キャンピングカービジネスって儲かるの?Vol.1(キャンピングカーシェアリング編)

最近のキャンピングカーの人気って本当にスゴイですね!!

各地で週末ともなるとイベントが開催されていて、ものすごいお客さんが来場しています!!

それだけ、みなさんキャンピングカーに興味があるってことですよね。

人気がある今、キャンピングカービジネスをやるには、とても良いタイミングだと思います。

キャンピングカービジネスって儲かるの?Vol.1(キャンピングカーシェアリング編)

キャンピングカービジネスの可能性!

最近、アウトドアブームですよね。

アウトドアブームによるキャンピングカーの需要も伸びてきていると肌で感じています。

実は私、現在キャンピングカーに携わるビジネスをしているんですよね。

そこで色々なキャンピングカーに携わってビジネスを分解し、分析してきました。

その結果を解説していこうと思います。(個人的見解なので、間違っていたらごめんなさい。参考までに)

キャンピングカーはチャンス!?

キャンピングカーの購入者が増加すれば、付随するサービスが生まれています。

私的には、これから東京オリンピックに向けて宿泊の需要が伸び、宿泊所不足問題が取り上げられています。

泊まるところの心配がない、キャンピングカーに注目が集まっています。

そうなると、キャンピングカーの購入者も増えるんじゃないかと思っています。

一攫千金のビジネスチャンス到来かも。

シーダブ犬
シーダブ犬
はじめるなら今だぞ!?

キャンピングカービジネスの種類は?

キャンピングカービジネスといっても種類はいくつかあると思います。

  • キャンピングカービルダー(キャンピングカー製造)
  • キャンピングカー販売代理店
  • キャンピングカーレンタル
  • キャンピングカー部品製造
  • キャンピングカー情報サイト
  • キャンピングカー宿泊施設(RVパークなど)

ちょっと思い浮かべると、いろんなサービスが思いつきますね。

キャンピングカービルダー(キャンピングカー製造)

キャンピングカーを製造して販売する会社のこと。

「バスコン」「キャブコン」「バンコン」「軽キャン」など色々と種類が別れると思います。

◆キャンピングカー販売代理店

製造会社から仕入れたキャンピングカーを売る事業のこと。

キャンピングカーレンタル

キャンピングカーを購入して、第三者へ有料で貸し出す事業のこと。

キャンピングカーレンタルもレンタカースタイルや最近流行りの「カーシェアリング」などがあったりしますよね。

◆キャンピングカー部品製造

キャンピングカーの部品を製造販売する事業のこと。

一般車とは、ちょっと違った部品なので製造会社が少ないです。

キャンピングカー情報サイト

キャンピングカーに関わる内容をインターナットなどで配信すること。

キャンピングカーレンタルの情報やYouTubeなどでキャンピングカー紹介の動画などがありますね。

◆キャンピングカー宿泊施設(RVパークなど)

キャンピングカーに関わらず、車で宿泊できる有料宿泊施設のこと。

どんどんキャンピングカーが増えていけば観光地なんかはRVパークを作るのもいいかもしれないですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
どれがオススメなんだい?

キャンピングカーシェアリング

今回はそんな中、最近流行りのキャンピングカーシェアリング」について話していこうと思います。

カーシェアリングって?

みなさんは「カーシェアリング」って聞いたことありますか?

カーシェアとは「カーシェアリング」の通称で、特定の自動車を会員間で共有し、好きなときに借りることのできるサービスです。

つまり、キャンピングカーシェアリングとは、自分のキャンピングカーを使わないときに他の使いたい人に貸してお金をもらうという仕組みなのです。

例:エニカなど。(個人間のシェアになるのでタイムズとは違う) 

レンタカーとカーシェアリングの違いは?

レンタカーとカーシェアリング。

どちらもお金を支払って一定の時間車を借りるという点では一見同じようなサービスのように思えますが、異なる点がいくつかあるのです。

◆レンタカー

レンタカーは、長時間・長期間での利用に向いています。

事前の利用予約は電話やネットですることは可能ですが、レンタル契約や説明等を受けて車を借りるためには店舗に行く必要があります。

また、レンタルしたお店ではなくても返却可能なお店が増えています。

なので、片道のみの利用もできるため、旅行や引越しなどで利用する人もいます。

料金は【基本料金+ガソリン代(満タン返し)】をベースとして、オプションでキャンプ道具やチャイルドシートなどのレンタルサービスを受けることも可能です。

◆カーシェアリング

専用の会員証を使って、駐車場のゲート開閉や車へ乗り込みなど各自で行います。

基本的には店舗はなく無人の場合がほとんどです。

月額料金とは別にその都度使用料を支払うシステムですが、ガソリンを満タンにする必要はありません。

10分・15分単位の短い時間でも利用可能で、必ず借りた場所に返す必要があるために片道利用は原則できません。

シーダブ犬
シーダブ犬
自分のスタイルによって使い分けだな?

キャンピングカーシェアのメリットとは?

個人間シェアはレンタカー登録(わナンバー登録)がなく始められることが1番のメリットだと思います。

レンタカー事業をやろうとするとまず運輸局にレンタカー事業の申請を行い、許可を取得する必要があります。

もちろん申請には約款などの手続きや費用や、移動時間などが必要となります。

煩雑な手続きを省いてローコストでスタートできるのは、初めて自分でビジネスをやる人には向いていると思います。

個人間のカーシェアリングを仲介するサービスに自分の車を登録することで、レンタカーの希望者からオーナーであるあなたにオファーが届きます。

カーシェアリングをはじめる手順

  1. カーシェアリング仲介サービスに貸し手として会員登録をして、貸し出す自動車を登録する。
  2. 貸し出し価格や条件を決めて、貸し出す自動車を出品します。
  3. 車を借りたい人からリクエストが来るまで待ちます。
  4. リクエストが来て、条件が合う場合は取引が成立します。
  5. 借り手と車の受け渡し方法や貸し出し時間などを決めます。
  6. 借り手と決めた場所にて、車を貸し出します。
  7. 後日、カーシェアリング代が入金されます。

申し込みから実際の利用・返却まで、レンタカーとカーシェアリングではどのような違いがあるのでしょう?

カーシェアリングを利用する際の流れをご紹介しながら、その仕組みについて見てゆくことにしましょう。

カーシェアリングって儲かるの?

このカーシェアリングの醍醐味は、「車がお金を稼いでくれる」ようになることです。

カーシェアのサイトを見ているといくつかキャンピングカーが登録されています。

ハイエースをベースとしたバンコンが多く登録されていました。

今回はバンコンを元にシュミレーションしてみましょう!

バンコン車両代 400

400万フルローン 金利2% 返済期間7

月の返済額  51070/

設定するレンタル料:平日 13000円(24H)/ 休日 15000 (24H)

25%稼働 1週間稼働

カーシェアサイト利用手数料 10%

保険料 1/

駐車場代 1/

諸経費(税金、清掃道具などの経費) 10万円/

月の売上

13000×5日+15000×2日=95000

年の売上

95000×12ヶ月=114万円

月のキャッシュフロー

売上95000手数料9500返済額51070保険料10000駐車場代10000円=14430

年間のキャッシュフロー

14430×12ヶ月諸経費10万=73160

年間73160

なんと7万円!!

残りを自分で使ってしまえばキャンピングカーがタダで買えたと思えば良いかも。

7年後に100万円で売れれば100万円儲かることに!!!

本当に稼働率は25%になるかどうかは場所」と「人気の車両か?」で違ってくるようです。もし始めるときは自己責任でやりましょう。

貸出、清掃なども、自分で全てやると想定して人件費は省いています

カーシェアの副業で収入を増やす方法

カーシェアリングで収入を増やすためには、貸し出し回数を増やすことと、貸出単価を上げる事です。

その為には、

  • 人気が高い車種を用意する
  • 車の紹介文は借り手目線を意識して書く
  • 車の画像で収入を増やす
  • 差別化でリピートを増やす

などがポイントとなります。

◆人気が高い車種を用意する

普通車では高級車が人気がありますが、キャンピングカーですと下記の2種類が人気があると思います。

キャブコン」:大勢でワイワイしたい人向け。

バンコン 」:2人でゆったりとしたい人向け。

◆車の紹介文は借り手目線を意識して書く

キャンピングカーの特徴や乗り心地などを紹介文として記載すると、借り手にとっても「どんな車なのか」がイメージしやすいです。

実際に乗っているドライバー目線で書くとより興味を持ってもらえると思います。

◆車の画像で収入を増やす

写真は視覚判断の材料となるので、出来るだけ綺麗に撮影しましょう。

◆差別化でリピートを増やす

夏季ならばキャンプ道具、冬季ならばタイヤチェーン・スタッドレスタイヤやFFヒーターなどの装備があると差別化できます。

まとめ

カーシェアリングはキャンピングカー持っているけど、普段からそんなに乗らず維持費がもったいないと悩んでいる人にとっては嬉しい収入だと思います。

借りる側にとってもキャンピングカーを買わず乗りたい時に安く乗れるなど双方にとって嬉しいシステムです。

個人間で借りるので、メンテナンスなどが心配で個人からよりはレンタカーで借りたいと私は思いますが、レンタカーよりも値段は安いのが需要はあると思います。

キャンピングカーを保有しているだけで、毎月7万減っていくなら、シェアビジネスに挑戦するも良いかもですね。

これからやる人は場所、値段、車種、値段と稼働率の計算を間違わないように気をつけましょう。(勝手な個人的な意見です。)