キャンピングカーの窓は網戸やシャッターやカーテンがあってめちゃ快適だった!

キャンピングカーの快適な部分を説明していこうと思います。

今日は窓の使い方!

キャンピングカーの窓

実はキャンピングカーにはたくさん窓があり、

そのどれもに網戸が設置されており、シャッターまであるんですね。

写真の内装は「クレソンボヤージュ」の居住スペースの窓になるのですが、

ベッドからでも外を見ることができます。

クレソンボヤージュの場合窓の配置は

  • 運転席の上の空間にも窓が両サイド2つ。
  • 後部のベッドにも窓が2つ。
  • リビングスペースにも窓が2つ。

なので、状況に応じて換気したり締めきって車内を真っ暗にしたりします。

キャンピンングカーの窓の開け方

では、使い方を説明していきます。

キャンピングカーの窓は中から見るとこんな感じでございます。

両サイドと下部の3カ所の部分に鍵がかけてあるので、ツマミをくるっと回転させてロック解除。

窓を押すと開きます。窓は開けると固定されるのでそのまま押し込んでください。

 

網戸とシャッター

そして窓の上には網戸が仕込まれていて、下にはシャッターが仕込まれています。

「え???どういう事??」

説明しましょう。

丈夫の手がかけれる部分を下に降ろすとこう、網戸が降りてくるのです。

窓を開けてからシャッターを閉ざす事によって換気をしながらも虫をシャットアウトできるのです。

お次はシャッターの説明ですが、シャッターの前に網戸を閉じてもらって、、、

下のツマミを引っ張ると出てきます。

ただし、ツマミは思いのほか取れやすいので注意してください。

シャッターを閉じてしまえば中を覗くことができないので、プライバシーを守る事ができます。

特に就寝時に外が外灯で明るい場合に使う事をオススメします。

ドアにもシャッターがあるよ!

こちらは出入り口になりますが、

左からスライドさせて網戸を引き出します。

そうする事によってキャンピングカーの扉を開けっ放しにしても外部からの虫が入ってこない。

キャンピングカー居住スペースの中では開口部が一番広いので夏場の暑い時にとても有効的!是非使ってください。

シャッ!!

ドアのシャッターにも下からシャッターが出るので、

スライドさせてプライバシーを確保することができます。

運転席の窓にはカーテン

運転席には窓がたくさんあるけど

シャッターも何もありません。

その代わり、この様なカーテンを使います。

※このカーテンはそれぞれのキャンピングカーの助手席の後ろにご用意しております。

調度、助手席の後ろ上部にこういったボタンみたいなものがあります。

そこをカーテンのボタンとくっつけます。パチッと言うまで結構力がいるので注意!

両サイドのボタンを付ければこんな感じになります。

冬場、暖房をつける時にこのカーテンを閉めるとかなり効果的なので、是非使ってください。

全部閉じるとぐっすり寝られる

就寝時にシャッターやカーテンを全部閉じると真っ暗なので

かなり快適に就寝できるのでおすすめ。

道の駅だと街灯が明るくてなかなか寝られないことがあるし

外部からの冷気も遮断することができるので冬場も嬉しいですよね。

まとめ

以上、窓の使い方をざっと説明しましたが、

いざ使う時に忘れてしまう事があると思うので是非このブログを参考にして頂ければなと思います。

外気のシャットアウトや、換気をしっかりする事により、

より快適なアウトドアができるので、使いこなしましょう!

campingcar webではレンタルキャンピングカーのマップを作っています!

是非マップからキャンピングカーをレンタルしましょう!

☟ブログランキングチャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

動画でもキャンピングカーの内装紹介してるよ!

動画でも車内の説明が観ることができるので是非一度見て下さい。

The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!