ジャパンキャンピングカーショー2019を100倍楽しむために〜キャブコン編〜

日本一のキャンピングカーブログを目指します!
下記のリンクのクリック数で決まるので、クリックいただけると嬉しいです!

只今の順位も確認できます!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

みなさんこんにちは、Tackleです♪( ´▽`)!
本日もキャンピングカー初心者のためのブログ記事!

ということで、

 

ジャパンキャンピングカーショー2019を100倍楽しむために〜キャブコン編〜

という企画になります( ´ ▽ ` )!

 



 

キャブコンにも色々なタイプがある!

以前のブログでキャンピングカーの種類についてお話ししました。
まだお読みで無い方は、下記リンクから読んでいただくとわかりやすいと思います。
https://campingcarweb.jp/2019/01/28/japancampingcarshow-2/

今回も、youtube【キャンピングカーTV】で200台以上のキャンピングカーを取材してきた、私Tackleがナビゲートします\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

やっぱり強いナッツRV

キャンピングカー最王手のナッツRVはやっぱり強い。そして外さない。
質の高いキャンピングカーがコスパ最高の価格で手に入ります。
また全国に拠点を構えているので、それも嬉しいポイントです。

 

・クレソンボヤージュよりも高級志向のCREA

ナッツRV公式HPより

ナッツRV公式HPより

「日本で一番売れているキャンピングカーは」と聞かれた時に、
クレソンボヤージュと共に名前が挙がるのがこちらのCREA。
どちらもナッツRVというメーカーで製作されています。
(クレソンボヤージュについては、前述の過去ブログをご覧ください。)

クレソンボヤージュよりも室内装備が充実しており、より快適な車になっています。
また使われているパーツ一つ一つも高級なものが使われています。
ナッツRV独自の急速充電システム「EVOシステム」が搭載されており、
室内でエアコンが使えるような工夫がなされています。

ナッツRVさんのHPはこちらから
http://nutsrv.co.jp

 

・販売台数3500台を超える金字塔を打ち立てたZiL

VANTECH公式HPより

VANTEC公式HPより

ここ最近こそクレソンボヤージュと人気を二分していますが、
一昔前までは圧倒的なシェアを誇っていたZiL。
街中で「このキャンピングカー、きっと日本全国色々なところに行ってきたんだろうなー」と思うキャンピングカーは(個人的に)だいたいZILな気がします。
長期間の旅もストレス無く過ごすことができる作りが魅力です。
最近のインテリアのテイストはまるで高級ホテル。必見です!

VANTECHさんのHPはこちら
http://www.vantech.jp

・居住部分をシェルにして、バンクベッドの広さを確保したANSEIE

ミスティック公式HPより

ミスティック公式HPより

ミスティック公式HPより

ミスティックというメーカーのキャンピングカー、ANSEIE(アンセイエ)。
キャブコンの概念を覆す、シェルを車両後部に取り付けた仕様になっています。
その姿はまるでトランスフォーマー。
「個性の埋没した車は嫌だ!」というコンセプトもうなずけます。

 

ミスティックさんのHPはこちらから
http://www.mystic.ne.jp

 

ライトキャブコンの王様、AMITY(アミティ)

実際にキャブコンとライトキャブコンの明確な線引きはありませんが、ベース車が2000cc以下の普通車となっているキャブコンをライトキャブコンと呼ぶ場合があります。具体的には、そのほとんどのベースがマツダのボンゴとなっています。
キャブコンよりもひと回り小さいながら乗車、就寝定員はほとんど変わらないというのが好まれるポイントになっています。

AtoZ公式HPより

AtoZ公式HPより

 

・運転のしやすさ、駐車場問題に強いのがウリ

実は僕は、神奈川県でwonderwallというキャンピングカーのレンタカー屋をしているんですけど、
お客様から結構、「運転の心配があるのですが…」と言われます。
アミティは普通サイズのキャブコンに比べるとひと回り(長さ、幅共に数十センチ)小さくなっています。
たかが数十センチを侮ることなかれ、駐車場の隣に車が止まったとき、そのありがたみを実感します。

・キャンピングカーには珍しい、インテリアコーディネーターが担当

キャンピングカーは特殊な車両であるがゆえ、職人さん気質の会社も多いです。
職人だからこそわかる良さもありますし、信頼度も高いと思います。
アミティを製作しているAtoZさんは、この間にインテリアコーディネーターさんを配置しました。
キャンピングカーの車内を、よりワクワクできるように。
そんな企業努力もみえてきます。

AtoZさんのHPはこちらから
http://atozcamp.com

 

Tackle’s Point

ザ・キャンピングカーのイメージか強いキャブコン。
そのキャブコンにも実は色々な種類があるのです。
選ぶ基準は人それぞれ。
見た目、インテリア、担当してくれたスタッフさん。
素敵なキャンピングカーと出会えることを祈っております。

私、Tackleも3日ともyoutubeの撮影で会場にいますので、
見かけたら声をかけてください\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

ジャパンキャンピングカーショー公式HPはこちらから
https://jrva-event.com/jccs/#/boards/jrv

 



 



The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!