いつかは乗ってみたい、憧れのキャンピングカー。「バスコン」の特徴を徹底解説!

キャンプをしたり、国内外を家族や友人とゆったり旅をしたりするとき、候補に挙がるのが「キャンピングカー」での旅。大人数で車の中で寝食を行いながら旅をする生活には、誰しも一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

 

といっても、広い国土や地域をキャンピングカーで旅する文化が根づいているアメリカやヨーロッパとは対照的に、日本ではまだまだキャンピングカーに乗ったことがある方は少数派のはず。いざキャンピングカーで旅してみよう、キャンピングカーのレンタルショップに行ってみようとしても、何をどう選んでいいのかわからないというのが正直なところではないでしょうか。

 

キャンピングカーを選ぶ前に知識として知っておきたいのが、「バンコン」「キャブコン」「バスコン」という3つの言葉。それぞれ、キャンピングカーの種類の名前です。

 

ここでは、キャンピングカーをレンタルしたり購入したりする前に押さえておきたい、「バスコン」の特徴をご紹介します。

 

バスコンってどんなもの?その特徴とは

前述したとおり、キャンピングカーには、バンコン、キャブコン、バスコンの3種類があります。バンコンは、「キャブオーバータイプ(エンジンの上に運転席があるタイプ)」の小型トラックを改装して居室をつけ、キャンピングカー仕様にした国産のキャンピングカーのこと。キャブコンは、「キャブオーバータイプ」の小型トラックを改装して居室をつけ、キャンピングカー仕様にした、国産のキャンピングカーのことを指します。

 

一方の「バスコン」とは、幼稚園バスや小旅行の貸し切りバスとして使われるマイクロバスをベースにしたキャンピングカーのこと。「バスコン」という名称は、「バスコンバージョン」を略したものです。

 

バスコンのなかにも、厳密に分けると「フルコン」と「バスコン」の2種類があります。「フルコン」は、オリジナルの車体のもの。バスコンは、バスの外側はそのままに、内装だけを改造したもののことです。多くの場合、この2つを総称して「バスコン」と呼びます。

 

ベース車両はマイクロバスなので、大型免許が必要だと思うかもしれません。ですが、2007年6月1日以前に免許を取得していれば、以下の条件で運転ができます。

 

・車両総重量8トン未満
・乗車定員10名以下

 

2007年6月2日以降に普通免許を取得している方は、一度確認を。

 

バスコンのメリットは、次の3つ。

・ゆったり空間
・快適な乗り心地
・高性能

 
まず、ゆったりとした広い空間を満喫できること。国産車のキャンピングカーとしては最大級の大きさで、長さは6メートルを超えます。

 

運転に慣れるまで時間がかかるというデメリットはありますが、広い分、車内のスペースはゆったり空間。ベッドルーム、大型冷蔵庫、大容量サブバッテリーなど、装備もさまざまにアレンジすることができます。

 

次に、快適な乗り心地です。バンコンやキャブコンは、商用車(貨物車)をベースにしていることがほとんど。荷物を運ぶためにつくられた車なので、乗り心地には改善の余地があります。

 

一方、バスコンは、マイクロバスがベース。バスは人を乗せて走るのが仕事ですから、乗り心地はバンコンやキャブコンに比べると断然快適です。

 

最後に、高性能であること。マイクロバスは、20人以上を乗せて快適に走ることが前提です。そんなバスをベース車両にしているので、エンジンはパワフル、長距離走行もまったく問題なくこなせます。小回りも得意です。

 

トヨタ・日産・三菱ふそうの3種類!バスコンのベース車両を解説

現在市販されているマイクロバスのベース車両は、次の3つ。

・トヨタ・コースター
・日産・シビリアン
・三菱ふそう・ローザ

 

それぞれの特徴をみていきましょう。

 

バスコン①トヨタ・コースター

まず、トヨタ・コースターです。トヨタ・コースターは、2017年に24年ぶりのフルモデルチェンジを行い、4代目となったマイクロバスです。新しいこともあって、トヨタ・コースターをベース車両にした車種も多い、代表的なベース車両だといえる1台です。

 

モデルチェンジが行われたことで、デザインもチェンジ。以前のモデルは丸みを帯びたやわらかなものでしたが、今度のモデルは角ばったスクエアなデザインに。天井部などの空間もさらに広がり、以前にも増してゆったりした時間を過ごせそうですよね。

 

また、VSC(車両安定制御システム)とTRC(トラクションコントロール)が装備された点にも注目。急なハンドル操作や滑りやすい路面での発進・加速時も問題ありません。大人数を乗せ、長時間運転することの多いキャンピングカーだからこそ、運転時の安全性は慎重にチェックしたいものですよね。

 

トヨタ・コースターの最高峰ともいわれるのが、RVランドのランドホームコースター。スタイリッシュな家具や間接照明など、その内装はまるでホテルのよう。高級感に徹底的にこだわったハイエンドモデルです。乗車定員は10名、就寝定員は5名。全長6.2メートル、 全幅2.0メートル、 全高2.7メートルというサイズ感です。

 

バスコン②日産・シビリアン

次に、日産・シビリアンです。日産・シビリアンの特徴は、ガソリンエンジンしかないこと。そのため、トヨタ・コースターと三菱ふそう・ローザに比べると、ベース車両に採用している車種はやや少なめです。

 

バスコン③三菱ふそう・ローザ

最後に、三菱ふそう・ローザです。三菱ふそう・ローザは、3種類の中で唯一、4WDモデルがあるベース車両です。サイズも大きく、積雪地に住んでいるユーザーや、ウィンタースポーツなどで積雪地に行くユーザーに好まれるモデルです。

 

まとめ


こちらの記事では、バスコンの基本的な情報と、おすすめ・人気のバスコンの車種を5つご紹介しました。

 

実はバスコンは、キャブコンやバンコンに乗っているキャンピングカーユーザーが憧れる、「いつかは乗りたい」キャンピングカー。その理由は、前述のとおり。まるで自宅やホテルのようなゆったりした空間、快適な乗り心地、そして走行性能です。

 

もちろん、性能が充実している分、費用はキャブコンやバンコンより高額になりがち。しかしそれだけの価値がある一台です。

 

「そんなに素晴らしいなら、いつかは乗ってみたい!」と思った方は、ぜひキャンピングカーのレンタルショップで相談して、一度乗ってみてください。きっとその素晴らしさが体感できるはずです。