今流行りの気軽にいけるデイキャンプとは?

いま、若者世代やファミリー世代の間で流行している「デイキャンプ」。どんなものかご存じですか?

デイキャンプとは、宿泊せずに楽しむキャンプのこと。気軽に出かけられるので、キャンプ初心者の方や、お子さん連れの方にも人気です。

今回は、デイキャンプの魅力についてご紹介します。

 

どう違う?デイキャンプと普通のキャンプ


デイキャンプと普通のキャンプの違いは、シンプル。「泊まるかどうか」です。通常のキャンプは宿泊を伴うものである一方、デイキャンプでは、宿泊せずに日帰りします。

一般的に、キャンプというと、テントやバンガローなどに宿泊することをイメージするのではないでしょうか?となると、テントやバンガローを予約したり、もしくはレンタルしたり持参したりと、事前準備が必要となります。

また、キャンプ場に宿泊するとなると、少なくとも2日以上の連休が必要ですよね。それに対して、デイキャンプは、最短で半日から。キャンプ場でバーベキューを満喫して帰ったっていいのです。ちょっと癒やされたいとき、気軽に出かけられますね。

さらにデイキャンプは、本格的なキャンプの予行練習としてもぴったり。宿泊する必要がないので、まずはキャンプ場で数時間過ごしてみて、アウトドアの雰囲気を体験してみてはいかがでしょうか?

 

デイキャンプの魅力

先ほどご紹介した通り、デイキャンプは宿泊を伴わないので、事前準備が最低限でよく、わずかな時間でも体験でき、さらに本格的なキャンプの予行練習としてもぴったりというメリットがあります。

ここでは、その他のデイキャンプの魅力についてまとめてみました。

荷物が少なくて楽ちん


何より、気軽なことが魅力のデイキャンプ。その要因として、事前準備が少ない、必要に日数が少ないことに加え、荷物が少なくて済むことが挙げられます。

一般的なキャンプに行くとなると、宿泊を伴うこともあり、どうしても荷物は多くなりがち。キャンプ場のレンタルグッズの充実具合にもよりますが、多ければ、テントやシュラフに加え、食べ物と飲みもの、調理道具、着替えや洗面用具、タオルなどが必要となります。

一方、デイキャンプでは、先ほど挙げた荷物のうち大半は不要。食材や飲みもの、調理道具がそろっているキャンプ場をセレクトすれば、ほとんど手ぶらでもOKです。

荷物が多いと、準備に手間がかかるのはもちろん、お金もかかりますし、移動も大変。手ぶらで楽しめるならそれに越したことはないですよね。

自然の中でリラックスできる


デイキャンプの醍醐味といえば、自然の中に身を置けること。太陽の光を浴びて、風を感じながらのんびりすることができます。

自然の中でさまざまなアクティビティが体験できますが、なんといってもおすすめなのはバーベキュー。大自然の中での食事は、いつもよりいっそう楽しく、おいしいものになるはず。

キャンプ場といっても、そのロケーションは多種多様。水遊びをしたいなら川のそばのキャンプ場、海釣りを体験したいなら海のそばのキャンプ場、とにかく緑に囲まれたいなら山のふもとや森の中にあるキャンプ場を選ぶといいでしょう。

デイキャンプの楽しみ方

デイキャンプでは、キャンプ場で過ごす時間は半日程度。決して長くはありませんが、バーベキューだけでは時間が余ってしまいますし、せっかくキャンプ場に来たならもう少し別の楽しみ方もしたいもの。

ここでは、デイキャンプの楽しみ方をいくつかご紹介します。

アクティビティを楽しむ


キャンプ場によっては、ロケーションを生かしてさまざまなアクティビティを提供しているところがあります。

たとえば川のそばにあるキャンプ場なら、ラフティング。海のそばなら、釣りやシュノーケリング。森の中から、トレッキングツアーや昆虫観察など。こうしたアクティビティができるキャンプ場を探して予約しておけば、より充実したデイキャンプとなるでしょう。

もちろん、アクティビティはキャンプ場が提供するものに限りません。ボールとグローブをやバドミントンセット、フリスビーなどを持参するのもいいでしょう。いつもの遊びも、広々としたスペースだともっと楽しいはず。

テントの中やタープの下でのんびりする


よりキャンプ感を楽しみたいなら、テントやタープをレンタルしてみてはいかがでしょうか。テントやタープがあるだけで、ぐっと「キャンプに来ている」という気分が盛り上がります。

テントやタープを張って、少しのんびり。読書をしたり、おしゃべりをしたり、お昼寝をするのもいいかもしれません。自然の中で贅沢な時間を味わえますよ。

 

写真を撮る


自然に囲まれたキャンプ場なら、普段とは全然違う写真が撮れるはず。家族と、友人と、カップルで……思い出に残る素敵な一枚を撮影するべく、とことんこだわってみてはいかがでしょうか?SNSにアップすれば、「今度は一緒に行こう!」なんて話題に発展するかも。

あらかじめキャンプ場のWebサイトをチェックして、映えるスポットを見つけておくのもおすすめです。

 

デイキャンプの持ち物


デイキャンプの持ち物は最小限でいいとはいえ、普段のお出かけとまったく同じというわけにはいきません。ここでは、デイキャンプの持ち物をご紹介します。

日焼け止め

デイキャンプでは、ほとんど一日中屋外にいることになります。季節によっては、痛いほど日に焼けてしまうことも。アウトドア用の日焼け止めを塗って出かけ、数時間ごとに塗りなおしましょう。

レジャーシート、アウトドアテーブル

レジャーシートは、デイキャンプの必需品。食事をするときはもちろん、ちょっと荷物を置いたり、横になったりするときにも便利です。

芝生の上で寝っ転がってお昼寝をしたり、読書をしたりするときにも欠かせません。

クーラーボックス

気温によっては、クーラーボックスがあると安心。飲み物を冷たく冷やしておいて、こまめに水分補給しましょう。

 

デイキャンプに出かけよう!


本格的なキャンプのお試しとしても楽しいデイキャンプ。ほとんど手ぶらでも体験可能なので、まずは週末のスケジュールに組み込んでみてはいかがでしょうか?きっとリフレッシュできるはずです!

All photo by  shutterstock