キャンピングカーで旅をする際の注意点まとめ!

皆さんこんにちは!

キャンピングカーを持っている方、これから購入を検討されている方、興味がある方に、知っておいて損がない内容です。

キャンピングカーで旅行に行くのに、知っておかないと危ない目にあったり、他人に迷惑をかけてしまうことがありますよね?

この記事はそういうリスクを限りなく「0」に近づけるためにありますので、お役立ちできればと思います。

キャンピングカーで旅をする時の注意点

誰でも初めてキャンピングカーで旅をする時、たくさんの不安は付きまとうものだと思います。

特に、運転時がいちばん不安な方はとても多いのではないかと思います。

また、キャンピングカーで車中泊をする時のマナーだって色々あるので、是非ともチェックしていただき、思いっきり楽しんでいただきたいです!

これらの注意事項を知っておくことにより、事故発生の可能性も大幅に減るだろうし、マナー違反をして誰かに注意を受けたり嫌な顔をされる可能性も無くなります。

シーダブ犬
シーダブ犬
ちゃんと読めよ!

注意点のまとめ

運転時の注意事項5つ

運転時で気をつけておきたいことはシンプルに5つ

  • 高さ制限のチェック
  • 幅の狭い道の標識に近づくな!
  • カーブは大回りで
  • スピードを落とそう
  • 車内の崩れものをチェック

キャンピングカーの車体は種類によりますが、よく見るキャブコンタイプは普通車よりも随分大きいです。

通常の生活で使うパーキングエリアや道路が使えないことだってあります。

特に立体駐車場は高さ制限も2.5m以内とされている事も多いので、事前に調べておきましょう。

また、路地裏を通ろうものなら自転車や歩行者との接触には十分注意しないといけないし、対向車とのすれ違い時に大きなリスクを伴います。

ナビ任せではなくて、できる限り大道路を走れるようなルートを事前にしっかり選びましょう。

シーダブ犬
シーダブ犬
路地裏の標識がキャンピングカーと擦れる事件。あるよね。

キャンピングカーは普通車に比べて車体が長いだけでは無く、前輪と後輪の距離も長い。

カーブをする時は、感覚がつかめるまでは極力大回りを意識した方が安全です。

そうすれば、車体を石垣や壁などに擦る心配が無くなります。

その時、スピードを極力落とす事も大切です。

実は、キャンピングカーの横転事故が最近増えています。

【安全運転第一!】キャンピングカーの横転事故の原因は◯◯!?

2019.10.19

キャンピングカーを発信させる時は居住スペースにいる人に声がけ。

テーブルの上にグラス等といった割れ物は置いていないか?

車内は思ってるより揺れることがありますので、なるべく滑って落ちない場所に物をおきましょう。

初めてキャンピングカーを運転した時のリアルな感想が書かれた記事もございますので、読んでイメージを膨らませましょう。

初めてキャンピングカーで旅をしてみた感想!運転事情は!?

2019.10.04

宿泊時のマナー

宿泊施設ではマナーを守らない者がいると最近話題になっています。

マナー違反を見つけられると写真を撮られてツイッターに拡散されることもあります。

ごく一部のマナー違反者の為に、全体のイメージが悪くみられるのはツライです。

道の駅のマナー

  • ゴミを捨てない
  • キャンプ行為をしない
  • トイレ処理
  • 無断で電源をとらない
  • トイレで食器を洗わない

などあります。

無料で使わせて頂いているという気持ちが大切なんです。

詳しくは別記事で紹介しているので一度目を通しておきましょう。

意外と知らない!?キャンピングカーや車中泊のマナーを理解しよう!

2019.09.09

RVパークのマナー

  • チェックインチェックアウトを守る
  • 夜中に騒がない
  • キャンプ行為をしない

RVパークはホテルみたいにチェックインチェックアウトが存在する。

また、消灯時間というものも存在していて、まさにホテルのようなシステムが設けられています。

ルールは事前にしっかりとチェックしておきましょう。

キャンプ場のマナー

  • チェックインチェックアウトを守る
  • 夜中に騒がない
  • 焚火は焚火台を使ってすること

キャンプ場もホテルみたいなルールがあります。

焚火に関しては直火がOKであれば焚火台は必要ありませんが、基本は焚火台の上で焚火します。

より詳しく書かれた記事もあるので一読しておきましょう。

あらかじめ宿泊場所は決めておこう

実はRVパークやキャンプ場等の有料宿泊所は予約しないといけないことがほとんど。

それに土壇場で決めると予定もかなり組みづらいことがあります。

電気系統

基本的に電気はエンジンを切っても照明が使えたり、水道や冷蔵庫が使えます。

しかし、大きく電気を消費してしまうような家電を使う場合は外部電源を繋がないと使えません。

  • 暖房
  • ドライヤー
  • 電子レンジ
  • 炊飯器

これらの電子機器は外部電源を繋ぐか、発電機を使用するか等して対処しましょう。

しかし、FFヒーターと呼ばれる暖房は外部電源を繋がなくても一晩中使うことができます。

意外と電気系統に関しては複雑なので覚えて置いた方がいいことが多いですね。

サブバッテリーの事や電気系統について知るための記事がありますので是非読んでみてください。

【キャンピングカーの電気】キャンピングカーの電源と電気の使い方をまとめてみた!

2019.10.18

まとめ

色々注意事項を書きました。

おそらく電気系統関係は一度読んだだけではなかなか理解もできないかもしれませんが、なんと無くでも

「電気を繋がないとクーラーとドライヤーは使えないんだなぁ〜」くらいに覚えておいた方がいいと思います。

ある程度、周囲の人や自然に配慮する心や、アウトドアマンとしての誇りを持って旅をしましょう。

きっと気持ちのいい旅になる事だろうと思いますよ!

楽しいキャンピングカーライフを送ってください。

なお、キャンピングカーなんて置く場所もないし値段が高いたら持てないよっていう方は、キャンピングカーのレンタルなんていかがでしょうか?

これなら、あこがれのキャンピングカーライフを体験できちゃいます!

campingcar webではレンタルキャンピングカーのマップを作っております。

是非マップからキャンピングカーをレンタルしましょう!