ナッツRVの新型車クレソンジャー二ーを徹底解剖

クレソンジャーニー

1月31日(金)から行われるジャパンキャンピングカーショーでナッツRV社の新型車が発表になります。
その名もクレソンジャーニー。

新型のクレソンジャーニー

遂に登場した新型車

立ち位置的には現行のクレソンボヤージュの後継車となりますが、その製法などがまるっきり変更になりました。
今回はどこよりも早く、クレソンジャーニーをご紹介したいと思います!

パネル工法がクレソンに革命をもたらす

今までのクレソンボヤージュ

今までのクレソンボヤージュ

クレソンボヤージュのシェルと言えばFRPの一体成型ボディでした。
簡単に説明すると、型を作ってFRPの素材を埋めていくような形になります。

現在、日本のキャンピングカー(キャブコン)のほとんどがこの製法で作られています。

それが今回パネル工法という事で、
両側面、背面だけでなく天井と床にも断熱材の入ったパネルを組み込むことに成功しました。
クレソンボヤージュの方が丸みがある感じがしますね。

ナッツRVのパネル工法

ナッツRVのパネル工法

これがパネル工法の作り方になります。
側面、背面とパネルをそれぞれ作り、それをこのように組み立てていきます。
メリットとしてはその圧倒的な断熱性と軽量化。

パネルの中に入っている断熱材の厚みも30mmから35mmに変更になりました。
ナッツRVさんがクレソンボヤージュ、クレア、ボーダーバンクスの3台で断熱性のテストをした所、
圧倒的にボーダーバンクスの断熱性が高かったそうです。

その理由が、
天井と床材の断熱材の有無でした。
つまりボーダーバンクスには天井パネルにも断熱材パネルが使われていました。
今回、クレソンジャーニーにも天井と床にも断熱パネルが使われています。

 

パネルの内部はどうなっている!?

クレソンジャーニーは四角くなりました

クレソンジャーニーは四角くなりました

このパネル、外壁のFRP、断熱材、内壁のFRP、壁紙という順番になっており、
要はFRPで断熱材をサンドしたような工法になっています。

当然板状のパネルを組み込んでいるために外観もより四角くなりました。
これを可能にしたのが後述のナッツRV社が導入した最新設備になります。

 

これがヨーロッパスタンダードの設備だ

ナッツRVの荒木社長

ナッツRVの荒木社長

ナッツRV社では長年断熱に関する研究を重ね、2019年1月に製造方法に革命をもたらす設備を導入しました。
そのひとつがこのホットプレスマシーン。

パネルを圧着するのに、全て機械で自動調節してくれるんだそうです。
圧着の温度、時間、力、様々な要素を全て数値化しています。

2年がかりで研究して導入したこの設備。
設備投資ができるのも、ナッツRVさんの規模があるからこそです。

オートアプリケーション

オートアプリケーション

続いてこのオートアプリケーションマシーンは、
圧着につかう塗料を自動で塗布してくれる機械になります。

今までは職人さんが手作業で行っていましたが、やはりムラが出たりすることもあったんだそう。

その分機械であれば寸分の狂いもなく、しかも高品質なものを大量生産する事ができます。

かつてはパネル1枚作るのに8時間かかっていたそうですが、
これらの機械を導入してからなんと15分から30分で1枚のパネルを作れるようになったそうです。
将来的には10分で1枚作る事を目標としているそうです。

 

ヨーロッパスタンダードを目指して

ヨーロッパスタンダードを目指して

ヨーロッパスタンダードを目指して

現在、国内メーカーで生産しているキャンピングカーの台数は5000台弱と言われています。
それがキャンピングカーの本場のヨーロッパでは14万台、アメリカでは35万台と言われています。

この生産台数の差は製造方法にあります。
ヨーロッパのキャンピングカーは基本パネル工法で作られていて、その精度も高く作られています。

ナッツRVの荒木社長は、
「日本にキャンピングカー文化を根付かせる為には最先端のヨーロッパスタンダードに追随する必要があると語ります。」

現在、キャンピングカー業界でこの設備を持っているのはナッツRVだけでしょう。
ちなみにこの画像や動画、世界で初めての公開となります!

 

内装も新色が

クレソンジャーニーの内装

クレソンジャーニーの内装

クレソンボヤージュをベースとした内装も新色の登場でガラッと印象が変わりました。
(ちなみにこの室内はクレソンボヤージュのカラーと同じテイストです)
今回新しく白の木目調を基調としたオーク柄が登場。
北欧系のインテリアテイストとなっており、アウトドアブームを取り入れ、若年層にも人気の高い室内となっています。

室内のレイアウトは基本的にクレソンボヤージュと同じですので
使い勝手は間違いなくいいです。

その他、標準装備などについてはクレソンボヤージュのエボライトと同じようになる予定だそうです。
詳しくは発表後のHPなどをご覧ください。

 

今回は公開前ということでブログではここまで。
詳しくは動画をご覧ください。
動画では室内サイズまでしっかりお届けしております!