーに乗ってみたい】フォルクスワーゲンタイプ2

ども。サルーす。

VW?

フォルクスワーゲンです。

誰もが一度は見たことがあるでしょう。

  • 「ビートル」
  • 「ワーゲンバス」
  • 「ゴルフ」

などを 生産しているドイツのフォルクスワーゲンAG社。

それと、VWが丸の中にあるエンブレムも有名でしょう。

私も昔から大好きなメーカーでビートルのオフロード仕様の「バハバグ(Baja Bug)」を 本気で買おうと思っていた時期もありました。

VWの歴史をまとめてみた

フォルクスワーゲンは1937年にドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルに本社を置く自動車メーカー。

しかも、第二次世界大戦前に、当時のドイツの政治家アドルフ・ヒトラーの政策で「国民に自動車を普及させる」 ということを目標に創業されました。

主なモデルの発表を振り返りながら歴史を見て行きましょう。

1937年 ドイツ国民車準備会社として設立。
1936年 プロトタイプ「VW3」が誕生。
1937年 「VW3」をベースに改良を加えられたプロトタイプ「VW30」が完成。
1938年 最終生産型プロトタイプ「VW38」がついに完成。今も根強い人気があり世界中で愛される「ビートル」の完成です。
1945年 「ビートル」から「タイプ1」に車名が変更。
1950年 「フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)」をベースに開発された キャブオーバーワンボックス車である「フォルクスワーゲン・タイプ2」が誕生。
1955年 「カルマンギア」を発表。タイプ1をベースとしたスポーティクーペ。
1961年 「タイプ3」を発表。3ボックスタイプの機能的なボディを備えている。
1968年 「タイプ4」(411)を発表。VWの乗用車分野で最後の空冷系列となる。
1970年 「VW181」を発表。
1973年 「初代パサート」を発表。
1974年 「初代ゴルフ」、初代シロッコを発表。
1977年 「ダービー」(ポロの2ドアセダン)を発表。
1979年 「初代ジェッタ」を発表。
1981年 「2代目パサート」、「2代目シロッコ」を発表。
1982年 「 2代目ポロ」を発表。
1983年 「2代目ゴルフ」を発表。
1984年 「2代目ジェッタ」を発表。日産自動車と提携、サンタナ(2代目パサート)を生産。
1985年 「フォルクスワーゲンAG」に社名変更。
1988年 「コラード」を発表。
1989年 「3代目パサート」を発表。
1990年 「4代目カラベル/トランスポーター」を欧州で発表
1991年 「3代目ゴルフ」、「ヴェント」を発表。
1995年 「3代目ポロ」を発表。 1996年に「4代目パサート」を発表。
1997年 「4代目ゴルフ」、「ボーラ」を発表。 2002年に「4代目ポロ」を発表。
2004年 「5代目ゴルフ」、「ニュービートルカブリオレ」を発表。
2005年 「ジェッタ・ゴルフプラス」、「5代目パサート」を発表。

私個人的に好きなのは、「タイプ1」・「タイプ2」「タイプ3」・「カルマンギア」の4モデル。

イチオシは

特に1番好きなのは「タイプ2」です。

キャンピングカーとして乗ってみたいモデルは、なんと言っても「タイプ2」でしょう。

あのフォルム、インパネ、シート、種類の多さはベース車両としてはうってつけてですよね。

VWタイプ2について

出典:wikipedia

日本でも人気が高いフォルクスワーゲンのマイクロバス。

フォルクスワーゲン・タイプ2(Volkswagen Type 2 )は商用向けの自動車である。

名称として「タイプ2」が用いられている。愛称としてアメリカ英語では「VW Bus」、 イギリス英語では「Camper Van」、日本では「ワーゲンバス」や「サンババス」、「デリバン」と総称されている。 

タイプ2のスペックを見てみよう!

これは1例ですが、最終限定モデルの「EA111」型を見ていきます。

1.4リッター水冷直列4気筒エンジンをリアに搭載。

4速マニュアル・トランスミッションで後輪駆動。

最高出力78ps/4,000rpm 最大トルク12.5kgm/3,500rpm

全長は4,520mm

全幅は1,720mm

全高はポップアップ・ルーフ付きモデルで2,080mm。

ブラジル製の最終型タイプ2は水冷エンジンのためフロント・フェイスにラジエター・グリルが 付いているが、これを隠すダミーのホイールカバーもオプションで用意されています。

このモデルは水冷式ですが、やっぱり1番かっこいいのは空冷式のタイプです。

あのフェイスがたまらなくかっこいい。

若者に選ばれるVW

1960年代後半のアメリカのヒッピームーブメントの時代には、タイプ2が若者たちに愛用されました。

また箱型で平面的なボディは格好のキャンバスとなり、派手な色使いによるサイケデリックなペインティングにピースマークなどが描かれ、後につづくワーゲンバスのイメージの一つの 原点となっている。

まとめ

本当に憧れの一台なので、いつか手に入れたら自分でコツコツとキャンピングカー仕様にして 日本一周とかして見たいですね。

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

サルー

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。

ABOUTこの記事をかいた人

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。