バンコンのキャンピングカーの燃費はどうなんだろう?

皆さんこんにちは!

キャンピングカーを選ぶ時、何も考えずに選んでしまうのはもったいない。

走行性能や、乗り心地、居住空間の大きさから、設備の搭載量等、是非見ておきたいポイントはたくさんあるとは思うのですが、

「燃費はどうなんだろう??」

というポイントに付いて今日は話していきたいと思います。

キャンピングカーの燃費は悪い

キャンピングカーの燃費は普通車に比べるとあんまり良くない。

様々な原因はあるけれど、なぜなのか少し見ていこうとおもいます。

燃費が悪い理由は重量

キャンピングカーは居住スペースとなる部分の重さがあるので、通常の乗用車よりも燃費を食ってしまう

冷蔵庫や電子レンジ、トイレ、水道、はたまた、内装が木造であれば木材はとーっても重たいので、自ずと燃費の悪い車となってしまいます。

できるだけ燃費の良い車を選ぶには「自分が必要な設備」のみ、選んで設置するのが良いでしょう。

キャンピングカーの種類で燃費の良し悪しが変わる

キャブコン、バスコン 、バンコン 、軽キャンなどのキャンピングカーの種類によっても燃費の良し悪しは様々。

軽キャンは特に燃費が良いし、その次はバンコンやバスコン そして1番燃費が悪いのがキャブコンやフルコンになってしまいます。

ベース車によって変わる

それらの違いは「ベース車が何であるか」が大きく関わってきます。

キャブコンとバスコンを比べたとき。

「キャブコンより、バスコンの方が大きくて重たそうじゃないか!」

と思ったかもしれませんが、バスコンのベース車は20人30人の人を乗せるような車になりますので、

60㎏×30人=1800㎏。

つまりは2t近くの重量を乗せてデリケートな安定した運転ができるような馬力、車体の安定感を保持するような作りになっていますので、実はキャンピングカー仕様にしたところで、燃費が悪い車にはならないのです。

バンコンは燃費が良い!

バンコンの場合。

ハイエースやキャラバンなどのバンがベース車になります。

したがって燃費としては悪くありません。

燃費が良いもので12㎞/l。

ただし、マイクロバス並みに大きなワイドスーパーロングなバンコンでかつ、古いバンコン になると話は別で、燃費は悪く5㎞/lになります。

これならキャンピングカーとても使えるし、そのまま私用車で使うのも良いですよね。

まとめ

というわけで、キャンピングカーの種類によって燃費の良し悪しは様々。

自分のキャンピングカーで購入されるなら燃費の良し悪しはめちゃめちゃ気にしたいところですよね。

しっかり燃費チェックはしましょうね!

キャンピングカーの種類と利便性、お値段まで紹介!あなたにピッタリなキャンピングカーは!?

2019.09.16

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。