【自作キャンピングカー】ハイエースの車中泊を快適に!天井の暖熱処理&ルーフデッドニングをやってみた!

ども、サルーです。

今回は自作のハイエースキャンピングカーの詳細を書いてみようと思います。

断熱の必要性

床、側面と断熱処理が終わったので天井の断熱処理に取り掛かりたいと思います。

夏は太陽からの直射日光で火傷するくらい暑くなりますし、

冬はスキー場とかに行った時など雪がドカッと積もってしまう時もあったりと一番過酷な条件にさらされている部分です。

作業開始!

作業① 天井パネルの外し

天井の内張単体を外すことが出来ない。

サイドのピラー等を外してから天井の内張を外します。

そうすると鉄板と天井の間にクッション素材が付いていますので、それも剥がしてしまいます。

リアのエアコンも天井に付いていると作業の邪魔になってしまうのですが、ガスの配管等があって完全に取り外すことは出来ないので固定しているボルトだけ外しました。

補足

シリコンで劣化部を塞ぐ

天井の内張を外して気づいたのですが、天井の鉄板とフレームとの接着部分が劣化して割れていたのでしてシリコンで埋めました。

雨音対策!ルーフデッドニング!

◆「デッドニング」とは

車体内部の鉄板に制振材等を貼って強化し、車外からの音や振動を響きにくくしたり(デッド=響きにくい、反響しにくい)スピーカーからしっかり音が出るようにする作業のこと。

ルーフをデッドニングすると上からくる雨音対策はもちろん、下からくるロードノイズ対策にもなり、車内の静寂感が増します。

本来デッドニング使う材料はシンサレート・レジェトレックス・エプトシーラーなどを使います。

  • シンサレート/吸音材:ポリプロピレンマイクロファイバーとポリエステル短繊維を特別な製法で一体化した不織布です。
  • レジェトレックス/制振材:音は振動で伝わるので、振動を吸収してくれるデッドニングではポピュラーな材料です。表はアルミニウム、裏面は黒い接着面になっています。
  • エプトシーラー/防音材:仕上げはエプトシーラーというモチモチッとした低反発シートのようなシートで音を防ぐ効果があり、更に吸音にも効果があります。

作業② 遮音シート貼り付け

しかし、ハイエースのルーフ全面に処理を行うとかなりの金額になってしまうので、持っていた「遮音シート」を適当な大きさに切ってペタペタと天井全面に貼り付けました。

果たしてこれで効果はあるのでしょうか?

大建工業 遮音シート 940mm×10m/1巻 GB03053E

大建工業 遮音シート 940mm×10m/1巻 GB03053E

3,440円(10/13 20:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

作業③ 断熱材を仕込む

天井の内張りにも「発泡ポリエチレンシート」「銀マット」と外したクッション材を再び取り付けてセットします。

補足

「銀マット」とは

キャンプの時にシートとして使いますね。

テントで寝る時に小石や砂利の凹凸を軽減するためにマット代わりに使う表面がアルミ蒸着で出来ているので断熱機能を発揮するマットです。

完成!

作業④ 天井を戻す

ハイエースの天井の内張りは前後に2分割されているので順番に取り付けてサイドピラーもセットしたら天井の断熱処理は完成です。

まとめ

簡単に言うと天井を外して遮音シートと断熱祭をはっつけるだけの作業なので、誰でも簡単にできる作業かなと思います。

これで冬場も夏場も快適に車中泊できるようになるので、是非ともやってみてほしい。

最高の車中泊をしましょうね!!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

サルー

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。

ABOUTこの記事をかいた人

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。