ロータスRV「MOMBOW EXE/マンボウ エグゼ」

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)

紹介するキャンピングカーは、こちら!!

ロータスRV「MOMBOW EXE/マンボウ エグゼ」

元祖ライトキャブコンの代表モデル。

ロータスRVさんはキャンピングカーの礎を築いたビルダーさんだと伺っています。

ここでキャンピングカーを勉強して独立された方もいらっしゃるんだそうです。

そんなキャンピングカー界の重鎮のキャンピングカーをご紹介!

マンボウ エグゼの基本情報

全長4880mm
車幅1880mm
車高2650mm
室内高不明
車両重量不明
排気量1700cc
乗車定員7名
就寝定員4名
 ベース車マツダ ボンゴ
車両本体価格4,980,000円より

ベースはマツダのボンゴながら乗車定員は7名と、友達を連れて遊びに出かけることもできるのが特徴。

就寝定員が6名のライトキャブコンも多い中、
あえて4名就寝にすることによって室内空間を広くしています。
家族構成が固まった方にぴったりのキャンピングカーだと思います!

キャンピングカーを選ぶときに家族構成を考えるのは非常に大切です。
子供がこれから大きくなるならベッドサイズは子供用で足りないかもしれないですし、
部活動などで忙しくなると一緒に出かける頻度が減るかもしれない。
色々な観点からキャンピングカーを検討する必要があるんですよ!

マンボウ エグゼの外装・内装

それでは、「マンボウ エグゼ」の外観や内装を見ていきましょう。

マンボウ エグゼの外装

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)

マンボウの外観で説明したいのが、そのボディ。
FRPという強化プラスティックのような素材を使っていますが、

つなぎ目なしの成形一体型ボディになっています。

作るのはもちろん大変ですが、
雨漏りの心配もないし、断熱効果も高まります。
後ろの居住部分をこうやって作るのには技術が必要なんですね。

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)

車両後部からアクセスできる収納スペースは、実は室内からもアクセスできます。

キャンピングカーの収納スペースのレイアウトは大きく2種類。
・ベッドの下の収納スペース
・マルチスペース

こちらの車もマルチスペースタイプですが、この扉のレイアウトは面白いです。
室内から見ると、地下室っぽいというか、下に伸びる収納スペースはなかなかないです。

シーダブ犬
シーダブ犬
俺のボディもなかなかのもんだぜ。

マンボウ エグゼの内装

◆ダイネット

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)のダイネット

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)のダイネット

テーブルを挟んで対面式のダイネット。テーブルの大きさがポイントです。
通常キャンピングカーで使われるテーブルよりもひと回りかふた回り大きなサイズになっています。
これも就寝定員を4名にしているからこそできるレイアウトです。

インテリアカラーも落ち着いたウッド調に黒ベースのシートとなっています。

◆キッチンスペース

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)キッチン

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)のキッチンスペース

エントランス入って右側(車両の左側後部)にあるのがキッチンスペース。
特徴は何と言っても、異様に広い作業用スペース。

キャンピングカーのキッチンスペースって、
実際包丁を使うスペース、カセットコンロのスペースを考えると足りない場合が多いのでダイネットのテーブルを使ったりします。

ただ、ここまで広ければ両方ここで済ませることができますよね。
調理の際の汚れもここだけで済むので嬉しいです。

え!?ここまで作業用スペースがあると邪魔になるって!!?

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)のキッチン

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)のキッチン

ものすごく古典的なフリになってしまいましたが笑。
実はこちらの下が補助シートになってまして食事をとるときにも使えます。

通常はヘッドレストとして使って、調理の際は右上のボタンを外せばパタンとおろせます。

シーダブ犬
シーダブ犬
あのパチンって音が好きなんだよな。

◆マルチルーム

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)の収納

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)の収納

前述の通り、マルチルームが面白い作りになっています。
左半分は通常のマルチルームとなっていて、右側半分が箱を積んだようなレイアウトになっています。
右側上部には洋服がかけられるようなバーガ付いていて、
その下の箱の部分は開くことができます。

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)の収納

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)の収納

こちらの方は外からのアクセスもできます。
アウトドアで使ったものを室内で使いたくなった時も、わざわざ外に出る必要がないのが嬉しいポイント。

あるいはスキーの板など縦に長いものを収納するのにも便利です。
上蓋は開けっ放しにしてもOKな作りになっているので走行中も安心です。

このようなマルチスペースは初めて見ました。
面白い!

◆収納スペース

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)のバンクベッド

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)のバンクベッド

バンクベッドは跳ね上げ式となっています。
両サイドの天板部分を開いてからベッド部分を下ろしていきます。

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)のバンクベッド

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)のバンクベッド

この天板になる部分もボタンでパチンと止めることができるので走行中動く心配もありません。
最近はスライド式のバンクベッドも多い中、こうやってベッド展開するのは面白いですね。

◆バンクベッド

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)のバンクベッド

ロータスRV社のMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)のバンクベッド

奥にグッと長いのがお分かりいただけると思います。
そのサイズが190cmほどもあるんだそうです。
縦方向に大人2人が就寝できます。

まとめ

昔ながらの良きキャンピングカーといった雰囲気を感じます。
値段も一般的なライトキャブコン。
インテリアは高級感があるので、長く乗っても飽きない仕様になっていると思います。

AtoZ/エートゥーゼット「AMITY BOSCO/アミティ ボスコ」

2019.10.20

〒354-0046 埼玉県入間郡三芳町竹間沢東2-2
TEL:049-274-3600
定休日:水曜日
営業時間:10:00~19:00

販売さんの公式HPはこちらから
https://www.rotas-rv.co.jp/index.html