RV BIGFOOT/RVビックフット「SWING N4.7/スウィングN4.7」

本日ご紹介するのはRV BIGFOOT/RVビックフット「SWING N4.7/スウィングN4.7」というキャンピングカー。

RV BIGFOOT/RVビックフット「SWING N4.7/スウィングN4.7」

最近のRVビックフットさんのキャンピングカーは、美しい白が基調のインテリア配色が多く、ウッドテイストが多いキャンピングカーの中で、こだわりを感じる作りになっています。

また、もともと電装系に強く、バスコンはもちろん、ハイエースの高級モデルになるとオール電化仕様となっており室内でエアコンもIHヒーターもしっかり使えるようになっています。

こちらのスウィング N4.7はRVビックフットさんのエントリーモデルで、オール電化というわけではないですが、その使いやすさがウリです。

スウィング N4.7の基本情報

全長4695mm
車幅1695mm
車高1980mm
室内高不明
車両重量不明
排気量2000cc
乗車定員6名
就寝定員2名 OPで子供2人追加可能
ベース車トヨタ ハイエース ロングバン 標準幅・標準ルーフ
車両本体価格3,752,300円より

都内でも運転がしやすいハイエースの標準幅、標準ボディ。

車高が2m以内なのでスーパーなどの駐車場にも入れます。(多くのショッピングモールでは2.3mが車高制限になっています)

スウィング N4.7の外装・内装

それでは、RVビックフットの「スウィング N4.7」の外装や内装を見ていきましょう。

スウィング N4.7の外装

RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」
RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」

ハイエースにも色々サイズがありますが、SWING N4.7は長さ意外は標準ボディと同じサイズなのでかなりスラッとした見た目が特徴的。

シンプルなフェイスがかっこいいですね。

スウィング N4.7の内装

◆ダイネット

RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」の室内
RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」の室内

今回、RVビックフット春日部店のシマダさんがご説明してくださいました。

スウィングN4.7の室内は白ばりが基調のインテリア。

乗車定員は6名で、シマダさんが座っている場所に横乗りに3人、その向かい側に1人座ることができます。

◆キッチンスペース

RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」のキッチン
RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」のキッチン

車両後部から見た画像。

キッチンスペースやシンクは車両の後部に架装されています。

左側にはステンレスのシンク、その下の収納には各10Lの給排水タンクが収納されています。

車両後部のドアすぐの場所に設置されているので、重たい水の出し入れが楽な設計になっています。給排水タンクの出し入れって地味に面倒なので、このレイアウトは嬉しい。

シンクの隣にあるのが電子レンジで、嬉しい標準装備となっています。

シーダブ犬
シーダブ犬
エントリーモデルなのに電子レンジが標準装備!

※電子レンジを使用するときは外部電源を使いましょう。

RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」の冷蔵庫
RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」の冷蔵庫

49Lの冷蔵庫が標準装備で、冷蔵庫はシンクの反対側に設置されています。

ベッドから手がとどく距離に冷蔵庫があるのが嬉しいポイントです。

床下のステップに入りながら説明する。シマダさん。

RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」のキッチン

また、車両後部には床下収納(ステップ)が付いており30cmほどの深さがあります。

もちろん収納として使用してもいいですが、実は別に理由があるんです。

キャンピングカーの法律上、キッチンスペースは床からの高さが160cm以上ないといけないという決まりがあり、このサイズのハイエースですと室内高をそこまで取れない。

そこで、床下に空間を広げることによってステップから160㎝という工夫をしたんですね。

シーダブ犬
シーダブ犬

なるほど!キッチンをつくるために空間を下に拡張したんだね!


◆ベッド

RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」のベッド

ベッド展開も最新型は従来のタイプよりさらに簡単になっています。

手順としては

  • まずテーブルを外します。(テーブルは板と支柱は穴にハマっているだけなので、板を上に引っ張って外します。)
  • 支柱を外します。(床に回転ロックがかけられるようになっているので外します。)
  • そしてテーブルの板はベッドの天板として利用。(支柱はテーブルの下において置くことができます。)

 

RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」のベッド

続いて、乗車時に背もたれとして使っていたマットレスを、テーブルの板の上に敷いてきます。

RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」のベッド
RV BIGFOOT(RVビックフット)社の「SWING N4.7」のベッド

スウィングの2019年モデルでは、ハイエースの横幅いっぱいにまでマットレスを敷けるようになりました。(以前のモデルも、オプション設定でできる)

こんな感じで簡単にベッド展開できますし、簡単にマットレスをあげられるんですね。

まとめ

以上でスウィングN4.7の紹介を終わります。

ハイエースがベース車なので長距離の運転が楽ですし、観光には最適!

バンコンとしてかなり使いやすいキャンピングカーですよ!

また、この車両はWonderWallでレンタルする事もできるので是非お問い合わせ下さい。

RVビックフットの「ミュー5.3」

2019.11.10

RVビックフットの【ACSリトルノオクタービアM】

2019.09.14

埼玉県春日部市豊町6-32-10(RVビックフット春日部店) 
TEL:048-763-5661
定休日:火曜日
営業時間:営業時間:9:00~19:00

 HPはこちら
http://www.ccs-rv.com