RECVEE /レクビィ「シャングリラ」

本日紹介するのははこちら、

RECVEE (レクビィ)の【シャングリラ】

シャングリラの基本情報

全長 5380mm
車幅 1930mm
車高 2610mm
室内高 不明
車両重量 不明
排気量 2690cc
乗車定員 5名
就寝定員 3名
 ベース車 トヨタ ハイエース スーパーロング スーパーハイルーフ特装車
車両本体価格 ¥8,800000(税別)

ジャパンキャンピングカーショー2019でレクビィさんが目玉商品として持ってきたこちらの車。

シャングリラとは、1933年にイギリスの作家ジェームズ・ヒルトンが出版した小説『失われた地平線』に登場する理想郷(ユートピア)の名称で、
一般的に理想郷として使われている言葉です。

最強装備のその車内は、言葉通りのシャングリラ。
早速見ていきましょう。

シャングリラの外装と内装

シャングリラの外装

やっぱり室内高はあった方がいい

シャングリラと言えば、レクビィさんのハイエンドモデルのバンコン。
今回はそのシャングリラが更に重装備になって登場です。

ベースがハイエースのスーパーロング、スーパーハイルーフとなっていて、
普通のハイエースよりも車高が70cmも高くなっています。
車内にリビングルームと呼べるほどの配置をしたこの車には、これくらいの高さあって、よりその良さが引き立ちますね。

エクステンションウィンドウ

こちらはエクステンションウィンドウと呼ばれ、室内空間を広げるための装備です。
ハイエースの窓を外して、キャンピングカー仕様にしています。
その工程を見たわけではありませんが、絶対大変なのは間違いないです。

シャングリラの内装

ダイニング

リビングのようなダイネット

こちらが室内。まるでリビングルームです。
ソファー生地には、あの有名な栃木レザーを使用。
あまりに革が厚いため、縫い目部分は叩いて薄くしているんだそうです。
圧倒的な座り心地で快適なキャンピングカーライフを送れます。

また、テーブルはレバーひとつで簡単に昇降することができ、こちらがフルフラットのベッドになります。

テレビやDVDの音は車の域を超えた。

テレビ台があるので家庭用のテレビを設置することもできます。
BOSEのホームシアタースピーカーで最高の音を楽しめます。
運転中の音楽もいい音で聴けるのはテンション上がります。

ギャレー

陶器のシンクで和モダンテイスト

シンクはオリジナルの陶器手洗い鉢を使用。
アメリカンテイストな車内に和モダンを融合させました。

パウダールーム!?

車両後部に配置されたプライベートルーム

車両一番後部にプライベートルームを設置。
右側は、なんと女性に一番人気のパウダールーム。

椅子に座って、大きな鏡の前でお化粧することができるので、
人に会う前でも安心です。
当然走行中は椅子をしまうことができます。

まとめ

レクビィさんのハイエンドモデルのシャングリラが充実の装備で新登場。
キャンピングカーの概念を超えた、高級マンションのような室内は圧倒的な快適さを誇ります。
少人数で贅沢な時間を過ごしたい方にぴったりです。

二人旅にぴったりのキャンピングカー!RecVee/レクビィ「PLACE LV/プラスLV」

2019.11.08

キャンピングカーのビルダーの仕事って!?レクビィの増田社長にインタビュー!

2019.10.16

日本一のキャンピングカーブログを目指します!
下記のリンクのクリック数で決まるので、クリックいただけると嬉しいです!

只今の順位も確認できます!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

The following two tabs change content below.

1 個のコメント