RVビックフットの「ACSエテルノオクタービアM」

みなさんこんにちは!

本日はRVビックフットでお馴染みの「ACSオアシスSH」のご紹介!

ACSエテルノオクターピアM

基本情報

全長 6255mm
車幅 2080mm
車高 2770mm
室内高 不明
車両重量 不明
排気量 不明
乗車定員 大人6名
就寝定員 大人4名
 ベース車 日野 リエッセ2
車両本体価格 ¥11,216,200より

ベース車が日野 リエッセ2。

従来のACSエテルノオクタービアの家具を無垢調材で製作したバージョンになります。

乗車人数は6人就寝人数は4人とご家族やご夫婦で楽しむには最適なモデル。

室内空間の広さと走行時の安定性はバスコンならではの特長ですね。

しかも、バスなのに普通免許で運転可能とのこと!!

※2017年3月より前に免許取得の方になります。

キャンピングカーを運転するのに免許の種類は何が必要なのか!?

2019.08.31

ACSエテルノオクタービアMの外装内装

ではでは気になる外装内装を見ていきましょう。

外装

ベースはバスコンで通常の数が多く、断熱力が無いのがデメリットではあるんですが、

この車両はそんな窓の開口部をRVビックフットのオリジナルパネルで断熱防音トリム仕上げ

デメリットをうまく無くしていますね。

さらに、アクリル2重窓&シャッター&ネットx3がパネルタイプ専用装備で付いております。

これらによってキャブコンにも負けないくらいの高い断熱力を手に入れることができました。

◆太陽光発電

天井にはソーラーパネルを備え付けられています。(12V充電ソーラーパネル×3)

しかもこれ、標準装備なんですね。

内装

◆ダイニング

大人6名でくつろぐことのできるダイニング。

シートは高級感のある色。質感。

ソファー席だけではなく、回転のできるキャプテンシートがあるのも嬉しいですね。

少しセミフルコンっぽいデザインだなぁと感じるのは私だけでしょうか??

◆ギャレー

家庭用エアコンの下には水道が付いていて、隣にはIHコンロがあります。

何とこの車両はオール電化なので、ソーラーでたっぷり充電された電気をここで発揮できますね。

冷蔵庫は家庭用なので137リットルとかなり大容量。

まるでお家にいるかのような使い方ができるので、きっと調理も捗ることでしょう。

◆トイレ

マルチルームはシャワー室にするも良し

お手洗いにするも良しですね。

その隣にはクローゼットがありますので、シャワーを浴びたりするのにアクセスしやすいようになっていますね。

◆ベッド展開

テーブルを外し、クッションを敷き詰めるとこのように、ベッドになります。

ここには大人2名就寝する事が可能になります。

また、車両のリアには常設のベッドもあります。

大きな窓からきれいな景色を眺めながら車中泊することができるレイアウトですね。

素晴らしい。

◆収納スペース

リアのベッドの真下には収納スペースがあります。

これだけ広い収納スペースがあるのならキャンプ用品だって入りますね!

ちなみにこちらが車両全体のレイアウトになります。

リアの常設ベッド、収納スペースの大きさが分かることと思います。

シーダブ犬
シーダブ犬
1800×1500だもんね。広いよね。

 

まとめ

以上でRVビックフットの「ACSエテルノオクターピアM」の紹介を終わります。

かなりハイグレードな内装が特徴的な一台でしたね。

海外のフルコンのような贅沢な使い方をしたいものですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
バスコンでACSエテルノオクターピアMみたいな高級感のある車両もいいね!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPたかにぃ

キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。