【こんな使い方あったんだ!】キャンピングカーのおすすめな使い方

憧れのキャンピングカー。でも、車体は大きくて運転が難しそうだし、なんといっても普通車より高額だし、駐車場探しも大変そう……。そんな思いから、キャンピングカー選びをあきらめてしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

でも、あきらめるのはまだ早い!実はキャンピングカーは、キャンプ以外にも、さまざまな使い方ができるんです。それこそ、日常になじむ使い方もできますよ。

 

この記事では、「こんな使い方あったんだ!」と驚いていただけるような、キャンピングカーのおすすめの使い方をご紹介します。

 

キャンピングカーのおすすめの使い方(1)普段使いに

意外や意外、キャンピングカーは、普段使いにもなじむんです。

キャンピングカーには「キャブコン」「バスコン」「バンコン」の3種類がありますが、この使い方に一番ぴったりなのが「バンコン」。もちろん普通車よりも大きめのサイズではあるのですが、それでも日本の道路を普通に走れるコンパクトさ。通常の駐車場に停めることも可能です。大きすぎないので、家族の誰もが運転することができ、普通車との兼用としてもおすすめ。

 

自家用車として使う以外には、どこに出かけるでもなく、キャンピングカーの中で過ごしてみるという楽しみ方も!家族でプチパーティーをしたり、友だちを呼んで一風変わった飲み会や合コンをしたり、ひとりで広々した空間をたっぷり使ってお昼寝や読書をしてみたり。キャンピングカーをレンタルスペースのように使ってみてはいかがでしょうか。

 

キャンピングカーのおすすめの使い方(2)マリンスポーツ・ウィンタースポーツに

マリンスポーツやウィンタースポーツなどといったレジャーは、大人数で行くのが楽しいものですよね。でも人数が増えれば増えるほど、大量の荷物を持ち運ばなければなりません。普通車だと、荷物の積み下ろしだけで時間がかかってしまい、貴重なレジャーの時間が減ってしまうなんてことも。

 

そんなお悩みも、車内が広いキャンピングカーならすっきり解消できます。もちろん、濡れたウェアや水着の着替えにも、疲れたときの休憩スペースとしても便利。更衣室やカフェで時間とお金を使うことなく、レジャーを楽しめます。

 

マリンスポーツのときに助かるのは、車内で日焼け止めの塗りなおしや、お化粧もできること。発電機を積んでいるキャンピングカーなら、ドライヤーも使えますよ。

 

ウィンタースポーツのときは、温めておいた車内でコーヒーなどを飲みながらゆっくりするなんてことも可能。キャンピングカーを数日間レンタルして、みんなで温泉めぐりをしても楽しいですね。

 

キャンピングカーのおすすめの使い方(3)遊園地に

ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなど、遊園地は、子どもから大人までみんな大好き!でも、交通費に入場料、宿泊費など、たった1泊するだけでもかなりのお金がかかりますよね。小さい子どもを連れていくと、もちろんいい思い出にはなるものの、親にかかるストレスは大変なことに。

 

そんなお悩みを解消できるのが、キャンピングカーでの旅行!うまく活用すれば、時間とお金を節約することができます。

 

たとえば、夜に自宅を出てキャンピングカーの車内に宿泊し、開園と同時に入場するスケジュールを組んでみてはいかがでしょうか?あとからやってくる人たちを後目に、お目当てのアトラクションに一番乗りできます。

 

荷物を積み放題なのも、うれしいポイント。子どもたちのオムツや着替え、傘や長靴、何種類かの靴、おもちゃ、ティッシュペーパー、お菓子など、大量の荷物を積むことができるので、何かのときも安心。興奮した子どもたちが騒いでも、誰の目を気にする必要もありません。

 

もし当日、雨が降ったり、暑すぎたり、寒すぎたり、子どもがぐずったりしたときには、気軽にキャンピングカーに戻って休憩することもできます。もちろんトイレに行くときも、迷子にならないかヒヤヒヤする必要はありません。

 

食事も、もちろん園内でとってもよし、車内でキャンプ気分を味わうもよし。車内で食べれば、節約になるだけでなく、家族みんなにとって楽しい思い出になりますよ。

 

キャンピングカーのおすすめの使い方(4)野外フェスやコンサートに

野外フェスやコンサートにも、キャンピングカーがおすすめ。野外フェスの時期は、会場近くのホテルが軒並み埋まってしまうことも。そんなときこそ、キャンピングカーが大活躍です!

 

暑かったり寒かったりするとき、お目当てのアーティストの出演時間以外は、キャンピングカーの車内でまったり休憩。朝早く現地に到着しても、ゆったり着替えや化粧をして開場を待つことができます。

 

また、野外フェスやコンサートでは、人出が多く、トイレが大混雑。キャンピングカーでトイレを済ませれば、ストレスなしです。

 

キャンピングカーのおすすめの使い方(5)ノマドな働き方に

近年、場所や時間にとらわれない働き方をする人が増えています。各地を転々と旅しながら「ノマドワーク」している人も多いですよね。

 

そんな人におすすめするキャンピングカーの使い方が、キャンピングカーを移動式のオフィスや商談スペースとして活用するというもの。

 

デスクもありますし、密室なので込み入った相談も可能。都会での生活に疲れたら、キャンピングカーで海や山に行って、自然に囲まれながら仕事をしてみてはいかがでしょうか?もちろん、休憩時には横になって休むことも可能です!

 

キャンピングカーのおすすめの使い方(6)災害時に

キャンピングカーが大活躍するのが、災害のとき。食糧などを載せておけば、いざというときに避難所がわりに使うこともできます。自宅のほかにもう一つ、安全な空間を用意するイメージです。

 

避難所は、プライバシーが守られにくく、ストレスがたまるもの。そんなときもキャンピングカーで過ごせば、自分たちだけの空間で、足をのばしてゆっくり過ごすことができます。ペットがいる方も、大事な家族を連れていけて安心ですね。

 

まとめ

キャンピングカーの意外なおすすめの使い方を6種類紹介してきました。キャンピングカーはキャンプのときに使うもの、という固定概念が崩れたのではないでしょうか?

 

さまざまな楽しみ方ができるキャンピングカー。ぜひあなただけのオリジナルな活用方法を見つけてみてください!