いすゞBe-camを使った、風呂付きキャンピングカーが凄すぎる!!

日本特種ボディーはやぶさ

皆さんこんにちは、
youtube【キャンピングカーTV】のTackleです♪( ´▽`)

 

本日紹介するキャンピングカーは、

日本特種ボディ社の「HAYABUSA(はやぶさ)」というキャンピングカーになります!

先日ご紹介したこのキャンピングカー。
反響がすごくありまして、まぁそりゃそうだよなって感じなんですけど是非皆さんにも知っていただきたいなと!
風呂付き、ミストサウナ付きなんですよ。

構想から3年、お客様と二人三脚で製作されたこだわりの1台。
スペックやお値段は情報がないのですが、その車をご紹介していこうと思います。

キャンピングカー紹介

外観

日本特種ボディの蜂谷社長ご出演!

今回お邪魔したのが、日本特種ボディーさんの工場です。
蜂谷社長がYouTube【キャンピングカーTV】にご出演くださり、HAYABUSAを紹介くださいました。
ここまで特殊な車なので、プロに聞こう!って感じです。笑

シーダブ犬
シーダブ犬
最近、キャンピングカーTV凄いよな。

 

日本特種ボディーHAYABUSA

日本特種ボディーHAYABUSAの外観

完全に見た目バスコンじゃん!!!!が最初の印象でした笑
ちなみにバスコンとは、マイクロバスをベース車両としたキャンピングカーのことでして、

この車はいすゞのBe-camという車をベースとしているのでキャブコンになります。
運転席(キャブ)を残して、後ろの部分を改造(コンバージョン)したのでキャブコンと呼ばれます。
和製英語ですね。

車高は3mちょっと、全長は5mを少し超えた程度と思われます。
日本で一般的なキャブコンよりもひと回り大きいサイズな印象です。

 

ベース車にはいすゞのBe-camを使用

ベースにはいすゞのBe-camを使用。

キャブコンのベース車と言われると、トヨタのカムロードが一番に出てくるかたも多いのではないでしょうか。
しかし、この日本特種ボディーさんでは

いすゞのBe-cam(ビーカム)専門でキャンピングカーを製作されています。

その理由を蜂谷社長に伺うと、
「お客様に使っていただくのに、安全、安心が第一と考えております。大きくて重たいキャンピングカーを製作する上で、
一番安全なのがいすゞさんが製作されているビーカムであると当社は考えております。」

と仰っていました。
どういうことかと言うと、通常のキャンピングカーのベース車よりもワンサイズ大きなサイズを使用しているのがビーカムなんです。

日本特種ボディーHAYABUSA

ビーカムは2t車を使用している

通常キャンピングカーのベースには1.5t用のトラックをキャンピングカー用に変更を加えたものが使われますが、

ビーカムはワンサイズ大きい2t用のトラックをキャンピングカー用に変更したものが使われています。

当然その分、重量に耐えられるようになりますので安定性が増すわけです。
このタイヤのサイズも納得です。
205 75R16というサイズのタイヤが6本(前輪2本、後輪4本)使われています。

 

日本特種ボディーHAYABUSA

HAYABUSAの走行安定性の秘密はここに

キャンピングカーの後輪は前輪よりも外側に付いている場合が多くあります。
こちらは高さがある車の転倒防止のためにあえてそうしてあるのですが、ビーカムの場合は前輪と後輪が同じ位置に配置されています。

蜂谷社長曰く、
「日本の道路には”わだち”があり、高速道路などでは前輪と後輪が交互にわだちに入ってしまってフラつきの原因になる」
とのことです。

「わだち」とは、雪や雨の水を道路の端に寄せるように道路が少しカマボコ型になっている状態のことを言います。
とても極端な話をすれば、左側のタイヤの方が少し斜めに接地しているということです。

タイヤの位置が一緒ならわだちに入る面積も当然一緒なので走行性が安定するわけですが、
それを可能にしているのが2tベースということなんですね。

 

室内

◆まるでマンションのような室内

日本特種ボディーHAYABUSA

ダイネットも美しく、広く

どうですか、この室内の高級感。
落ち着いたカラーリングに足元の間接照明、最高です。
車の中にいるなんてことを忘れてしまうほどの大きさも確保されています。

運転席・助手席以外にもこちらの横乗りのシートも走行中に座ることができるんだそうです。

 

◆就寝スペース

日本特種ボディーHAYABUSA

ベッド展開も手間なく

こちらの車は就寝定員が7名。
上記で紹介したダイネットは就寝スペースとしても使用可能になっています。
テーブルは油圧式で、レバーをつまみながら下に押すと下げることができます。
このテーブルをベッドの天板として使って、この上にソファの背もたれを外して敷けばベッドになります。
体の大きな方が2人就寝しても十分なサイズが確保されています。
就寝定員が7名なので、もしかしたら就寝定員は大人3名で取られているかもしれません。

テーブルの両サイドを折りたたむことができるので、足元を広く使いたい時も嬉しいですね。

 

日本特種ボディーHAYABUSA

リアの常設ベッドは子供用に

こちらは車両の一番後部にある2段ベッド。
この車のユーザーさんはこちらをお子様用のベッドとして使っているようですが、大人でも十分寝れるサイズになっています。

ちなみに窓に付いている手すりは、
お子様が寝返りを打つときに、無意識に窓を蹴って窓を壊してしまうのを防ぐために付けられたんだそうです。
なんだか可愛いですね。笑
ま、危険を未然に防ぐのは大切なこと。

また、枕元には携帯電話が充電できるようなコンセント、読書灯としても使えるライトが完備されています。
ライトの隣の小窓のような凹み部分には充電している携帯電話や本などを置くことができます。

シーダブ犬
シーダブ犬
俺の小屋にも携帯の充電器つけて。
日本特種ボディーHAYABUSA

こちらはバンクベッド

ダイネットの上部のベッドはこのサイズ。
縦に2m以上のサイズがあるので大人もゆったり眠れるサイズになっています。

ヨーロッパのキャンピングカーではこのようなタイプのバンクベッドも多くありますが、日本では珍しいと思います。
天板に使われているハニカム材は1t以上の対荷重があるんだそうで、ラグビー選手がガンガンやっても大丈夫なんですって笑。

 

本日はここまで!
次回はお風呂など、この車の装備を中心にお届けします!

 

日本特種ボディさんの公式HPはこちらから
https://www.ntbcamp.com

 

Tackle’s Point

タイミングがいいことに、この車のユーザーさんと直接お話することができました。
温泉街に行って、源泉を購入してキャンピングカーで温泉に入ることもできるんだそうです。
今回は前編ですので、次回ご案内します!

 

 

日本特種ボディーさんの詳細はこちら

〒343-0802 埼玉県越谷市小曽川560−1
 
TEL 048-970-1370
 
HPはこちら
https://www.ntbcamp.com
 

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!