バンレボ「ディアリオ・ポップ」

みなさんこんにちは!

本日紹介するキャンピングカーはこちら、

VAN REBO(バンレボ)の「Diario Pop(ディアリオ・ポップ)」

ディアリオの基本情報

全長 4,695mm
車幅 1,695mm
車高 2,850mm
室内高 2,000mm以上(メーカーHPより)
車両重量 不明
排気量 2,000cc
乗車定員  7名
就寝定員  6名
 ベース車 日産NV350 ロング標準幅
車両本体価格 ¥5,700,000(税別)

設立は1990年。新潟県上越市に本社があります。

この会社、面白いのがキャンピングカーだけでなく
福祉車両への改造をしていたりと、車の改造全般に強い会社さんです。

ディアリオの外装・内装

Diario Pop(ディアリオ・ポップ)は、ルーフテント&ロフトベッドを備えたポップアップルーフを搭載しながら、
全高が2100mmと、立体駐車場にも入るのが一番の魅力。都会に住みながら持てるキャンピングカー です。

こちらの車は、ベース車は一緒でポップアップなしの4ナンバー登録の車での購入も可能です。
そちらの場合の就寝定員は5名となります。

全体のカラーは白で統一されており、
またスッキリとシンプルなインテリアになっています。

リアの2段ベッドになります。

車両後部からの画像です。
リアのベッド部分は就寝時にマットを敷くタイプで2段ベッドを作ることができます。

セカンドシート

後部座席に乗車される搭乗者の安全性を高めるため、
セカンドシート、サードシートには「i-seat REVO B型3点式シートベルト内蔵型シート」を標準搭載。
REVOシートは人気も高いので安心です。

また、就寝時はこちらをリクライニングさせて2段ベッドの下の部分として使うことになります。
移動中は前向き乗車もできるので車酔いも大丈夫!

車両後部から。

こちらの画像は、車両後部2段ベッドの下段になります。
奥に見えるセカンドシートをスライドさせてリクライニングさせるとベッド展開できます。

ダイネット。

食事の時は、リアのベッドマットを片付けて、
サードシートを起こせば、セカンドシートと対面してダイネットを作ることができます。
テーブルは車両の後ろ扉に収納ポケットがあるので収納可能なのも嬉しいポイント。

ステンレスシンクと冷蔵庫。

冷蔵庫は20リットルとなっており、2リットルのペットボトルも立てて収納できます!
こちら二つの上蓋を締めれば作業台として使用可能です。

まとめ

この車のベースは4ナンバーと、貨物用としての用途がベースとなっているので、収納や趣味の荷物が運べるところに良さがあります。
またポップアップルーフ仕様にすれば、就寝定員がキャブコンにひけをとらなくなるので、大人数でアクティブ思考の方にぴったりだと思います。

フルスペック最高級バンコン!【ケイワークス ”オーロラスタークルーズSL”】

2019.07.13

物の輸送を主の目的とした車両です。そのため人の乗車面積よりも、貨物用の面積の方が大きくなければなりません。
さらに乗車部分と貨物部分に区切りがないといけないなどの規定もあります。
車の法律って面白いですね。